MENU
食べ過ぎ予防にも!? 良質なオイル「グッドファット」を摂るべき7つの理由

食べ過ぎ予防にも!? 良質なオイル「グッドファット」を摂るべき7つの理由

2017年1月11日 • Food & Drinks

オイルは太ると心配するのは、もはや時代遅れ! サラダ油やマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸や、酸化した質の悪い油を摂り続けていると、老廃物になりやすく体重増加に拍車をかけてしまいますが、「良質な油=グッドファット」からは身体と脳とメンタルに嬉しい効果がたくさん得られるんです。

おすすめのグッドファット5選

ここ数年、米国では研究が進み、今やグッドファットを積極的に摂る健康ブームが巻き起こっているほど。そこで、私WOONINが日常摂取している、女性におすすめのオイルをご紹介します。

①グラスフェッドバター…牧草飼育の牛のミルクからできたバター。抗酸化物質、カロテン、酪酸塩を多く含んでいます。

②MCTオイル(中鎖脂肪酸オイル)…中鎖脂肪酸100%オイルのことで、脂肪燃焼を促す作用が秀でています。特に100%ココナッツオイル由来がおすすめ。

③エクストラヴァージンオリーブオイル…コールドプレス製法で搾ったオレイン酸が主成分の、エクストラヴァージンを選びましょう。

④生クルミ…ローストされていないもの。体内で作ることができないオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。

⑤アボカド…オレイン酸、ビタミンA,C,Eを豊富に含んでいます。

グッドファットが女子に必要な7つの理由

グッドファットがもたらしてくれる嬉しい効果を7つご紹介します。私は食事のたびにグッドファットを必ずたっぷりと摂り続けており、スタイルキープの強い味方です。

1 女性ホルモンの材料

女性らしいボディライン、美肌、艶髪を作り、気持ちを前向きにする働きをもつ女性ホルモン。その女性ホルモンを作るのに欠かせないのが良質な油です。女性ホルモン分泌量は加齢とともに減少するため、年齢を重ねるごとにグッドファットの摂取量を増やしていくのが理想的。
◎おすすめオイル:上記すべて

2 余分な脂肪を燃焼

良質な油は筋肉を残して脂肪燃焼する働きがあります。私自身もグッドファットを摂取すればするほど、お腹周りの引き締まりを実感しているので、ボディメイキングやスタイルキープに欠かせません。
◎おすすめオイル:グラスフェッドバター、MCTオイル

3 内側から艶肌、艶ボディへ

グッドファットを摂ると、年齢とともに低下する新陳代謝がアップ! 細胞の生まれ変わりも活性するので、肌の弾力やハリ感が増してくるのを実感できます。身体の内側からの美容液としてたっぷり摂取しましょう。
◎おすすめオイル:上記すべて

4 冷え防止対策

良質な油は代謝を上げるので、身体を温める効果も期待できます。寒い季節でもスムージーやサラダにグッドファットをたっぷりと使用して食べると、身体が冷える心配がありませんよ。
◎おすすめオイル:上記すべて

5 美腸デトックス

特にエクストラヴァージンオリーブオイルに含まれるオレイン酸は、小腸に溜まっている老廃物を排出する働きがあります。また、グッドファットは善玉菌のエサとなるため、腸内フローラが整い、便通改善にも繋がります。
◎おすすめオイル:上記すべて

6 脳への栄養

グッドファットは、60%が脂肪酸でできている脳への栄養になると言われています。記憶力・集中力を高めて、日々のパフォーマンスもアップします!
◎おすすめオイル:グラスフェッドバター、MCTオイル、生くるみ

7 食欲コントロール

脳の栄養になるグッドファットを摂取すると、脳がちゃんと満足するのでイライラが減り、情緒が安定することにより食欲も満たされます。次から次に食べたくなる無駄な食欲を抑えることができるので、ダイエットにも効果大。
◎おすすめオイル:上記すべて

自分の身体や気分がどのように変化していくのかを意識しながら、驚きのグッドファットを取り入れた食生活をぜひ送ってみてください。

参考文献:
Mark Hyman,MD『EAT FAT, GET THIN』
Dave Asprey『THE BULLETPROOF DIET』
August Hergesheimer『油を変えて頭も体も若返る!』

プレゼンター:WOONIN(スーパーフード&ライフスタイルクリエイター)

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。

« »