映画『仮面ライダービルド Be The One』の無料動画を視聴する方法を調査|高画質な配信サイトを比較

映画『仮面ライダービルド Be The One』を無料で視聴する方法を紹介していきたいと思います!

結論から言うと『仮面ライダービルド Be The One』を無料で視聴するには「U-NEXT」がおすすめです!

U-NEXTの30日トライアルに申し込むと他の映画作品も無料で視聴し放題です!(会員登録から30日以内に解約すれば一切お金はかかりません!)

 

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
仮面ライダービルド Be The Oneを今すぐ無料視聴

人気映画を無料視聴できるサービス一覧

サービス名
無料お試し期間 31日間 14日間 30日間 30日間 30日間 30日間 31日間 1か月
作品数 14万本 6万本 7千本 1万本 1万本 非公開 31日間 1か月
料金 月額1,990円(税抜) 月額933円(税抜) 年間4,900円(税込) 月額562円(税抜) 月額925円(税抜) 月額933円(税抜) 月額500円(税抜) 月額888円(税抜)

『仮面ライダービルド Be The One』を無料視聴するならU-NEXT

U-NEXTは日本国内で運営されている最大規模の動画配信サービスです。無料お試し中の31日間は見放題の作品を無制限に視聴することができます。動画配信数は上記の比較表の通り他のサイトに比べて大幅に多いです。

U-NEXTは中でも映画の配信に力を入れています。新作映画の配信のタイミングが早く、上映されて人気だったものでは、公開終了の1ヶ月後に視聴することもできます。DVD発売に先行して最速で配信される上にラインナップもレンタルDVDよりも豊富です。

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
仮面ライダービルド Be The Oneを今すぐ無料視聴

その他人気映画を視聴できる動画配信サービス

hulu

Huluは国内では動画配信サービスの先駆け的な存在です。米国発のサービスであるために海外ドラマや海外映画のコンテンツ数は最上位クラスの品揃えとなっています。また日本国内会員数は172万を超えており、まだまだ拡大中です。

国内事業が日本テレビに買収されたこともあり、ドラマを中心に国内のテレビ系コンテンツが充実。日テレだけでなく、TBS・NHK・フジテレビをはじめとした主要キー局の人気番組をカバーし、テレビ放送とほぼ同時の見逃し配信を視聴することができます。またアニメに関しも比較的豊富なラインナップで、一定層の利用者から強い支持を受けています。

Amazonプライム

「Amazonプライムビデオ」の最大の強みは、Amazonプライム会員(月額500円、年会費4900円)なら追加料金なしで利用できるという点にあります。例えば音楽聴き放題サービスである「Prime Music」や、Amazonの買い物で当日お急ぎ便やお届け日時指定便などもすべて月408円(年会費を12カ月で割った額)で利用することができるのです。

2015年9月に国内サービスを開始した当初は国内作品のラインナップに乏しかったですが現在では国内作品やアマゾンプライムオリジナル作品も次々に制作しています。

Amazonプライムビデオに限らずAmazonサービスを普段から使う人にとっては大変お得なプランになっています。

ビデオパス

ビデオパスはauが提供する動画配信サービスです。月額562円(税別)の見放題プランに加入すれば対象のアニメやドラマ、映画を無制限で視聴することができます。特に国内の映像作品の充実しています。

新作は有料レンタルとなりますが、見放題プランに加入すると毎月540円分のビデオコインがもらえます。これを利用することで毎月1本、追加料金を支払わずに新作を楽しめるというわけです。無料お試し期間であっても、見放題プランと同じように540円分のビデオコインが付与されるので、それを利用して新作を視聴できます。

Paravi

TBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携して提供する「Paravi(パラビ)」は、2018年4月に新しく誕生したばかりの動画配信サービスです。

パラビの醍醐味は「日本最大級の国内ドラマアーカイブ」と謳っているとおり、大手メディアの連携により話題作中心の国内テレビドラマが一挙解禁されている点。国内ドラマは他の動画配信サービスでは個別課金(レンタル)となりがちですが、パラビでは大多数を見放題として視聴できるのも強みです。

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスのサービスは定額レンタルプランとなります。

様々なプランがありますが無料体験では、動画配信プランとなります。動画配信プランでは新作が視聴できる点にあります。

勿論、無料期間が過ぎたらその時点で自動更新されますので、解約をする際は注意が必要です。TSUTAYAディスカスの無料期間中の退会は料金は一切かかりません。

dtv

dTVはエイベックス・グループが運営し、NTTドコモが提供する日本の動画配信サービスです。ドコモ会員でなくても利用できるので安心してください。

動画数は12万本以上。映画やドラマ、アニメはもちろん、コンサート映像やカラオケも楽しめます。一部有料レンタルがありますが、見放題の動画のラインナップも豊富です。

FOD

国内ドラマのようなテレビ系のコンテンツがを視聴したい場合は「フジテレビオンデマンド(FOD)」がおすすめです。まず、見逃してしまったフジテレビの話題のドラマ最新話やバラエティ番組が、地上波放送後7日間は無料で閲覧できます。

そして、FODの中でもとくに人気が高いのが見放題コース「FODプレミアム」(月額888円)です。過去にフジテレビが制作した新旧ドラマやバラエティ・アニメ・映画、配信オリジナル番組といった独占コンテンツを中心に、4万本を超える膨大な映像のうち3000作品以上が見放題で視聴することができます。さらに同じ料金内で雑誌100点以上が読み放題となります。

U-NEXTを利用するメリット

最新作の配信が早い

上映されてから配信されるスピードがDVDレンタルとほとんど変わらないほどのスピードです。

最新作は見放題ではなくポイント利用となるのが欠点ですが、他の動画配信サービスよりも新作のラインナップが豊富です。。2018年12月時点の新作・準新作は洋画だけで185件という数でした。

毎月1200分のポイントが付与される

月額料金 1,990円
毎月チャージされるポイント 1,200ポイント
ポイントの使い道 最新作のレンタル
電子書籍・コミックの購入
映画チケットの割引

U-NEXTの月額料金は1,990円と高い印象がありますが、毎月1,200ポイント(1ポイント=1円)チャージされます!

チャージされたポイントは、最新作の映画、ドラマ、アニメだけでなく、電子書籍・コミックや映画館のチケット割引にも使えます。

最新作をよく視聴する方や映画館に行く方にとっては実質的には月額が900円程度になるのです。

ダウンロードしてオフライン再生できる

U-NEXTにある動画の多くはダウンロードに対応しています!

そのため、スマホの通信量を気にせず外出先で動画視聴することができます。スマホやタブレットに好きな動画を何本もダウンロードしておき、スキマ時間に視聴するといった時間を効率的に利用しましょう「。

大画面テレビでもキレイな画質で視聴できる

U-NEXT Hulu NETFLIX
画質
フルHD高画質

フルHD高画質

SD標準画質〜フルHD高画質(料金プランによる)
4K対応

U-NEXTで配信する動画の多くはフルHD(高画質)となっています!

他の動画配信サービスに比べて高画質で映像を楽しむことができます。映画をテレビで視聴するのであれば、フルHDの高画質は欠かせません。また、U-NEXTは4Kの動画にも対応しているので、今後配信される4K動画にも期待が持てます。

豊富なラインナップの雑誌が読み放題

u-nextで読める雑誌の一部
U-NEXTは月額料金内で、70誌以上の雑誌が読み放題で閲覧することができます!

主なジャンルは以下の通りです。

  • ニュース・週刊誌
  • ファッション誌
  • 旅・グルメ
  • エンタメ
  • ビジネス・マネー
  • ライフスタイル
  • スポーツ
  • 自動車・バイク
  • モノ・トレンド
  • パソコン・モバイル
  • 美容・コスメ
  • 結婚・子育て
  • アウトドア

もちろん最新号の雑誌が何冊も取り揃えられているため雑誌の読み放題だけで得をする人もいます。

U-NEXTのデメリット

次に3つのデメリットについて解説していきます!

ポイントを使い切らないと損をする

U-NEXTは月額が1,990円で毎月チャージされる1,200ポイント(1200円相当)が付与されます。ポイントを一回も使わないと丸々1,990円の月額がかかっていることになります。

ポイントについてはU-NEXTのメリットのところで解説しましたが、最新作の動画のレンタル、書籍・コミックの購入、映画館のチケットの割引に利用できます!

このポイントを毎月使いきれないと損をしてしまうことになるので積極的に使っていきましょう。

見放題作品が限定されている

ジャンル 見放題作品 レンタル作品
洋画・邦画 6,400作品 1,600作品
海外ドラマ 390作品 300作品
韓流・アジアドラマ 730作品 90作品
国内ドラマ 590作品 370作品
アニメ 1,800作品 280作品
キッズ 840作品 10作品
成人向け 5,000作品 20,000作品

※2018年12月時点

U-NEXTで配信する作品はすべて見放題ではないということに留意しましょう。

  • 見放題作品:80,000本以上
  • レンタル作品:50,000本以上

目当ての作品がどちらに入っているのかということを事前に確認しておくことが必要です。

解約方法が若干わかりにくい

U-NEXTの解約は、アプリではなく公式WEBサイトの「設定・サポート」の項目より行う必要があり、若干わかりにくくなっています。

ただ、やり方さえ間違えなければ解約手続きは2~3分で終わります。

違反サイトでの閲覧はリスクが高い!

映画を無料で視聴する方法として違法アップロードされた動画サイトが挙げられますが、これらはリスクを伴うためおすすめしません。
まず第一に違法にアップロードされた動画を見ることも違法なのです。また海外違法サイトなどではウイルスに感染する危険があります。

海外違法サイトを利用して情報を抜き取られて架空請求がきたという事例も多くあります。

ドラマだけでも海外ドラマから国内の過去作品、映画やアニメ、サービスによっては漫画や雑誌まで見ることができます。
読み放題、見放題サービス(サブスクリプション)を使うのがストレスなく見れて良い選択肢になってきています。

どうしても無料で視聴したい方は上場企業などが運営する大手の動画配信サービスが無料トライアルを利用しましょう。

 

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
カイジ 人生逆転ゲームを今すぐ無料視聴

映画『仮面ライダービルド Be The One』のあらすじ

仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)のネタバレあらすじ:起

火星で発掘された、強大な力を秘めた“パンドラボックス”により引き起こされた“スカイウォールの惨劇”で日本が『東都』『北都』『西都』の3つの国に分裂してから10年。全てを仕組んだ悪の地球外生命体・エボルト(声:金尾哲夫)は西都首相・御堂正邦(冨家規政)に擬態して3つの国を強制的に統一させ、自ら新国家の首相に就任すると新政府を自ら築いた“パンドラタワー”に設け、それぞれの地域に新たに3人の知事、東都の知事には伊能賢剛(勝村政信)、北都の知事には才賀涼香(松井玲奈)、西都の知事には郷原光臣(藤井隆)を任命しました。エボルトは彼らには自らの真の目的を伏せたまま…。
この日は折からの猛暑、3人の知事が同時刻に就任会見を開く予定になっていました。万丈龍我(赤楚衛二)は亡き恋人・小倉香澄(伊藤梨沙子(写真のみ))の墓参り、猿渡一海(武田航平)は仲間だった“北都三羽ガラス”の墓参り、氷室幻徳(水上剣星)は暑さに参って爆睡、石動美空(高田夏帆)や滝川紗羽(滝裕可里)も戦兎たちのアジトである喫茶店「nascita(ナシタ)」で暑さにうだっていました。
バイク“マシンビルダー”で一人街中に繰り出した桐生戦兎(犬飼貴丈)は、たまたま怪人“スマッシュ”に襲われていた姉弟(呼春、鶴翔麒)を助けていました。時を同じくして、数千人の聴衆(北九州市ほかのエキストラのみなさん)を前に知事就任演説を開始した伊能はそれぞれの国で軍事兵器として運用されていた“ライダーシステム”を激しく糾弾、中でも戦兎=仮面ライダービルド(声:犬飼貴丈、演:高岩成二)を危険人物に指定、全国民に対してビルド殲滅を訴えかけ、自らの特殊能力で“一部”を除く全国民を洗脳していきました。実は、伊能・郷原・才賀の正体はエボルトと同じく幾多の惑星を滅ぼしてきた“ブラッド族”の最後の生き残りであり、次なるターゲットを地球に定めて10年前から潜伏していたのです。

仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)のネタバレあらすじ:承

ようやくスマッシュを退けたビルドの前に、伊能により洗脳された大勢の民衆が鉄パイプや金属バットなどを持って襲い掛かってきました。路地裏で、海沿いの可動橋で、サッカースタジアムで散々追いかけ回されたビルドの前に洗脳を免れた一海と幻徳が現れ、一海は仮面ライダーグリス、幻徳は仮面ライダーローグに変身してビルドを助けました。しかし、その場に才賀が現れ、ロストフルボトルを使って“シザーズロストスマッシュ”に変身、グリスとローグは民衆に取り押さえられてしまいますが、ビルドは何とか逃げ出しました。
Nascitaに命からがら戻って来た戦兎でしたが、そこでも洗脳された美空や紗羽が襲い掛かってきました。戦兎は二人を催眠ガスで眠らせ、万丈に電話をかけましたが、万丈は既に郷原によって連れ去られていました。郷原もまたロストフルボトルで“ゼブラロストスマッシュ”に変身、自らが香澄をスマッシュの実験台に選んだことを明かしました。万丈は仮面ライダークローズマグマに変身して応戦しましたが、そこに伊能が現れ、クローズマグマは成す術もなく洗脳されました。
なぜ自分が追われる身となったのか、戦兎は手掛かりを求めて閉鎖されていた東都先端物質学研究所に潜入、伊能ら3人は10年前にパンドラボックスを発掘した火星探索プロジェクトに宇宙飛行士として石動惣一(前川泰之)に帯同していることを突き止めました。伊能ら3人は10年前から東都・北都・西都に要職として潜入、裏で暗躍してきたのです。
戦兎が調べている最中に伊能が洗脳された万丈を連れて現れ、万丈に戦兎の始末を命じました。万丈は仮面ライダーグレートクローズに変身、戦兎もビルドに変身して目を覚ますよう迫りますが敗れてしまい、パワーアップアイテムの“ハザードトリガー”を奪われてしまいます。万丈からハザードトリガーを受け取った伊能は変身ベルト“ビルドドライバー”を巻き、万丈・郷原・才賀を吸収して“仮面ライダーブラッド”へと変身しました。

仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)のネタバレあらすじ:転

仮面ライダーブラッドの戦闘能力は凄まじく、変身解除された戦兎があわや倒されそうになったその時、エボルトが仮面ライダーエボルに変身して現れ、戦兎を港に停泊している船まで連れていきました。エボルトは戦兎らとの闘いで“人間の感情”を覚え、当分の間地球破壊をしないことにしており、一刻も破壊したい伊能らと意見が合わないのです。
エボルトは惣一の姿に擬態、戦兎と万丈との出会いも全ては仕組まれたものであることを告げました。信じられない戦兎は船を飛び出し、雨の中を彷徨い歩きました。
戦兎は10年前の出来事を思い出していました。10年前、スカイウォールの惨劇の時、戦兎の正体である葛城巧(木山廉彬)は危うく巻き込まれそうになり、その際に父・葛城忍(小久保丈二)から地球存亡の鍵を握るのはエボルトの遺伝子を持つ万丈であることを告げられていたのです。戦兎は心の中で、かつての自分である葛城と向き合っていました。かつての葛城だった頃は万丈を危険視していたのですが、戦兎になった今では万丈はかけがいのない相棒となっているのです。そんな戦兎のもとに伊能から電話がかかってきました。万丈を返してほしければ明日に戦兎が持っているパンドラボックスを持ってこいという要求でした。
一方、才賀に捕らえられた一海と幻徳は脱出を試みましたがどうしても上手くいかないでいました。そこへ今はエボルトの手下となっている内海成彰(越智友己、今回は仮面ライダーマッドローグに変身せず)が没収されていた二人の変身ベルト“スクラッシュドライバー”を手に現れ、土下座することを条件に密かに脱出させてくれました。
翌日、戦兎はパンドラボックスを持って伊能らの前に現れました。伊能はブラッドに変身、戦兎は強化フォームのビルドジーニアスに変身しますが、ブラッドの強さは想像を遥かに超えるものでした。それでもビルドジーニアスは「万丈…お前の命をもらうぞ…」と叫びながら万丈をブラッドから切り離すことに成功しました。

仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)の結末

ビルドジーニアスのピンチに一海と幻徳も駆け付けましたが、ブラッドは既に地球の核を破壊するため特殊な大型機械で地中深く潜ろうとしていました。一海はグリスに変身して郷原の変身したゼブラロストスマッシュを、幻徳はローグに変身してシザーズロストスマッシュを、それぞれ死闘の末に倒しました。
戦兎、そして洗脳が解けた万丈のそれぞれ持っているフルボトルが金と銀に輝き出しました。戦兎は、父・忍がいずれ自分が万丈と組むことになるであろうと予見してビルドドライバーにフルボトルを2本差せる設計にしたことを思い出していました。その時、美空に憑依している火星の王妃・ベルナージュ(雨宮天)の力で、戦兎と万丈の持つフルボトルと戦兎のジーニアスフルボトルが融合して“クローズビルド缶”が誕生しました。「絶対にできる、俺とお前なら…さあ、最後の実験を始めようか」
戦兎と万丈は合体変身して“クローズビルド”となり、ブラッドとの最終決戦へと向かいました。二人の力が合わさったクローズビルドはブラッドと互角の勝負を繰り広げ、仮面ライダーなどは人々から忌み嫌われる存在であることを強調しましたが、かつて葛城がなぜ忍は科学者になったのかという問いに対して「ラブ&ピースのためだ」と答えた忍のことを思い出し、最後は必殺のライダーキックでブラッドを倒しました。一部始終を見ていたエボルトは惣一に擬態し、伊能らを「俺を裏切った時点で、お前らの運命は決まっていたんだよ」と吐き捨てました。
クローズビルド缶は元の3つのフルボトルに戻り、戦兎と万丈はハイタッチを交わしました。人々の洗脳は解けましたが未だに新国家の実権はエボルトが握っており、仮面ライダーが危険視されている状況に変わりはありませんでした。しかし、戦兎たちは偶然にも以前助けた姉弟と再会、感謝されたことに勇気を大いにもらいました。
戦兎はエボルト攻略の鍵を握る“白いパンドラパネル”の研究をしていたところ、突然平行世界への入り口が開けました。そこでは歴代の平成仮面ライダーたちが謎の敵と戦っており、その中には戦兎が以前平行世界で手を組んだ仮面ライダーエグゼイドらの姿もありました。そこへ突然見たこともない謎の仮面ライダーが現れ、いきなりビルドの力を使って敵を一蹴しました。なぜ自分の力を使うのか疑問に思う戦兎に、謎のライダーは自らの名を“仮面ライダージオウ”(声:????)と名乗りました。

引用元:https://eiga-watch.com/kamen-rider-build-be-the-one/

映画『仮面ライダービルド Be The One』の口コミ

 

 

 

 

 

映画『仮面ライダービルド Be The One』のキャスト

桐生戦兎 / 仮面ライダービルド(声) – 犬飼貴丈 万丈龍我 / 仮面ライダークローズ(声) – 赤楚衛二 石動美空 – 高田夏帆 猿渡一海 / 仮面ライダーグリス(声) – 武田航平 内海成彰 – 越智友己 葛城忍 – 小久保丈二 葛城巧 – 木山廉彬 郷原光臣 / ゼブラロストスマッシュ(声) – 藤井隆[39] 才賀涼香 / シザーズロストスマッシュ(声) – 松井玲奈[39] 舞原由宇 – 呼春[注釈 3] 舞原新汰 – 鶴翔麒 市民 – しいはしジャスタウェイ ニュースキャスター – 池田沙絵美 お天気キャスター – 吉田愛梨 レポーター – 内村麻美 滝川紗羽 – 滝裕可里 氷室幻徳 / 仮面ライダーローグ(声) – 水上剣星 石動惣一 – 前川泰之 伊能賢剛 / 仮面ライダーブラッド(声) – 勝村政信[39] 声の出演 仮面ライダーエボル – 金尾哲夫[4] ベルナージュ – 雨宮天 仮面ライダージオウ – 奥野壮[41][注釈 4] スーツアクター 仮面ライダービルド[42][21] – 高岩成二 仮面ライダーローグ[43] – 渡辺淳 仮面ライダークローズ[43] – 永徳 仮面ライダーグリス[43] – 藤田慧 岡田和也 仮面ライダーブラッド[44][21][45] – 今井靖彦 ゼブラロストスマッシュ[46] – 神前元 シザーズロストスマッシュ[47] – 石井靖見 塚越靖誠 おぐらとしひろ 中田裕士 鍜治洸太朗 高橋光 佐藤義夫 向田翼 滝川紗羽(吹き替え)[48] – 下園愛弓 寺本翔悟 浦家賢士 御前伸幸 野邉大地 松本城太郎 石上龍成 近藤雄太 中井絢子 北野瑠那 宮澤雪 五十嵐睦美 木寺奈緒 宍倉弘忠 市川雅章 内田卓斗 豊田泰史 酒井和真 白井雅士 小豆畑祐二 本田光騎 上平田結花 大河平レオン 齊藤謙也 小森拓真

映画『仮面ライダービルド Be The One』のスタッフのキャスト

原作 – 石ノ森章太郎[4][49] 脚本 – 武藤将吾[4] 音楽 – 川井憲次[4] 製作 – 手塚治(東映)、亀山慶二(テレビ朝日)、高木勝裕(東映アニメーション)、間宮登良松(東映ビデオ)、野田孝寛(アサツー ディ・ケイ)、相原晃(東映エージエンシー)、峠義孝(バンダイ) 企画 – 白倉伸一郎 (東映)、鷲尾天(東映アニメーション)、加藤和夫(東映ビデオ)、麻生一宏(アサツー ディ・ケイ)、清水啓司(東映エージエンシー)、金木勲(バンダイ) 撮影 – 植竹篤史[49] 照明 – 斗沢秀[49] 美術 – 大嶋修一[49] 録音 – 堀江二郎[49] 編集 – 金田昌吉 スクリプター – 柿﨑徳子 スケジュール – 塩川純平 助監督 – 茶谷和行 制作担当 – 中島嘉隆 ラインプロデューサー – 下前明弘 Bカメラ – 岩田憲 VE – 江島公昭 FO – 佐藤琢也 撮影助手 – 平田沙樹 撮影応援 – 中村耕太 ドローン撮影 – 高田早苗(あーと・夢) 照明助手 – 佐藤武、権田典之、才田こずえ 照明応援 – 内野泰宏 録音助手 – 松澤秀昭、山本日香留 装飾 – 権田光典 小道具 – 岩田智久 装飾助手 – 山岡愛里(東京美工) 衣裳 – 栗田侑子(東京衣裳) 衣裳応援 – 福本翔平 キャラクター管理 – 中村豊 キャラクター管理応援 – 小野島泰宏 操演 – 髙木友善 操演応援 – 田村卓海(ライズ) カースタント&コーディネート – 西村信宏 カースタント – 日下達也、橋本充吾(武士レーシング) 美術助手 – 小林桜 装置 – 伊藤文奈美 装置応援 – 嶋村亮昂(紀和美建) 絵画制作 – 轟木满 絵コンテ – 武藤聖馬、伊藤そうあ キャラクターデザイン – 田嶋秀樹(石森プロ)、小林大祐(PLEX) 衣裳デザイン – 伊津野妙子 美術デザイン – 酉澤安施 クリーチャーデザイン – 篠原保[49] 物理学アドバイザー – 白石直人 造型 – 蟻川昌宏・浅野桂・井上文人・大畠麻衣・大脇涼・沖雄貴・笠野翔一・岸田風斗・黒川浩太郎・古坂友祐・小林広一・齋藤孝造・坂本孝一郎・佐藤敏夫・島貫翔、鈴木信一・辰巳茉莉子・田中孝弘・寺門剛・貫井響・原田堅司・廣瀬亮太郎・松川翼・三上喜康・山口純一・山口遥・山本誠一・吉田哲弥(ブレンドマスター/ブレンドワークス) 助监督 – 吉田尅隻、作野良輔、福田和弘、平舘銀河 助监督応援 – 高畑隆史、大峯靖弘 プロデューサー補 – 小出大樹(東映) ラインプロデューサー – 佐々木幸司 制作デスク – 宮地みどり エキストラ担当 – 出射均 進行主任 – 中村秀康 進行 – 只木歩 制作応援 – 加藤陽三、吉田崇弘、大内佑介、本間隆廣、式守修、下田翔也、伊場野高嗣、下田尚、平原大志、八木明広、川崎秀彦、板垣隆弘 北九州ロケ制作担当 – 石切山義貴 整音 – 曽我薫 選曲 – 金成謙二(ドンカンバニー) 音響効果 – 大野義彦、木下美帆 編集助手 – 佐々木裕 整音助手 – 長谷川真鷹 スタジオエンジニア – 田邊萌乃 技術運営 – 林和哉 仕上進行 – 辻今日子、見立英里 ジオウ登場シーン・演出協力 – 田崎竜太 製作プロダクション – 東映テレビ・プロダクション スーパーバイザー – 小野寺章 エグゼクティブプロデューサー – 佐々木基(テレビ朝日)[49] プロデューサー – 大森敬仁(東映)、谷中寿成(東映)、井上千尋(テレビ朝日)、菅野あゆみ、古谷大輔(アサツー ディ・ケイ)[49] 特撮監督 – 佛田洋(特撮研究所)[4] アクション監督 – 宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)[4] 制作 – 劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会(東映、テレビ朝日、東映アニメーション、東映ビデオ、アサツー ディ・ケイ、東映エージエンシー、バンダイ)[4] 監督 – 上堀内佳寿也[4]