MENU
バランス感覚を養って、五感美人を目指してみませんか?

バランス感覚を養って、五感美人を目指してみませんか?

2014年4月16日 • Health, Mind & Heart

春が来ると、毎年思うことがあります。それは「生かされている」ということ。私は26歳の4月、くも膜下出血を患いました。大手術を経て今に至るわけですが、病気をしたからこそ、健康のありがたさ、そしてバランス感覚の重要性を実感しています。当時は遊びも仕事も……と全力投球。私は全力投球するあまり睡眠時間を削っていき、その結果として、病気になりました。

「睡眠時間を削る」という点も、睡眠バランスを崩していた、ということになります。体にとって何が必要か、体が発していたサインを無視した結果です。このバランス感覚は人によって異なります。睡眠も、睡眠時間の多い方が生き生きする方と、睡眠時間がなくても生き生きする方といるからです。まず自分のバランスの軸がどこにあるのかに気づき、バランスを平衡に保つのです。

そしてバランスこそ「五感美人」には大切な要素です。バランス感覚を養うためには自分に備わった「五感」を活かす必要があるのです。ちなみに、「五感美人」とは、私たちが持つ「五感」をしっかり活かして、毎日を楽しく生きている人のこと。バランス感覚を持つということは、自分の軸(自分の思考)以外にも他者を認め、受け入れるという点にも繋がってきます。自分と他者の違い、十人十色であることを頭で理解するのではなく、心の奥・潜在的意識で理解することで毎日を楽しく過ごせます。

生活をしていく中で、自分の心身が「心地いい」と思えるポイントと、周りから影響を受けるヒト・コト・モノをTPOによって選択しながら変えていきます。齢を重ねるごとに思考は固まりがちです。そんなときこそ、五感を活かしバランス感覚を養うことで、柔軟に自分と、そして他者と向き合いながら心地良い関係を築くことができます。

バランス感覚を保つための軸、ありますか?


« »