MENU
自分に自信がない人へ 「どうせ私なんか」はやめにしよう

自分に自信がない人へ 「どうせ私なんか」はやめにしよう

2016年6月13日 • Mind & Heart

自分に自信がない。
自分のことが好きになれない。

気がつけば「どうせ私なんか」が口ぐせになっている。
「自分なんて」という思いが、自らの中でダメな自分をつくり出してしまいます。

もう自分のことを傷つけなくていい。
自信なんてなくていい。

大丈夫、そのままのあなたでいい。

投げかける言葉が自分をつくる

言葉には力があります。

普段から自分自身に投げかける言葉は心に大きな影響を与えます。
何度も繰り返し語られる言葉は、自分の中に思考のクセを形づくるのです。

いつも自分に対して「ダメだ」「無理だ」「できない」と、言っていると本当にできなくなる。
知らないうちに自ら発した言葉に近づくような行動をとってしまいます。

できないと、ほらやっぱりダメだったと納得する。
できたらできたで、おかしい、たまたま上手くいっただけだと否定します。

人は自分が正しいと思いたい。
「どうせ私なんか」という想いが「ダメな自分」をつくり出すのです。

「自分にできるわけがない」
「私なんかが愛されるはずがない」

もう自分自身を貶める言葉をやめてみましょう。

どうせなら、向前きになれる言葉を選びましょう。
その方がきっと楽しく生きることができますから。

「どうせ私なんか」をやめる

自分のことを傷つけなくていい。
自分自身を苦しめるのは終わりにしましょう。

「ダメな自分」なんてどこにもいません。

できないことがあってもいい。
理想の自分を演じて違う誰かになろうとしなくていい。

他人と比較する必要なんてない。

ほんの少し考え方を変えるだけでいいのです。
必要なのは今のままの自分でいいと思えるようになること。

それは自分をごまかし、本心を偽ることではありません。
無理に思い込もうとすることでもありません。

どんな自分もありのままを受け入れることです。

大丈夫、そのままのあなたでいい。
あなたには、あなただからできることがある。

自分に自信がない人へ

足りないものばかりを探しているから、足りないように感じてしまうのです。
今の自分を認めてあげよう。

自分に自信が持てないのは何か足りないからではありません。
自信を手に入れるために何かができる必要もない。

「これさえあれば自信が持てる」
「これさえできれば自分を好きになれる」

そうやって何かに依存した自信は簡単に崩れてしまいます。
自信を保ち続けるためにずっと走り続けなくてはいけなくなる。

自信なんてなくていい。
格好悪い自分も、弱い自分も、すべて含めてあなたです。

無理に自分を飾り付けても息苦しいだけ。
思い描いた理想と違っても、あなたはあなたのままでいい。

ありのままを受け入れれば、どんな自分だって愛することができるはずです。


« »