MENU
ワードローブの傾向を知って、お買い物上手になろう

ワードローブの傾向を知って、お買い物上手になろう

2014年5月2日 • Fashion, Shopping

毎日の寒暖差が少なくなり、季節は暑い夏へ向かっていますね。夏のファッションは色やデザインがバラエティーに富み、価格もリーズナブルなので、あれもこれも欲しくなってしまいます。夏のファッションを楽しむ前に一呼吸。ワードローブをチェックしてみてはいかがでしょうか?

ワードローブをチェックする時、一番大切なことは全ての洋服を出してみるということです。自分がどんな洋服を持っているのか客観的に見てみましょう。そして、3つに分類してみましょう。

1. ここ数年着た覚えのない洋服、もしくは着ても気分の上がらない洋服
2. 気に入っていたけれど、着古し感を感じる洋服
3. 今年の夏も活躍させたい洋服

あまり真剣に考えず、直感を信じましょう。

3つの中で一番注目したいのは、実は1.”ここ数年着た覚えのない洋服、もしくは着ても気分の上がらない洋服”です。なぜなら、これらはあなたの好みであると同時にあなたを素敵に見せてくれない洋服である可能性が高いからです。まずはパーッと並べて、1枚の写真に収めてみましょう。何か気づくことはありませんか?“黒ばっかり!”“渋い色が多い”または“パステル系ばかり”など色に特徴があるかもしれません。また、ネックラインがラウンドネックやVネックなど偏っていたりしませんか?ガーリーだったり、逆にクールだったりテイストに偏りはありませんか?じっくり分析してみると面白いようにあなたの買い物の落とし穴がみえてきます。せっかくですから撮った写真は手帳に挟み、お買い物の前に一度チェックしましょう。そうすることで、同じ失敗は二度繰り返さない。そして箪笥の肥やしを減らすことができます。

次に、3.”今年の夏も活躍させたい洋服”を分析しましょう。トップス、インナー、ボトムスの数、色とデザインなど。数を把握することで、次にどのアイテムを買い足さなければならないか明確になります。また、色やデザインを把握すると似たようなものを買ってしまうことを防ぐことができます。時間に余裕があれば、コーディネートの妄想を楽しみましょう。この“トップスとパンツだったら、中にピンクのインナーを入れたら素敵だろうな~!”など。いくつものパターンを妄想することができるということは、あなたのファッションコーディネート数が増えているということです。例え同じトップスとボトムスの組み合わせでも、インナー1つ、アクセサリー1つ変えるだけで全く違ったイメージをつくりあげることができます。固定概念を持たずに色々な組み合わせパターンに挑戦してみると、ファッションの幅に広がりを持たせることが出来るようになります。

2.”気に入っていたけれど、着古し感を感じる洋服”。あなたの好みであると同時に素敵に見せてくれる洋服です。似たものがあればラッキー! 積極的に購入しましょう。

100着の洋服を買っても実際に稼働するのは30着しかない、と言われています。その多くが、お店で”かわいい!”と思って手に取ったものの、自宅の鏡に映る自分の姿が好きになれない洋服です。でも、稼働する30着を40着にも50着にも増やすことは出来ます。それはあなたが自分の買い物の傾向を分析して、買うべきものとそうでないものの分別の物差しを持つこと、そしてファッションコーディネートを積極的に楽しむことです。

この夏は、賢く楽しくおしゃれを楽しみましょう。


« »