MENU
幸感力を育むヨガの“安定”と“快適”

「幸感力」を育むヨガの“安定”と“快適”

2016年7月19日 • Mind & Heart

一般的に知られているヨガのポーズ(アーサナ)の練習を始めると、体の変化だけでなく、心の安定や意識の変化を感じられるようになり、シンプルで自然な状態に心地好さを感じる人も多くいます。

聖典ヨーガ・スートラⅡ-46
『アーサナは安定して快適なものでなくてはならない』

瞑想で何時間でも座っていられる心と身体を作るためにアーサナがあります。痛くならない身体は、どっしり大地に根ざして中心に安定することができます。注意力散漫な意識をとどめておく集中力も養われます。いつでも瞬時に自分自身の“安定”と“快適”を見つける練習です。

聖典ヨーガ・スートラⅡ-48
『その時、二極の対立物によって害されない』

日常に当たり前にあふれている、好き嫌い、良い悪い、損得などの二極に対立する思いに左右されることなく“超えていく”ことが出来るようになると、自我を克服して調和で平安な毎日を生きられるようになります。

両方向を感じるバランス

身体を使うヨガを“ハタヨガ”と言います。「ハ・タ」とは、陰・陽、月・太陽といった二極を意味します。

吐く/吸う、手放す/取り込む、伸ばす/縮める、とどまる/広がる、余分な力を解き放つ/コアを養う、集中/リラックス、思い/行動など、二極の中でバランスを取ることで中心を感じて安定していきます。

凝り固まった筋膜をゆるませて、心もゆるませると、かたよりが解放されて調和へ向かいます。強くしなやかな軸が安定すると、物事には常に反対側があるということを理解でき、受け入れると違和感がなくなり、静かでいられる“ただ在る”状態です。

時間や空間、様々な人との関わりの中で、両方同時にある、両極があることを知りながら、自分の軸を大切にして選択する生き方は快適でいられます。

私たちは、これがあれば幸せ、こうなったら幸せ、と思います。実際にそうかもしれません。でも、それがなくても、そうならなくても、幸せはあります。“ないもの”と同時に“あるもの”に気づけるようになると、いつも幸せです。

心の中に「幸せ」と「ありがとう」をたくさん見つける

あなたが受け取ったものは、同時に生み出してくれた・創りだしてくれた・与えてくれた人が必ずいます。あなたが手放さなければいけなかったものは、誰かの喜びにつながるかもしれない。嬉しさや幸せや感動と、悲しみや悔しさや涙、すべては同時に存在していて、「誰かのおかげで」「誰かのために」が大きな流れの中で生み出され、育まれ、支えられ、助けられ、守られていることに気づけます。

いつも、誰かが自分にしてくれたことを思い、自分が誰かにしてあげられることを考え、それが自分の喜びや幸せにつながることを知ると、感謝と幸福が循環していきます。惑わされず、とらわれず、色々なことから解放されると、広く大きな視界で自分や物事を見ることができて、つながり広がりを感じる優しい心があふれます。

謙虚になり、大切に扱うこと、愛しく思うこと、感謝すること、喜びを感じることは、心が満たされ、魅力あふれる豊かな人生となります。真実を見抜く力、本質を見極める力がどっしりと安定すると、“受け入れる”健やかさ、強さ、頼もしさとなり、人生を何倍も楽しいものに変えられる力となります。

エゴから起こる不安や恐れや比較や支配ではなく、本質に触れた平穏と調和や安定や快適な状態で、今この瞬間に感謝の気持ちを味わう日々を過ごしていきましょう。


« »