MENU
一人暮らしで少しだけ自分勝手になれることの楽しさ

一人暮らしで少しだけ自分勝手になれることの楽しさ

2014年4月23日 • Mind & Heart

私は28歳。この度初めて、自分のお金で家賃を払って一人暮らしをすることになった。

嬉しいけれど、怖い気持ちもある。28で一人暮らしをするのが遅いのか早いのか分からないけれど、お金がかかるからか、アメリカではルームメイトがいるのが普通で、一人暮らしをすることは年々稀になってきている。物価の安い町に住んでいたとしても、一人暮らしをできるだけの余裕ができる頃には同棲する相手がいることが多いものだ。

私は誰ともシェアすることのない自分の空間を持てることが嬉しくて仕方がない。アパートに住むこと、家具を持つこと、自分の空間を好きなようにアレンジできること、そんなシンプルでありふれたことがとても新鮮でエキサイティングに感じる。これまで実家や寮、シェアハウスなどに住んでいた私は、人のお皿を使ったり、同じスペースを他の人とシェアするのが普通だった。だから、例えばリビングにコップを置いたままその場を離れると、戻った時にはコップがないことも多かった。でも自分の好きなお皿やベッドを選べることにワクワクする。(支払いの部分は別として)何をどこに置いても誰にも動かされることがないのも、不思議だけれど素敵な感覚。

今までずっと他の人のために時間を費やしてきたとか、自分の欲しいものを手に入れるチャンスがなかった、と言うつもりはないけれど、一人暮らしという自由が手に入ることを幸せに思う。自分勝手ができる一人暮らし。自分の好きなように作ることができる空間。だからこそ、居心地がよくて、心休まる時間を過ごすことができるに違いない。

 

【英語原文】(クリックして表示)

Title: The Fun of Being a Little Selfish, When Living Alone

I am 28 years old, and for the first time in my life I will have my own apartment that I pay for entirely with my own money.

It’s a nice feeling, if also a scary one. I’m not sure if I am doing this sort of thing later than most people do, or earlier, or if it even matters. Especially in the U.S. I think it is becoming more and more unusual for people to have the money and circumstances to live alone. Even if you live in a cheaper city, by the time you can afford a one-person apartment, you might be in a relationship that means you are living with a person you choose to rather than roommates out of financial necessity.

I’m glad that now that I have the chance at my very own space that I don’t have to share right away. Even though I know that these are simple everyday things–living in an apartment, owning furniture, being in control of my own space–it feels exciting because it’s new. I’ve always slept in beds that my parents or the dorm or the sharehouse already had. I’ve always used dishes that my roommates already owned. I’ve always had other people roaming in my same space, so if I put down a glass in the living room it might be somewhere else, moved by someone else, by the time I see that glass again. How fun to be able to pick my own bed and dishes and everything else according to whatever I want. (It’s not as fun to pay for them, but there’s no way to escape that.) How weird but nice that when I put things down they will stay exactly where I left them.

Though I would never say that I have spent all my time up until now doing things for other people, or that I haven’t had a chance to really choose what I want, this new little bit of freedom is nice. I can be selfish in really mundane, silly ways. This space can be just how I want it, and I can feel more comfortable and at home because of that.

翻訳:宮崎路子


« »