インスタ広告費用の平均値は?個人でシュミレーションする方法

インスタグラムの広告を出してみようと思うけれど、広告費がどれくらいかかるかわからないとちょっと困りますよね。私自身もインスタグラム広告を検討していますが、いくらくらい費用が必要かわからなくて結局やるのを諦めました。

ところが、思った以上に、インスタグラム広告の費用について困っている人って多いんですよね。

今回はインスタグラム広告の出し方や、個人が出す場合の平均値などをシュミレーションする方法などについてまとめてみました。

インスタ広告費用は平均・相場はどれくらい?

インスタの広告費用の相場

大企業 月100万円以上
中小企業 月10万円〜50万円
個人・店舗など 月1万円〜5万円

インスタの広告費用の平均はどれくらいなのでしょうか。実は、かなり幅があって月額何千万円もだしている会社があったり、月額数千円しかだしていない会社もあります。

だいたい、平均的には10万円〜50万円程度という会社が多いと思います。しかし、個人や店舗さんでも広告を出すことはできるので、そういった方であれば5万円〜10万円程度が予算間になると思います。

ちなみに、100円や500円などから広告を出すことはできるので、インスタグラムでとりあえず広告を試してみたい問い方は、それくらいの小さな金額から試してみることもお勧めします。

インスタの広告費用は何で決まる?

インスタの広告は1人にみられたらいくら・・・クリックされたらいくら・・・などさまざまな指標で決まります。ただその金額が結局高いか安いかは、ずばり競争の激しい業界かどうかで決まります。

例えば、「不動産投資をしたい人」「転職に興味がある人」などはかなりの金額を商品に支払う可能性がありますよね。1人の問い合わせをゲットできれば、100万円以上の売り上げが期待できます。

ということは、それくらいの金額・・・たとえば1人の問い合わせを獲得するために99万円などを支払うメリットは企業にとってあるということです。特に上場企業など資本力のある会社はこういった場合でも、たくさん広告費をかけてくるので、そのへんの中小企業ではなかなか支払えない金額になります。

逆に、「石に興味がある人」とかお金にならなそうな分野であれば、1クリックあたり1円とか、かなり安い金額で獲得することができます。とはいえ、そんな人たちを集めてもビジネス上のメリットはないので意味がないんですけどね・・・

シンプルに言えば、儲かる業界は広告費用がとてもかかるし、儲からない業界は広告費用が安く獲得することができます。もちろん、エリアなどによっては穴場となる場合もあるので、その辺りは試してみないとわからない部分もあります。

インスタの広告費用以外にかかる費用

ちなみに、インスタグラムの広告以外にかかる費用ですが、

・撮影費用

・投稿作成費用(外注している場合)

・ホームページ作成費用

・広告運用代行費用(費用20%あたりが相場)

などが必要となってきます。外注もかなりしていくのであれば、出したい金額*30%ほどを見込んでおくと良いでしょう。

ということは、大企業の場合であれば、だいたい100万円*30%=130万円ほど。中小企業であれば10万円*30%=13万円ほどが広告出稿費用としてかかる計算になります。

もちろん、すべて自社で賄っても良いのですが、クオリティが低くなってしまったり、ノウハウがない状態でやるのはなかなか不安も大きいですよね・・・。

インスタの広告費用のシュミレーション方法

業界相場からシュミレーションしてみる

さて、Facebookが提供している業界的なクリック率の相場などが以下になっています。一般的なクリック単価は100円前後となっています。(高い場合は、1クリック500円、安い場合は10円程度と考えてください。)

ということは、以下の表から、求めるクリック数・クリック単価・クリック率などからある程度の予想ができると思います。

 

例えば、衣類のブランドの場合。

広告予算が100万円かけられるのであれば、1クリック100円として、平均値の1万クリック程度が見込めます。その場合のCVRが4.11%なので、10000*4.11%で、411件の商品の購入が期待できるということです。

その場合、

・顧客あたり利益が2000円の会社: 411*2000円=82万円

・顧客あたり利益が3000円の会社: 411*3000円=123万円

となりますので、顧客あたりの利益が3000円以上あるのであれば、インスタ広告を出した方がいい!という結論になります。もちろん、リピートなどもあるので、LTVを計算した上で広告費用を出すという選択もありだと思います。

業界 平均CVR
衣服 4.11%
自動車 5.11%
BtoB 10.63%
ビューティー 7.10%
消費者サービス 9.96%
教育 13.58%
雇用と職業訓練 11.73%
金融と保険 9.09%
フィットネス 14.29%
家の修繕 6.56%
健康管理 11.00%
産業サービス 0.71%
法的 5.60%
不動産 10.68%
小売 3.26%
テクノロジー 2.31%
旅行とホスピタリティ 2.82%

Facebookの広告出稿画面からわかる

また、Facebook、現在はMETAという会社名になっていますが、そちらの広告出稿画面からはだいたいいくらくらいの費用が発生しそうかというシュミレーションを見ることができます。

例えば、上記のような画面お場合、1日の予算が500円なら4000人〜1万3000人ほどに投稿を見られるということがわかります。ただ、あくまでも予測値ですので、実際にお金をかけて数十万円〜数百万円ほどテストしてみないとわからない可能性がかなり高いと思いますので注意が必要です。

インスタ広告は効果がないといわれる理由

インスタに適したビジネスかどうかが重要

インスタの広告をいくらだしても、もともとインスタに適したビジネスの場合は効果がでない可能性があります。

たとえば、ストローを販売している工場などがインスタで広告を出しても売れないと思います。インスタをよくみているのは、女性や若い世代の人たちです。

そういった会社がインスタグラムでいくら広告費をかけても回収できるわけがありませんよね。

また、もともと儲かりづらいビジネスの場合には、インスタグラムを利用したとしてもなかなか広告費をまかなうことはむずかしいともいます。

もともインスタグラムに適したビジネスか、あるいは、広告費をかけることで儲かりやすいビジネスかということはもっとも重要な点になります。

よいクリエイティブでプロが運用しているか

インスタグラム広告で結果を出すには、良いクリエイティブかどうかが非常に重要です。また、web広告などの運用経験がある人がしっかりと運用した場合と、素人がてきとうに運用した場合ではやはり結果が大きく違います。

そういったことを考えると、インスタグラムで結果を出せていない人は、

・すべて自分でやろうとして失敗している

・投稿などがダサくてお客さんから選ばれていない

などの可能性がありますよね。こういったプロの視点を取り入れることは結果を出す上では特に重要です。もちろん、ある程度運用経験がある方が運用している場合なら、この点は問題ないと思います。

人工知能が学習するまで期間は時間・お金が必要

また、一般的に「月額30万円くらいは広告費を出せないなら出す意味がない」といわれています。

インスタグラムに限らず、ウェブ上の広告費用全般に言えることです。それがなぜかというと、ウェブ広告は多くの場合人工知能が学習し、よりクリックや購入(CV)をしてくれそうなお客さんを探して学習するようになっています。

20代の女性の方が、より高額な商品を買ってくれるのであればそういった人たちによく配信されるようになるのです。

ただ、ある程度までは、30代女性、50代男性などさまざまな人たちに広告は表示されてしまい、それらの人たちには全く刺さらない可能性があります。

つまり、30万円ほどは費用がかかっていたが、ある月から月額5万円くらいでも同じような成果が出るようになる、あるいは、30万円の費用はかかるけど、大きく回収できるようになった、、というタイミングがくるのです。

こういったウェブ広告の仕組みを知らないと、「結果が出ないからやめたわw」というような結果になってしまう可能性はあります。

インスタ広告についてのまとめ

いかがだったでしょうか。インスタ広告について、一般的な相場や、シュミレーション方法などを解説しました。大体の場合は10万円前後くらいですかね。

10万円もかければ1000人程度の人にクリックをしてもらうことは可能だと思いますので、1000人がクリックした上で1人でもきてくれたら儲かるビジネスなら今すぐ出稿するべきだと思いますし、1000人のうち100人が買ってくれないと成立しないビジネスなら、なかなか出さない方がいいかもしれません。

もちろん、一概にはいえませんし、実際にだしてみないとわからないところでもあります。

こういったインスタグラムの悩みを素人が1人で抱えるよりは、SNSのプロにご相談される方がはやく解決する可能性が高いので、ぜひプロへのご相談をご検討ください!