映画『デスノート the Last name』を無料で視聴する方法をまとめました!

映画『デスノート the Last name』を無料で視聴する方法を紹介していきたいと思います!

結論から言うと『デスノート the Last name』を無料で視聴するには「U-NEXT」がおすすめです!

U-NEXTの30日トライアルに申し込むと他の映画作品も無料で視聴し放題です!(会員登録から30日以内に解約すれば一切お金はかかりません!)

 

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
デスノート the Last nameを今すぐ無料視聴

人気映画を無料視聴できるサービス一覧

サービス名
無料お試し期間 31日間 14日間 30日間 30日間 30日間 30日間 31日間 1か月
作品数 14万本 6万本 7千本 1万本 1万本 非公開 31日間 1か月
料金 月額1,990円(税抜) 月額933円(税抜) 年間4,900円(税込) 月額562円(税抜) 月額925円(税抜) 月額933円(税抜) 月額500円(税抜) 月額888円(税抜)

『デスノート the Last name』を無料視聴するならU-NEXT

U-NEXTは日本国内で運営されている最大規模の動画配信サービスです。無料お試し中の31日間は見放題の作品を無制限に視聴することができます。動画配信数は上記の比較表の通り他のサイトに比べて大幅に多いです。

U-NEXTは中でも映画の配信に力を入れています。新作映画の配信のタイミングが早く、上映されて人気だったものでは、公開終了の1ヶ月後に視聴することもできます。DVD発売に先行して最速で配信される上にラインナップもレンタルDVDよりも豊富です。

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
デスノート the Last nameを今すぐ無料視聴

その他人気映画を視聴できる動画配信サービス

hulu

Huluは国内では動画配信サービスの先駆け的な存在です。米国発のサービスであるために海外ドラマや海外映画のコンテンツ数は最上位クラスの品揃えとなっています。また日本国内会員数は172万を超えており、まだまだ拡大中です。

国内事業が日本テレビに買収されたこともあり、ドラマを中心に国内のテレビ系コンテンツが充実。日テレだけでなく、TBS・NHK・フジテレビをはじめとした主要キー局の人気番組をカバーし、テレビ放送とほぼ同時の見逃し配信を視聴することができます。またアニメに関しも比較的豊富なラインナップで、一定層の利用者から強い支持を受けています。

Amazonプライム

「Amazonプライムビデオ」の最大の強みは、Amazonプライム会員(月額500円、年会費4900円)なら追加料金なしで利用できるという点にあります。例えば音楽聴き放題サービスである「Prime Music」や、Amazonの買い物で当日お急ぎ便やお届け日時指定便などもすべて月408円(年会費を12カ月で割った額)で利用することができるのです。

2015年9月に国内サービスを開始した当初は国内作品のラインナップに乏しかったですが現在では国内作品やアマゾンプライムオリジナル作品も次々に制作しています。

Amazonプライムビデオに限らずAmazonサービスを普段から使う人にとっては大変お得なプランになっています。

ビデオパス

ビデオパスはauが提供する動画配信サービスです。月額562円(税別)の見放題プランに加入すれば対象のアニメやドラマ、映画を無制限で視聴することができます。特に国内の映像作品の充実しています。

新作は有料レンタルとなりますが、見放題プランに加入すると毎月540円分のビデオコインがもらえます。これを利用することで毎月1本、追加料金を支払わずに新作を楽しめるというわけです。無料お試し期間であっても、見放題プランと同じように540円分のビデオコインが付与されるので、それを利用して新作を視聴できます。

Paravi

TBS、テレビ東京、WOWOW、日本経済新聞といった国内主要メディアが連携して提供する「Paravi(パラビ)」は、2018年4月に新しく誕生したばかりの動画配信サービスです。

パラビの醍醐味は「日本最大級の国内ドラマアーカイブ」と謳っているとおり、大手メディアの連携により話題作中心の国内テレビドラマが一挙解禁されている点。国内ドラマは他の動画配信サービスでは個別課金(レンタル)となりがちですが、パラビでは大多数を見放題として視聴できるのも強みです。

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカスのサービスは定額レンタルプランとなります。

様々なプランがありますが無料体験では、動画配信プランとなります。動画配信プランでは新作が視聴できる点にあります。

勿論、無料期間が過ぎたらその時点で自動更新されますので、解約をする際は注意が必要です。TSUTAYAディスカスの無料期間中の退会は料金は一切かかりません。

dtv

dTVはエイベックス・グループが運営し、NTTドコモが提供する日本の動画配信サービスです。ドコモ会員でなくても利用できるので安心してください。

動画数は12万本以上。映画やドラマ、アニメはもちろん、コンサート映像やカラオケも楽しめます。一部有料レンタルがありますが、見放題の動画のラインナップも豊富です。

FOD

国内ドラマのようなテレビ系のコンテンツがを視聴したい場合は「フジテレビオンデマンド(FOD)」がおすすめです。まず、見逃してしまったフジテレビの話題のドラマ最新話やバラエティ番組が、地上波放送後7日間は無料で閲覧できます。

そして、FODの中でもとくに人気が高いのが見放題コース「FODプレミアム」(月額888円)です。過去にフジテレビが制作した新旧ドラマやバラエティ・アニメ・映画、配信オリジナル番組といった独占コンテンツを中心に、4万本を超える膨大な映像のうち3000作品以上が見放題で視聴することができます。さらに同じ料金内で雑誌100点以上が読み放題となります。

U-NEXTを利用するメリット

最新作の配信が早い

上映されてから配信されるスピードがDVDレンタルとほとんど変わらないほどのスピードです。

最新作は見放題ではなくポイント利用となるのが欠点ですが、他の動画配信サービスよりも新作のラインナップが豊富です。。2018年12月時点の新作・準新作は洋画だけで185件という数でした。

毎月1200分のポイントが付与される

月額料金 1,990円
毎月チャージされるポイント 1,200ポイント
ポイントの使い道 最新作のレンタル
電子書籍・コミックの購入
映画チケットの割引

U-NEXTの月額料金は1,990円と高い印象がありますが、毎月1,200ポイント(1ポイント=1円)チャージされます!

チャージされたポイントは、最新作の映画、ドラマ、アニメだけでなく、電子書籍・コミックや映画館のチケット割引にも使えます。

最新作をよく視聴する方や映画館に行く方にとっては実質的には月額が900円程度になるのです。

ダウンロードしてオフライン再生できる

U-NEXTにある動画の多くはダウンロードに対応しています!

そのため、スマホの通信量を気にせず外出先で動画視聴することができます。スマホやタブレットに好きな動画を何本もダウンロードしておき、スキマ時間に視聴するといった時間を効率的に利用しましょう「。

大画面テレビでもキレイな画質で視聴できる

U-NEXT Hulu NETFLIX
画質
フルHD高画質

フルHD高画質

SD標準画質〜フルHD高画質(料金プランによる)
4K対応

U-NEXTで配信する動画の多くはフルHD(高画質)となっています!

他の動画配信サービスに比べて高画質で映像を楽しむことができます。映画をテレビで視聴するのであれば、フルHDの高画質は欠かせません。また、U-NEXTは4Kの動画にも対応しているので、今後配信される4K動画にも期待が持てます。

豊富なラインナップの雑誌が読み放題

u-nextで読める雑誌の一部
U-NEXTは月額料金内で、70誌以上の雑誌が読み放題で閲覧することができます!

主なジャンルは以下の通りです。

  • ニュース・週刊誌
  • ファッション誌
  • 旅・グルメ
  • エンタメ
  • ビジネス・マネー
  • ライフスタイル
  • スポーツ
  • 自動車・バイク
  • モノ・トレンド
  • パソコン・モバイル
  • 美容・コスメ
  • 結婚・子育て
  • アウトドア

もちろん最新号の雑誌が何冊も取り揃えられているため雑誌の読み放題だけで得をする人もいます。

U-NEXTのデメリット

次に3つのデメリットについて解説していきます!

ポイントを使い切らないと損をする

U-NEXTは月額が1,990円で毎月チャージされる1,200ポイント(1200円相当)が付与されます。ポイントを一回も使わないと丸々1,990円の月額がかかっていることになります。

ポイントについてはU-NEXTのメリットのところで解説しましたが、最新作の動画のレンタル、書籍・コミックの購入、映画館のチケットの割引に利用できます!

このポイントを毎月使いきれないと損をしてしまうことになるので積極的に使っていきましょう。

見放題作品が限定されている

ジャンル 見放題作品 レンタル作品
洋画・邦画 6,400作品 1,600作品
海外ドラマ 390作品 300作品
韓流・アジアドラマ 730作品 90作品
国内ドラマ 590作品 370作品
アニメ 1,800作品 280作品
キッズ 840作品 10作品
成人向け 5,000作品 20,000作品

※2018年12月時点

U-NEXTで配信する作品はすべて見放題ではないということに留意しましょう。

  • 見放題作品:80,000本以上
  • レンタル作品:50,000本以上

目当ての作品がどちらに入っているのかということを事前に確認しておくことが必要です。

解約方法が若干わかりにくい

U-NEXTの解約は、アプリではなく公式WEBサイトの「設定・サポート」の項目より行う必要があり、若干わかりにくくなっています。

ただ、やり方さえ間違えなければ解約手続きは2~3分で終わります。

違反サイトでの閲覧はリスクが高い!

映画を無料で視聴する方法として違法アップロードされた動画サイトが挙げられますが、これらはリスクを伴うためおすすめしません。
まず第一に違法にアップロードされた動画を見ることも違法なのです。また海外違法サイトなどではウイルスに感染する危険があります。

海外違法サイトを利用して情報を抜き取られて架空請求がきたという事例も多くあります。

ドラマだけでも海外ドラマから国内の過去作品、映画やアニメ、サービスによっては漫画や雑誌まで見ることができます。
読み放題、見放題サービス(サブスクリプション)を使うのがストレスなく見れて良い選択肢になってきています。

どうしても無料で視聴したい方は上場企業などが運営する大手の動画配信サービスが無料トライアルを利用しましょう。

 

↓今すぐ無料視聴したい方はこちら↓
デスノート the Last nameを今すぐ無料視聴

映画『デスノート the Last name』のあらすじ

公開当時の2006年から10年以上経った今でも、藤原竜也が演じた夜神月、松山ケンイチが扮したLの印象が強く残っている、と言う人は多いのではないでしょうか。キャラクター設定は、比較的原作『デスノート』に忠実で、正義感にあふれる優秀な学生・夜神月と、天才的な頭脳を持ちながら少々不気味なところがあるLの緊迫した心理戦・頭脳戦が楽しめる作品です。

名前を書かれたものが死んでしまう、恐ろしい力が秘められている「デスノート」を手にした夜神月。司法を学びながら犯罪の無い世界を夢見ていた理想にあふれる大学生・月は、人の命を操れる力を手にし、「新世界の支配者・キラ」となります。次々と凶悪な犯罪者たちを裁いていくキラの凶行を見た弥海砂(戸田恵梨香)は、家族が強盗殺人の被害に遭った過去から熱狂的なキラ信者となり、遂には月の前に現れるのでした。

弥海砂には「レム」という死神が憑いており、彼女には特殊な能力「死神の目」がありました。海砂の「死神の目」を使える、と踏んだ月は海砂に共犯を持ち掛け、二人は手を結ぶことに。一方、月の父・夜神総一郎(鹿賀丈史)が所属する「キラ対策本部」は天才的頭脳を持つLが巧妙な罠を仕掛け、海砂を監禁、月が自ら自分たちの元へやって来るように仕向けます。

自分がキラなのかも知れないという不安を拭い去るため、月は自分を監禁してくれとLに懇願します。デスノートを放棄し、記憶をなくしていた月。監禁されている間に第3のキラ・高田清美(片瀬那奈)による犯行がおきます。Lたちの罠にはめられ、警察に取り押さえられた高田をデスノートの切れ端を使って月は殺害し、再び記憶を取り戻しました。

ミサに放棄したデスノートを取りに行かせ、再び凶行へと走る月。ノートに父の名前を書きますが、それはLの手の内でした。デスノートは偽物であり、月は自らがキラであることを証明してしまったのです。追いつめられ、その場にいた全員をデスノートで殺そうとする月でしたが、リュークにより名前を書かれてしまい、L、海砂、父の目の前で息絶えるのでした。

映画『デスノート the Last name』の口コミ

映画『デスノート the Last name』のキャスト

夜神月 – 藤原竜也

L / 竜崎 – 松山ケンイチ

南空ナオミ – 瀬戸朝香

秋野詩織 – 香椎由宇

レイ・イワマツ – 細川茂樹

夜神幸子 – 五大路子

夜神粧裕 – 満島ひかり

宇生田 – 中村育二

松田 – 青山草太

模木 – 清水伸

相沢 – 奥田達士

佐波 – 小松みゆき

松原 – 中原丈雄

佐伯警察庁長官 – 津川雅彦

バス運転手・佐々木 – 田中要次

恐田奇一郎 – 皆川猿時

渋井丸拓男 – 顔田顔彦

日比沢有介 – 渡来敏之

リューク(声) – 中村獅童(特別出演)

弥海砂 – 戸田恵梨香

ワタリ – 藤村俊二

夜神総一郎 – 鹿賀丈史

映画『デスノート the Last name』のキャスト

原作 – 大場つぐみ、小畑健『DEATH NOTE』(集英社ジャンプコミックス刊)

監督 – 金子修介

脚本 – 大石哲也

音楽 – 川井憲次

製作指揮 – 高田真治

製作 – 山路則隆、堀義貴、西垣慎一郎、平井文宏、北上一三、松本輝起、大澤茂樹

エグゼクティブ・プロデューサー – 奥田誠治

プロデューサー – 佐藤貴博、福田豊治、小橋孝裕

企画 – 髙橋雅奈、佐藤敦

撮影 – 高瀬比呂志

照明 – 渡邊孝一

美術 – 及川一

装飾 – 山下順弘

録音 – 岩倉雅之

編集 – 矢船陽介

助監督 – 山口晃二、井原眞治、大津是

監督補 – 松枝佳紀

キャスティング – 吉川威史

ラインプロデューサー – 大塚泰之

CGプロデューサー – 豊嶋勇作

CG – デジタル・フロンティア

オリジナル・サウンドトラック – 「SOUND of DEATH NOTE」(バップ)

配給・宣伝統括 – ワーナー・ブラザース映画

制作プロダクション – 日活撮影所

企画・製作 – 日本テレビ放送網

製作 – 「DEATH NOTE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送、集英社、ホリプロ、讀賣テレビ放送、バップ、コナミデジタルエンタテインメント、松竹、日活)