MENU
自らを分け与えることで、勝手に自分になっていく

自らを分け与えることで、勝手に自分になっていく

2017年1月5日 • Love & Relationship, Mind & Heart

何の為に生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて そんなのは嫌だ!

何が君の幸せ? 何をして喜ぶ?
解らないまま終わる そんなのは嫌だ!

時は早く過ぎる 光る星は消える
そうだ!嬉しいんだ生きる喜び
今を生きることで 熱いこころ燃える
だから君は行くんだ微笑んで

~『アンパンマンのマーチ』 作詞 やなせたかし 作曲 三木たかし~(中略)

自らの顔を分け与え、たくさんの人の笑顔を作り出すヒーローは大切なメッセージを伝えてくれます。“使命”とは自分の命をどう使うかということです。自分の時間やエネルギーを“幸せ”“喜び”“こころ燃える”ことに使うと、みんな勇気と優しさのヒーローです。

いま、あなたが喜んでしたいことで、周りの笑顔が広がっていくこと、なんでしょう?

ベルギーの天才学者イリヤ・プリコジンは「開放系の熱力学」でノーベル賞を受賞しました。これは、生命とは単独で個としては生きられない開放系であり、量子学的にも私たちは関係性の中で”存在”できているそうです。1人だけど1人じゃない。1人だけど、1人では生きられない。あなたがいるから、私がいる。みんなのおかげで、私が存在するということ。 1

「自分」という字は“自ら”を“分け与える”

「呼吸」とは文字どおり“吐いて”から“吸う”。「出入り口」も“出る”から“入る”。自然の法則ではまず、与えること。それが受け取る準備。「ブーメラン」という宇宙の法則だと、与えたものが自分に返ってくるのだそうです。 2

信頼したら、信頼が返ってくる。感謝したら、感謝が返ってくる。愛情を送ったら、愛情が返ってくる。だから、反対もしかりです。

「人生は平泳ぎ」という話もあります。“ちょーだい!ちょーだい!”と欲する生き方では水を手前に集めるだけで前に進めない。“どーぞ♪どーぞ♪、いーからいーから♪”で与える生き方では自然と水をかき分けて勝手に進んでいく。

あなたは何を与えますか? 買い物や募金、献血、あいさつ、ありがとう、笑顔や思いやり。優しい言葉や応援したりするパワー。あなたがいま、自分に出来ることで与えること、たくさん出来ます。自分に出来る精一杯のいまを喜んで与えていけたら、勝手に“自分”になっていくのです。

ギブ&テイクではなく、ペイ・フォワード

仕事や役割を通して“行いのヨガ”をしていくカルマ・ヨーガでは、結果や見返りや期待という自我を手放して、ただただ行為そのものに集中していく“無執着(ヴァイラーギャ)”と“自己放棄(プラパッティ)”を修練(アビヤーサ)して自己の浄化や内なる平安・喜びにつながっていきます。

信愛と献身による感性のヨガであるバクティ・ヨーガにおいては、ギブ&テイクという自己愛や駆け引きはガウニー(準備)の段階とされており、 “自己放棄”は 最高の魂の浄化で、自分の思い・都合や楽しみという執着を超えた“慈愛”の世界を目指します。真の愛は取り引きせず、恐れず、比べることなく、あかしを必要としない“無条件”“無償”に捧げられるものです。

あなたが誰かから受けた恩を、その相手だけではなくて、また別の人に贈る“恩送り”のことをペイ・フォワードと言います。そうしてまた、その恩や愛を受けた人がまた別の人へ渡していくと、優しさや喜びはどんどん広がっていくのです。

あなたのニコニコがつながり、あなたのゴキゲンが伝染して、たくさんの笑顔の花が咲きますように。

脚注:

  1. ・日本メンタルヘルス協会プロフェッショナルコース「トランスパーソナル心理学」の講座テキストより
  2. ・名言セラピー【ザ・ブーメラン!】/ひすいこたろうメルマガより

« »