MENU
131029

ココロを贈る~心地よいGIFT~

2013年10月29日 • Mind & Heart, Work

私が新入社員の頃に出会った常務はまさに、「実るほど頭が下がる稲穂かな」そのもの。その方の周りにはいつも笑顔があふれていて、喜んでついていく人ばかりでした。私は社会人としてスタートしたばかりの頃にそのような方と出会えたことをとても幸せに思いますし、その方から学んだ精神は色あせることなく今でも私の中にあります。

でも、その常務の周りにはなぜ笑顔があふれ、喜んでついていく人が多かったのでしょうか。きっと、どんな時でも、そして誰に対しても、あたたかい対応をされていたからなのでは、と私は思っています。例えば、その方はアルバイトの子から役職のある方まで、従業員すべての人に「さん付け」で接していらっしゃいました。決して上からではなく、“大切な人”として接してくださるのです。皆に向けるその方の笑顔はあたたかく、心までポカポカとして……その方と接すると皆がのびのびとした笑顔になっていました。私はその方から、すべての人に大きな心で接するという大切なことを教えていただきました。そして、誰の心の中にも天使と悪魔の両方がいるのだから、その方を見習い、たくさんの天使を呼び出してあげることが出来る人になりたい、と思ったのでした。

とはいえ、すべての人に大きな心で接するには、相手を「信じる」ことが必要です。でも、「信じる」とは、とても勇気が要ることです。私の尊敬する別の上司が言っていた言葉は「たとえ、最後に裏切られる結果になっても、信じた自分と信じなかった自分、どっちが後悔する?オレはどんな時でもどんな結果でも信じる自分でいようと思う」と。その言葉を聞いて思ったのは、その見返りを求めない気持ちは、結果はどうあれ相手の心には届くはずだということ。“信じてくれた”それだけで絆はさらに深くなり、形を変えて自分のところへ返ってくるのです。

私はこれまで、涙がこぼれそうになる「ありがとう」をたくさんいただきました。いつでも心のこもった「ありがとう」をくれる方たちのおかげで、この経験から学んだのは「ありがとう」はココロを贈ること、ということでした。人から「ありがとう」と言われた時、“相手の喜ぶ顔”を感じてモチベーションがあがりますが、さらに、自分が「ありがとう」を伝えたとき、相手の表情がキラキラする瞬間に最も喜びを感じるようになりました。まさに、“心が届いた”瞬間です。そして、この喜びがクセになり、ひとつひとつの「ありがとう」に心を込められるようになったのです。

いつも「ありがとう」って言えていますか。当たり前のことほど感謝の気持ちを持つとココロが豊かになります。お醤油をとってもらった時の「ありがとう」とサプライズで誕生日のお祝いをしてもらった時の「ありがとう」……同じ言い方でしょうか。どんな時も心のこもった「ありがとう」を言いたいですね。

そして、笑顔が素敵だね、仕事が丁寧だね、風が気持ちいいね、今日もごはんが美味しいね、おはよう、いってらっしゃい、いってきます、おつかれさま、ただいま、おかえり、おやすみ……「ありがとう」と言わなくても「ありがとう」の気持ちを乗せた言葉をいつでも使えようになりたいですね。

“もらう幸せ”から“与える幸せ”へ……いつでも感動を伝える気持ちを大切に。


« »