MENU
depositphotos_62805977_m-2015

あなたの人生、それでも可能性は青天井

2016年10月28日 • Family, Mind & Heart, Work

30歳、35歳、40歳 節目の年齢が近づいてくると、これまで歩んだ道のりやこれからのことを色々と考えてしまいます。

30歳、転職する最後のチャンスになってしまう、結婚はどうしよう?
35歳、このままの仕事を続けて良いのだろうか?結婚できるか?子供はどうしよう?
40歳、心機一転仕事をリセットさせたい、子供はできるだろうか?
などなど。私自身、こんなことを考えながら10数年暮らしてきた気がします。

改めて文字にしてみると、女性にとって人生の方向性を決める大切な準備や決断をする時間が30歳から40歳位までの10数年間なのかもしれない、そう思いました。

確かに30歳前後からの10年間は人生の方向性が決まる大切な時間かもしれません。でも、その10数年を実際過ごし、結婚、出産、仕事という社会との接点を今も持っている私が30歳を目前にして焦っていた自分に伝えたい事、それは“そんなに焦る必要はない”ということです。

丁度30歳前後の私自身を振り返ると、もう自分の人生には先の可能性がないように思え、気持ちだけが焦っていたように思えます。30歳を超えると仕事を変えるチャンスが減る、30歳を超えると彼氏が出来づらい、などなど。でも、40歳を超えて周りを見回してみると、全然そんなことはありません。

30代でキャリアと経験を積み、40歳で新しい世界へ飛び込む人だっています。トレランやマウンテンバイクなどの新しい趣味と新しい仲間に出会い、羨ましい位にイキイキと日々を邁進している40代の女性もいます。40歳を超えても恋だって出来ます。

20代後半から40歳にかけて色々悩み、模索した結果、今があります。でも人生には答えが1つとは限らないのです。例え、“今”を満足感と共に過ごしていたとしても、そうではない“幸せのカタチ”があったのかもしれません。

鏡を通して見えた自分の姿は、自分の生き方が作り上げています。幸せな人は不幸な顔はしていません。あなたの外見はオギャーと生まれた時には決まっていたものではなく、歩んできた道、趣味、嗜好、など様々な要因が重なり合って作りあげられてきました。

だから、生き方によっては全く違う雰囲気の女性になっていたのかもしれません。どんな選択肢があっただろう? 想像すると面白いですね。要は、20代後半から40歳は確かに大切な時期かもしれません。でも、焦って苦しくなってしまうのであれば、“今しかない”なんて考えないでくださいね。ちゃんと道は用意されています。しかも沢山の道が分かれています。人にはそれぞれ“時期”があります。

だから、その時期をきちんと見極めること。そして、正しい判断が出来るよう、自分の好きな自分でいられるよう、小さな努力を忘れないでください。
そう、あなたの人生、これから可能性でいっぱい、青天井です。


« »