MENU
【レンチンレシピ】インスタ映えもする鮭とたっぷりきのこのダイエットごはん

【レンチンレシピ】インスタ映えもする鮭とたっぷりきのこのダイエットごはん

2016年10月7日 • Food & Drinks

たのしい夏とはしばらくお別れ。おいしい秋さん、こんにちは。
涼しくなって食欲も回復。旬な食材をせっせと胃袋へと運ぶ日々を過ごしてはいませんか? 旬を味わってこその日本人。もりもり食べるのはいいことだけど、やっぱり気になるのは体重増……。

さぁ今日は、盛り方の工夫で見た目満腹度をあげて、ずぼらに痩せるごはんにしましょう!

炊き込みごはんにおかずを添えると食材たっぷりでカロリーオーバー。そんなときは、炊き込みごはんの具材を別にして、自分で混ぜながら食べればなんだかおしゃれだし、時間をかけて食べられるので少なめごはんでも満腹な一食に!ワンプレート風でInstagramにも素敵に投稿できますね。

ワンプレート盛りで見た目も可愛い! 鮭ときのこの”あとまぜ”ごはん

材料

・炊いた玄米 茶碗半量ほど
・塩鮭 1切れ
・お好みのきのこ数種類 両手いっぱい位
(写真例:しいたけ2本、えのき1/6袋、まいたけ半パック、エリンギ1本)
・めんつゆ 大さじ2
・バター 少々
・生姜チューブ 少々
・青ネギ、ごま、鰹節、のりなど お好みで

作り方

1. 耐熱皿にバターを塗った鮭をのせ、ラップをかけてレンジで2〜3分加熱する。

2. 好みのサイズにしたきのこも耐熱皿にのせ、めんつゆ・生姜をかけてラップをし、レンジで2〜3分加熱する。

3. お皿にごはん、きのこ、ほぐした鮭を盛る。

4. お好みで薬味をのせたり添えたり! 自分なりのセレクトでどうぞ。

食物繊維たっぷりでカロリーがほぼ無い、ダイエットの味方きのこ様をたっぷりご堪能あれ。具材を多めにすれば、かさ増し効果でごはんは少なめにできるはず! 思い切ってきのこはたっぷり用意しましょう。白米も良いけど、ダイエットにはビタミンたっぷりの玄米がオススメ。

きのこの切り方、鮭のほぐし方を細かすぎずザックリにすれば、たくさん噛むのでなお良いです。薬味を足しながら味の変化も楽しんで、優雅なカフェ風ダイエットタイムをどうぞ!

illustration&photo:小鳥遊しほ
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。


« »