映画『娼年』の無料動画を視聴する方法を調査|高画質な配信サイトを比較

映画『娼年』を無料で視聴する方法を紹介していきたいと思います!

結論から言うと『娼年』を無料で視聴するには「U-NEXT」がおすすめです!

U-NEXTの30日トライアルに申し込むと他の映画作品も無料で視聴し放題です!(会員登録から30日以内に解約すれば一切お金はかかりません!)

 

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
娼年を今すぐ無料視聴

人気映画を無料視聴できるサービス一覧

サービス名
無料お試し期間 31日間 14日間 30日間 30日間 30日間 30日間 31日間 1か月
作品数 14万本 6万本 7千本 1万本 1万本 非公開 31日間 1か月
料金 月額1,990円(税抜) 月額933円(税抜) 年間4,900円(税込) 月額562円(税抜) 月額925円(税抜) 月額933円(税抜) 月額500円(税抜) 月額888円(税抜)

『娼年』を無料視聴するならU-NEXT

U-NEXTは日本国内で運営されている最大規模の動画配信サービスです。無料お試し中の31日間は見放題の作品を無制限に視聴することができます。動画配信数は上記の比較表の通り他のサイトに比べて大幅に多いです。

U-NEXTは中でも映画の配信に力を入れています。新作映画の配信のタイミングが早く、上映されて人気だったものでは、公開終了の1ヶ月後に視聴することもできます。DVD発売に先行して最速で配信される上にラインナップもレンタルDVDよりも豊富です。

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
娼年を今すぐ無料視聴

その他人気映画を視聴できる動画配信サービス

hulu

Huluは国内では動画配信サービスの先駆け的な存在です。米国発のサービスであるために海外ドラマや海外映画のコンテンツ数は最上位クラスの品揃えとなっています。また日本国内会員数は172万を超えており、まだまだ拡大中です。

国内事業が日本テレビに買収されたこともあり、ドラマを中心に国内のテレビ系コンテンツが充実。日テレだけでなく、TBS・NHK・フジテレビをはじめとした主要キー局の人気番組をカバーし、テレビ放送とほぼ同時の見逃し配信を視聴することができます。またアニメに関しも比較的豊富なラインナップで、一定層の利用者から強い支持を受けています。

Amazonプライム

「Amazonプライムビデオ」の最大の強みは、Amazonプライム会員(月額500円、年会費4900円)なら追加料金なしで利用できるという点にあります。例えば音楽聴き放題サービスである「Prime Music」や、Amazonの買い物で当日お急ぎ便やお届け日時指定便などもすべて月408円(年会費を12カ月で割った額)で利用することができるのです。

2015年9月に国内サービスを開始した当初は国内作品のラインナップに乏しかったですが現在では国内作品やアマゾンプライムオリジナル作品も次々に制作しています。

Amazonプライムビデオに限らずAmazonサービスを普段から使う人にとっては大変お得なプランになっています。

ビデオパス

ビデオパスはauが提供する動画配信サービスです。月額562円(税別)の見放題プランに加入すれば対象のアニメやドラマ、映画を無制限で視聴することができます。特に国内の映像作品の充実しています。

新作は有料レンタルとなりますが、見放題プランに加入すると毎月540円分のビデオコインがもらえます。これを利用することで毎月1本、追加料金を支払わずに新作を楽しめるというわけです。無料お試し期間であっても、見放題プランと同じように540円分のビデオコインが付与されるので、それを利用して新作を視聴できます。

Paravi

TBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携して提供する「Paravi(パラビ)」は、2018年4月に新しく誕生したばかりの動画配信サービスです。

パラビの醍醐味は「日本最大級の国内ドラマアーカイブ」と謳っているとおり、大手メディアの連携により話題作中心の国内テレビドラマが一挙解禁されている点。国内ドラマは他の動画配信サービスでは個別課金(レンタル)となりがちですが、パラビでは大多数を見放題として視聴できるのも強みです。

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスのサービスは定額レンタルプランとなります。

様々なプランがありますが無料体験では、動画配信プランとなります。動画配信プランでは新作が視聴できる点にあります。

勿論、無料期間が過ぎたらその時点で自動更新されますので、解約をする際は注意が必要です。TSUTAYAディスカスの無料期間中の退会は料金は一切かかりません。

dtv

dTVはエイベックス・グループが運営し、NTTドコモが提供する日本の動画配信サービスです。ドコモ会員でなくても利用できるので安心してください。

動画数は12万本以上。映画やドラマ、アニメはもちろん、コンサート映像やカラオケも楽しめます。一部有料レンタルがありますが、見放題の動画のラインナップも豊富です。

FOD

国内ドラマのようなテレビ系のコンテンツがを視聴したい場合は「フジテレビオンデマンド(FOD)」がおすすめです。まず、見逃してしまったフジテレビの話題のドラマ最新話やバラエティ番組が、地上波放送後7日間は無料で閲覧できます。

そして、FODの中でもとくに人気が高いのが見放題コース「FODプレミアム」(月額888円)です。過去にフジテレビが制作した新旧ドラマやバラエティ・アニメ・映画、配信オリジナル番組といった独占コンテンツを中心に、4万本を超える膨大な映像のうち3000作品以上が見放題で視聴することができます。さらに同じ料金内で雑誌100点以上が読み放題となります。

U-NEXTを利用するメリット

最新作の配信が早い

上映されてから配信されるスピードがDVDレンタルとほとんど変わらないほどのスピードです。

最新作は見放題ではなくポイント利用となるのが欠点ですが、他の動画配信サービスよりも新作のラインナップが豊富です。。2018年12月時点の新作・準新作は洋画だけで185件という数でした。

毎月1200分のポイントが付与される

月額料金 1,990円
毎月チャージされるポイント 1,200ポイント
ポイントの使い道 最新作のレンタル
電子書籍・コミックの購入
映画チケットの割引

U-NEXTの月額料金は1,990円と高い印象がありますが、毎月1,200ポイント(1ポイント=1円)チャージされます!

チャージされたポイントは、最新作の映画、ドラマ、アニメだけでなく、電子書籍・コミックや映画館のチケット割引にも使えます。

最新作をよく視聴する方や映画館に行く方にとっては実質的には月額が900円程度になるのです。

ダウンロードしてオフライン再生できる

U-NEXTにある動画の多くはダウンロードに対応しています!

そのため、スマホの通信量を気にせず外出先で動画視聴することができます。スマホやタブレットに好きな動画を何本もダウンロードしておき、スキマ時間に視聴するといった時間を効率的に利用しましょう「。

大画面テレビでもキレイな画質で視聴できる

U-NEXT Hulu NETFLIX
画質
フルHD高画質

フルHD高画質

SD標準画質〜フルHD高画質(料金プランによる)
4K対応

U-NEXTで配信する動画の多くはフルHD(高画質)となっています!

他の動画配信サービスに比べて高画質で映像を楽しむことができます。映画をテレビで視聴するのであれば、フルHDの高画質は欠かせません。また、U-NEXTは4Kの動画にも対応しているので、今後配信される4K動画にも期待が持てます。

豊富なラインナップの雑誌が読み放題

u-nextで読める雑誌の一部
U-NEXTは月額料金内で、70誌以上の雑誌が読み放題で閲覧することができます!

主なジャンルは以下の通りです。

  • ニュース・週刊誌
  • ファッション誌
  • 旅・グルメ
  • エンタメ
  • ビジネス・マネー
  • ライフスタイル
  • スポーツ
  • 自動車・バイク
  • モノ・トレンド
  • パソコン・モバイル
  • 美容・コスメ
  • 結婚・子育て
  • アウトドア

もちろん最新号の雑誌が何冊も取り揃えられているため雑誌の読み放題だけで得をする人もいます。

U-NEXTのデメリット

次に3つのデメリットについて解説していきます!

ポイントを使い切らないと損をする

U-NEXTは月額が1,990円で毎月チャージされる1,200ポイント(1200円相当)が付与されます。ポイントを一回も使わないと丸々1,990円の月額がかかっていることになります。

ポイントについてはU-NEXTのメリットのところで解説しましたが、最新作の動画のレンタル、書籍・コミックの購入、映画館のチケットの割引に利用できます!

このポイントを毎月使いきれないと損をしてしまうことになるので積極的に使っていきましょう。

見放題作品が限定されている

ジャンル 見放題作品 レンタル作品
洋画・邦画 6,400作品 1,600作品
海外ドラマ 390作品 300作品
韓流・アジアドラマ 730作品 90作品
国内ドラマ 590作品 370作品
アニメ 1,800作品 280作品
キッズ 840作品 10作品
成人向け 5,000作品 20,000作品

※2018年12月時点

U-NEXTで配信する作品はすべて見放題ではないということに留意しましょう。

  • 見放題作品:80,000本以上
  • レンタル作品:50,000本以上

目当ての作品がどちらに入っているのかということを事前に確認しておくことが必要です。

解約方法が若干わかりにくい

U-NEXTの解約は、アプリではなく公式WEBサイトの「設定・サポート」の項目より行う必要があり、若干わかりにくくなっています。

ただ、やり方さえ間違えなければ解約手続きは2~3分で終わります。

違反サイトでの閲覧はリスクが高い!

映画を無料で視聴する方法として違法アップロードされた動画サイトが挙げられますが、これらはリスクを伴うためおすすめしません。
まず第一に違法にアップロードされた動画を見ることも違法なのです。また海外違法サイトなどではウイルスに感染する危険があります。

海外違法サイトを利用して情報を抜き取られて架空請求がきたという事例も多くあります。

ドラマだけでも海外ドラマから国内の過去作品、映画やアニメ、サービスによっては漫画や雑誌まで見ることができます。
読み放題、見放題サービス(サブスクリプション)を使うのがストレスなく見れて良い選択肢になってきています。

どうしても無料で視聴したい方は上場企業などが運営する大手の動画配信サービスが無料トライアルを利用しましょう。

 

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
娼年を今すぐ無料視聴

映画『娼年』のあらすじ

娼年(しょうねん)のネタバレあらすじ:起.情熱の試験

東京の名門、光和大学に通う大学生の森中領(松坂桃李)は、今日も行きずりの女性と朝を迎えます。領は日々の生活や女性関係などに退屈しており、大学にはあまり行かず、下北沢でバーテンダーのアルバイトをしながら無気力な日々を過ごしていました。

そんなある日、領のバイト先のバーに、中学時代からの幼馴染で今はホストとして働く田島進也(小柳友)が、ホストクラブの客だという女性と待ち合わせをしていました。女性の名は御堂静香(真飛聖)といい、今日が初めての店外デートだということです。「女なんて つまんないよ」と話す領の言葉を聞いて、静香はカクテルのコースターの下に名刺を残して、田島と共に帰っていきます。その名刺には、Le Club Passion(クラブ パッション)と「仕事が終わる頃 店の外で待っています」とメッセージが残されていました。

領が仕事を終え店を出ると、赤い高級車で静香が現れます。「いきましょう、私のマンションに」と言い、共にマンションへ向かいます。「あなたさっき女性なんてつまらないって言ったわよね、セックスもそうなの?」と聞くと、領は「そんなの手順の決まった面倒な運動です」と。「じゃあ、本当にそうなのか私に証明してくれないかな?」「いいですよ、どうせ帰って寝るだけだったし」と会話し、麹町にある静香のマンションに到着します。

マンションに着くと領は「シャワー借りてもいいですか」と聞くものの静香は、「だめ、私はあなたの髪や体、それにあそこの匂いも確かめたい。いつもどれくらい清潔にしているか、あなたの習慣も」と言うと、領は服を脱ぎ捨て「じゃあ、始めましょうか」と言って彼女に迫るが、すぐ後ろには見知らぬ女性が立っていました。「あなたの相手をするのはこの子。咲良、ご挨拶しなさい、こちらの男の子が森中領君」。咲良(冨手麻妙)は生まれつき耳が不自由らしく、会話は出来ないとのこと。静香は「私はここで見てるから」と言い、2人の行為の様子を観察します。

領と咲良の行為の一部始終を見つめていた静香は、領の自分本位の行為には値段は5,000円しかつけられないと突き放すような態度を取りましたが、咲良がもう5,000円差し出したことにより、領はギリギリで合格だと伝えられます。静香は女性に男の子を紹介する会員制ボーイズクラブ『Le Club Passion(クラブ パッション)』を経営しており、そのクラブの最低料金が1時間10,000円で、領は最低料金で合格したと言うのです。そのクラブは女性を相手に夜の相手をしたり、デートをするのが仕事だということです。

静香は領にこう伝えます。「咲良は気に入ったみたいだけど、私はあなたのセックスを評価しない。相手に心を開かないし、相手の身体が出すサインを読もうともしない、2人ですれば素敵なことを、あなたは1人でしてる。まず、女性のことをつまらないなんて思うのはやめなさい、人間は探しているものしか見つけない…。あなたがつまらないと見下しているものは、もっと素晴らしいものよ。この世界で生きている限り、女性からもセックスからも逃げきることはできない。もしうちのクラブでやってみる気があるなら明日中に電話してちょうだい。」

娼年(しょうねん)のネタバレあらすじ:承.娼夫リョウ

領は「リョウ」の名で娼夫として働くことになりました。静香によってアルバム用の写真撮影、身だしなみの指導をされ、女性にとって魅力的な男になるよう改善されます。
そこへ平戸東という金髪の美青年が現れ、彼は特別なお客様向けのVIP専用の男の子だと紹介されます。東はリョウを見つめ「静香さんがどう思ってるか分からないけどリョウさんはきっとすごい売れっ子になると思うよ、絶対そうなる」と言います。

バーでは、同級生の白崎恵(桜井ユキ)が、領に授業のノートを渡し、ちゃんと大学に来るよう注意します。3年になって就職活動している人ももういるんだからと。そこへホストの田島進也が訪れ、「俺はセックスについてはまじめだよ」とふざけますが、恵は「そんなことないから」と嫌がります。すると領は「じゃあさ、女の子からすると、いいセックスってどういうものなの?値段も付けられないくらい最高のセックスってなんだかわかる?」と聞きます。恵は「それはまじめな話?何だろう、やっぱり好きな人と心を込めてすることじゃないの?」と。好きな人以外とは考えられないとのことでした。

静香から電話が入ります。リョウは最初の客としてクラブの常連である女性ヒロミ(大谷麻衣)を紹介され、初仕事に向かいます。身だしなみを整え、2人でカフェへ行き会話します。ヒロミ「年上の女性のことをどう思う?」リョウは「僕は子供のころから大人の女性が好きでした、だからどうして年を重ねた女性がそのことを罪のように感じるのか、そっちのほうがずっと不思議でした。」と答えます。するとヒロミは、「今日は楽しかった、静香さんによろしく。またね。」と言って帰っていきました。静香からの着信があり「最初の仕事は成功ね。」と伝えられ、明日もヒロミからの予約が入ったと伝えられます。
次の日、昨日よりすこし色っぽい姿のヒロミがお店で待っていました。「私、今すぐリョウ君としたいな」と耳元で囁くヒロミ。円山町のラブホテルへ向かった2人は激しいキスと共に行為に及ぶのでした。

静香のマンションへ行くと、「ヒロミさんから、自分の専属にしたいくらいだと電話があったわ」と言われ、2回分の報酬として4時間の60%で24000円を受け取ります。女性の欲望は幅広く予測不能で圧倒されてしまう子もいる中、領は「女性のことをもっと知りたいと思うようになりました。」と話します。静香は「頼もしいわね。これだけの人間が生きていて、欲望の種類は無限にある。今この瞬間にみんな自分だけの欲望を生きている。オリジナルの形で、その女性にしかない一つきりのスタイルなの。」と言います。

後日、過激なプレイを求めるキャリアウーマンのイツキ(馬渕英里何)の相手をします。レストランで知的な会話で盛り上がったあと、イツキのマンションへ。イツキは小学生の頃の思い出話をし、好きな同級生の男子の前でお漏らしをしたとき、生まれて初めてのエクスタシーを感じたと話します。それ以来、大人になってもあの時のような快感は得られない、欲望はエスカレートするものの、理想の相手が見つからなかったとのことでした。そしてリョウの前でお漏らしし、最高に満足そうな表情をするのでした。

今日の領のバイト先のバーには恵が来ていました。「領くんなんか変わったね。そんなに楽しいんだ?バーテンダーの仕事。」と言うと領は「ああ…」と微笑みます。

高田馬場、領と静香と咲良の3人で食事をします。静香によると「リョウはお客さんからとても評判がいいの。あなたが相手だと年の差を引け目に感じないらしいの。何か特別な理由でもあるのかしら」と尋ねます。すると領は語ります。「母が10年前に亡くなりました。僕が10歳のとき母は37歳でした、風邪をひいて学校を休んでいた日です。母は暗くなる前に帰ってくるから、暖かくしていい子にしてねと言って、よそ行きのワンピースを着て家を出ていきました。その時の記憶が今でも夢として出てきます。夢の中ではどうしても母を引きとめられない。父が帰ってくると、お母さんが心筋梗塞で横浜の繁華街で倒れたとのこと。母が死んでから、大人の女性に年齢を聞いて37歳という返事が戻ってくるとわけもなく嬉しかったのを覚えています。年上の女性に抵抗がなくなったのはその頃からです」と。静香は『領くんは今でもお母さんとの約束を一生懸命守ってるように見える、あたたかくしていい子にしている。』と。咲良は手話で「きっと優しくてきれいな人だったんでしょう」と伝えると、領は涙を流します。「静香さん、ごめんなさい。肩を貸してください。」と言って領はすすり泣くのでした。

娼夫としてリョウは語ります。「厳しい顔、美しい顔、恐れや不安を隠せない顔、女性たちの顔はいろいろだった。だけど欲望をむき出しに現れた人は1人もいなかった。誰もが自分の物語を持っている。それは表面的な飾りに過ぎないという人もいるだろう。でも表面を飾ろうとする気持ちだけで、僕はどの女性も魅力的に思えた。そして欲望の秘密は、その人の傷ついているところや弱いところにひっそりと息づいている。僕は娼夫になり、より自由になった。そして女性一人一人の中に隠されている欲望を見つけて、それを実際の世界に引き出し実現する。それが娼夫の仕事だと考えるようになった」と。

今日の相手はセックスレスの主婦(荻野友里)。出産後、夫との関係を持てず悩んでいました。夫にそれを伝えると「家族とそんなことできるか、気持ち悪い」と拒絶されたとのこと。領は娼夫として、一生懸命彼女の欲望を満たしてあげようと尽くすのでした。

そして領は、より深く女性たちの欲望のジャングルに踏み込んでいきます。

次は熱海の夫婦からでした。余命の長くない車椅子の初老の男・泉川(西岡徳馬)の目の前で、若妻の紀子(佐々木心音)とプレイすることに。泉川は、その様子をビデオカメラで撮りたいと言います。そして紀子からお願いされます。「夫は余命が1年半なんです。私が乱暴にされるのを見ると夫は喜ぶので、痛いのは嫌ですが、できるだけ見せつけるように乱暴にするフリをしてくれませんか。お願いします。」と。人相が分からないようにと泉川からサングラスを渡され、まるでAVのような演技を交えながら行為に及びます。それを撮影しながら見ていた泉川は興奮のあまり我慢できなくなり、2人の様子を見ながら自分自身を慰めるのでした。

静香のマンション。静香と東と領が熱海の夫婦のことを話しています。あの2人は余命や車いすなどの設定も含めて演技だというのです。東も以前呼ばれたことがあり、あの夫婦は手の込んだストーリーを作るので有名だと言って笑っています。静香「でも涙を流しているときはお芝居だとわかっていても悲しくなるんじゃないかな。だってあれだけ歳が違えば旦那に先立たれるのも時間の問題でしょ?」と言い、領にボーナスを手渡します。お客様からプラスアルファの報酬がもらえるようになったら昇格するということで、リョウは東と同じVIPクラスに移ることになりました。

六本木のクラブ。東は言います。「僕の予言は当たったね。リョウさんは絶対成功すると思っていた。なぜならリョウさんは”普通”だから…。こういうクラブで働く男はみんなどこかずれてるっていうか、歪んでるからね。どうして僕がVIP向けに選ばれたか知ってる?どうして僕みたいなのが売れっ子なのか」と言うと、服を脱いで傷だらけの背中を領に見せます。「僕の中で配線がこんがらがってるんだ。痛みだけが間違って脳に送られて本当の快感になる。だから僕につく客は金持ちの変態ばかり。身体をカミソリで切っても、重ねるごとに痛さが全然違うんだ。そんな話をその辺の居酒屋でみんなとわいわいしてみたいよ。でも話してよかった。僕がこんなこと言うと引いちゃう人が多いんだけど、領さんは真剣に聞いてくれた。そっちに行ってもいい?」と言うと、領はうなずきます。「領さんは何もしなくていい。お礼に僕にさせてくれないかな。必死に普通の人の体のことを勉強したんだ。男女問わずにね。いまでは結構上手だって言われるよ。」と言って領の体中を口を使って愛撫します。そして領は東の口でイかされるのでした。僕もお返ししたいという領に、東は「骨を折ってほしい」と言います。そして小指の骨を折ることで東は快感を得るのでした。

顧客の女性と肌を重ねるうちに、リョウは『Le Club Passion』の中でもトップクラスの売れっ子にのし上がっていく一方、大学には全くと言っていいほど足を運ばなくなっていました。そんなある日、バーでは領を心配していた恵は領の娼夫としての仕事を知り「がっかりした」と言います。ホストの田島進也が知らせていたのです。「自分の体をおばさんたちに売ってるんでしょ。汚いよ。」と恵が言うと、「そうだよ、僕は娼夫だよ。でもそれがどうしたって言うんだよ。その辺のホストとやってることは変わらないだろ」と言うと田島進也は「大学まで行ってこんなんでいいのかよ」と言います。領は「死人みたいにつまんない講義受けてどっかの大企業に入るのがそんなに偉いのか?」と言い返します。恵は「じゃあ就職したくないからコールボーイになりましたなんて、本気で言えるの?」と言います。領は「法律に反した仕事でも本当にやりがいがあるし、感動することだってあるんだよ。」口論は続き、恵が「領くんをたらし込んだ女ってそんなにいい人なの?その女にそそのかされて騙されてるんじゃないの?どうせその頭のおかしいおばさんとも寝てるんでしょ!」と言うと、激高した領は「いい加減にしろ!静香さんとは手も繋いでないよ、寝るつもりもないし、それは恵と寝るつもりがないのと一緒だよ!」と言うと恵は黙り込み、店を出ていきました。田島進也は領に「お前と俺は違うんだよ、別にできることがあるはずだろ。おまえは昼の世界でやっていける普通の人間なんだよ。」と言い残し、去っていきます。

次のお客さんは、親子以上に年の離れた未亡人の老女(江波杏子)です。彼女は今日が誕生日だと言う70歳の女性。老女は「私は手を握っただけで大体のことが分かる、あなたは悪くないわ。あなたの話を聞かせて。なんでもいいから。」と言うとリョウはこの前、バーで友達とケンカしたことを話します。「僕の仕事を知って汚いと言われました、でももう少し続けて、自分がどう変わるのか最後までたしかめたい。それまでの僕は女性も世の中も”つまらない”で片付けていた、そんな自分を変えてくれたのは一人の女性のおかげなんです。僕は彼女に褒めてもらいたくて…」と話していると老女は、手を握りしめたまま果てます。年を取るとこんな芸当も出来ちゃうの、と。「あなたの手は悪くないわ」と言い、2回目の絶頂に達します。

リョウは、次から次へと女性の欲望を解放させていくとともに、自分の中で何かが変わり始めようとしていました。

娼年(しょうねん)のネタバレあらすじ:転.静香への想い

その一方で、領はある想いを胸に秘めていました。幼い頃に母を亡くした領は静香にその面影を見出しており、次第に静香への想いを募らせていました。ある日の静香のマンション。ナンバー1を争うほどの売れっ子になったリョウに、静香は「ご褒美をあげるわ。何でも欲しいものがあったりってちょうだい。」と言います。領は「なんでもいいですか?僕と付き合ってくれませんか?」と告白しますが、「私はあなたのお母さんと同じくらいの歳よ」と拒絶されますが、領は「年齢が障害にならないことはあなたが一番わかっているはずだ」と言い、静香とキスをして押し倒します。しかし強引に迫る領を静香はいさめます。領は「なんで止めるんですか、女性やセックスの素晴らしさを教えてくれたのはあなただ!」と言う領に静香は「他の事なら何でもしてあげる。だけど私はあなたとは出来ない」と言います。諦めきれない領は「もう一度、咲良を相手に試験を受けさせてほしい」と頼みました。僕がどれだけ成長したか静香に見てもらいたいと。咲良もそれを承諾します。そして静香もそれを受け入れます。

娼年(しょうねん)の結末:リョウの成長

その試験の前に仕事が入り、リョウは指定された新宿のホテルに向かうと、そこにはなんと恵の姿がありました。領への想いを抱いていた恵は金でリョウを買ったのです。1ヶ月分のバイト代をはたいて来たと言うのです。「待ってたよリョウくん。今日の私はお客様だよ。昼の光の中で、友達や家族が生きてるこの世界で、領くんはその仕事を一生続けるんだよね?この前言ってたでしょ。人には自慢できない仕事でもやりがいがあるし、感動することもあるんだって。だからそれを私の身体で証明して」と言って下着姿になります。

リョウは仕事と割り切りながらも彼女の想いを受け止めて全力で仕事として挑みました。生でしてほしいと言う恵ですが、自分は娼夫だからと断るものの、客の要望だからと受け入れます。「領くん、領くん…」と叫びながら、恵の中でリョウは果てるのでした。恵は「私はずっと領くんがほしかった、でももうわかった、領くんは私がいる世界とは別の世界の人なんだね。これが売れっ子のプロの仕事なんだね。」 もうかつてのようには戻れないことを悟って涙する恵に、リョウは「またいつでもバーに来てほしい、恵はいつだってあの店ではタダだから」と告げて去っていきました。

そして迎えに来ていた静香の車内で領は、静香がかつて娼婦だったこと、咲良は客との間に出来た静香の実の娘であること、そして静香は今エイズウイルスに感染していることを知ります。そのため大きくなった咲良は、お母さんの仕事の手伝いをしたいと申し出ていたことを知ります。そして静香は「どんなに注意してもセックスで感染する可能性はゼロじゃない。あの時、領くんを拒否するのは自制心が必要だった」と言います。静香の想いを受け止めた領は泣きながら「僕がこうしているのは、あなたへの気持ちを確かめたかったからです」と言い、静香の見守る中、咲良との情熱の試験に挑みます。それは以前、領が受けた情熱の試験の時とは全く違う、女性の欲望を完全に満たす、成長した領のすべてでした。領は咲良を通じて、静香と心を通わせ合うのでした。

それから間もなく、『Le Club Passion』は警察に摘発されて営業停止処分となり、静香は逮捕されました。領は静香が獄中から送って来た手紙を咲良から受け取ります。そこには静香から領への大切な話が書かれていました。
「伝えるかどうか迷ったけど、あなたならきっと知りたがると思いました。横浜のクラブの知り合いに連絡を取って聞いたのですが、結論だけ伝えます。あなたのお母様は娼婦でした。繁華街で倒れたのは、急な仕事の帰りだったそうです。でも今の領くんならお母様のことを責めないでくれますよね。憎んだり、軽蔑しないでくれますよね。領くんとお母様、咲良と私は同じ仕事で結ばれていたのですね。つまらない思い込みかもしれませんが、私たちは出会うべくして出会ったのかもしれません。私の病気はこれからどうなるか分かりません。でもまたいつか3人で過ごした日が戻ってくることを願っています。」

それから1年ほどが過ぎ、咲良と共に『Le Club Passion』を再開させたリョウは、未亡人の老女のもとへ来ていました。今日は1年ぶりの老女の誕生日です。今日は手を握るだけではなく、ローションを差し出し、肌を重ね合うのでした。
今の領には、かつて「女なんてつまらないよ」と言っていた頃の無気力な面影はなく、そこには数々の女性との出会いを経て一人前の男性に成長したリョウの姿がありました。

以上、映画「娼年(しょうねん)」のあらすじと結末でした。

引用:https://eiga-watch.com/shonen-movie/

映画『娼年』の口コミ

 

 

 

 

 

映画『娼年』のキャスト

森中領(リョウ) – 松坂桃李[16] 御堂静香 – 真飛聖[17] 咲良 – 冨手麻妙[17] 平戸東(アズマ) – 猪塚健太[17] 白崎恵 – 桜井ユキ[18] 田嶋進也(シンヤ) – 小柳友[17] イツキ – 馬渕英里何[18] 主婦 – 荻野友里[18] 紀子 – 佐々木心音[18] ヒロミ – 大谷麻衣[18] ギャル風の女 – 階戸瑠李[19] 泉川 – 西岡徳馬[17] 老女 – 江波杏子[17]※遺作

映画『娼年』のスタッフのキャスト

原作 – 石田衣良「娼年」(集英社文庫刊) 脚本・監督 – 三浦大輔 音楽 – 半野喜弘 and RADIQ septet 製作 – 小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起 企画・プロデュース – 小西啓介 エグゼクティブ・プロデューサー – 金井隆治、津嶋敬介 プロデューサー – 永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣 アソシエイトプロデューサー – 槙哲也 撮影 – Jam Eh I 照明 – 岸本秀一 録音 – 加藤大和 美術 – 愛甲悦子 装飾 – 近藤美緒 スタイリスト – 小林身和子、岡田梢 ヘアメイク – 酒井夢月 編集 – 堀善介 助監督 – 小南敏也 制作担当 – 大西裕 キャスティングディレクター – 杉野剛 制作プロダクション – ホリプロ 企画製作・配給 – ファントム・フィルム 製作幹事 – ファントム・フィルム、ハピネット 製作 – 映画「娼年」製作委員会(ファントム・フィルム、ハピネット、ホリプロ、集英社)