MENU
【週末ごほうびレシピ】オレンジとカルダモンのローチョコレートムース

【週末ごほうびレシピ】オレンジとカルダモンのローチョコレートムース

2015年3月27日 • Food & Drinks

先月はバレンタイン期間ということもあり、バーやボンボンショコラなど、ローカカオバターを使った、かちっとした固いローチョコレートをたくさん作りました。

ローカカオバターをテンパリングして仕上げるローチョコレートも、お菓子作りが好きな方にぜひ試していただきたいレシピですが、もっと手軽に手早く作りたいときは、フレッシュな果物を使った、ムースのように柔らかいローチョコレートレシピもおすすめです。

今回は、アボカドを使ったローチョコレートムースをご紹介します。ムース状のローチョコレート、たべたことはありますか? 食材を撹拌するだけなので、結構かんたんに作れるのです。また、ローケーキやボンボンショコラのように冷蔵庫で固まるのを待つ必要もなく、作りたてをすぐたべれるのも嬉しいところです。

従来の濃厚なチョコレートムースの多くは、生クリームや卵黄を使っています。今回のレシピでは、ローフードに対応するべく、生クリームの代わりにアボカドを、卵黄の代わりにチアシードを使ってみました。

オレンジとカルダモンのローチョコレートムース
 
下ごしらえの時間
調理時間
合計時間
 
作者:
分量: 2人分
材料
  • みかん 1個
  • アボカド 1/2個
  • フレッシュデーツ 2個
  • ローカカオパウダー 大さじ3
  • チアシード 小さじ1
  • カルダモンパウダー 小さじ1/4(オプション)
  • 塩 ひとつまみ
作り方
  1. みかんは皮をむき、房に分ける。種があれば取り除く。
  2. フレッシュデーツは種を取り除く。
  3. みかん、フレッシュデーツ、チアシードをフードプロセッサーに入れ、よく粉砕する。
  4. ローカカオパウダー、カルダモンパウダー、塩を_加え、全体に混ぜ合わせる。
  5. アボカドの果肉を加え、さらに撹拌し、全体に混ぜ合わせ、ムース状にする。
  6. 小さめのジャーやココット皿に移し、お好みの生ナッツや種子類をトッピングしてできあがり。

「チョコレート+柑橘+スパイス」の組み合わせが好きなので、今回はローカカオパウダー、みかん、カルダモンを使ってみました。

ローカカオパウダーは、焙煎していない生のカカオ豆から、脂質を取り除いた繊維質をパウダー状にしたもの。チョコレート風味にムースをまとめてくれるだけでなく、スーパーフードであるカカオに豊富に含まれる抗酸化物質やミネラルをそのまま摂取できます。

甘みづけに使ったフレッシュデーツは、様々なナチュラルスイーツに使える万能ドライフルーツ。デーツの種はとても固いために調理器具の刃を傷つけるので、果肉から取り除けているか、確認してください。

アボカドの青味が気になるときは、ローカカオパウダーやカルダモンパウダーの量を加減して調節してみてくださいね。

小さめのフードプロセッサーを想定したレシピですが、スティックブレンダーでも作れます。ミキサーで作る場合は、少量の水を加えながら、材料を撹拌しやすい状態にしてみてくださいね。

柔らかいローチョコレートレシピ、ぜひ楽しんでみてください。


« »