MENU
ないものよりあるもの、得ることより残るもの、足すより引いてみよう

ないものよりあるもの、得ることより残るもの、足すより引いてみよう

2015年11月4日 • Mind & Heart

あなたはいま、何が足りないと感じていますか? もし、それがあれば“あなた”になれるのでしょうか? でも、それがなくても、“あなた”は“あなた”なのです。

何か足りない、何かになろうと、“ない”に意識を向けて、自分以外の何かになろうとしている時、心は絶えず忙しく、落ち着かず、「今に生きていない」のです。さらに、“ない”に意識を向けていると、“ない”現実が創られます。“ある”ことに喜びと感謝を感じて生きていると、そのワクワクは広がったり、集まってきたりします。意識を向けた方にエネルギーが集まり、意識があたることで現実化します。思ったものが現実になるのです。世界は、自分が見ているように見えるのです。

何に意識を向けますか? “ない”という不安?恐れ?それともすでに“ある”という喜び? ワクワク? あなたのエネルギーを消費するのか? 満たすのか? 素直な自分の内側を感じて、それに従ってみましょう。

もしあなたがエネルギー不足で疲れてしまっているのなら、その内側の声を聞けないほど、外へ外へ「何か」を求めているかもしれません。また、悩みや問題が外側にあると考え、変えようとしたりコントロールしようとしたりして無理をしているかもしれません。不安や心配や恐れはエゴの声です。そんな無理を手放してみると、迷いがなく、苦が苦ではない本当の自分の心の声にたどりついて、心は静かで穏やかで満たされていきます。

ヨガはそんな自分の違和感や不自然を気づかせてくれます。自分の内側で何が起こっているか、呼吸の状態、血液の流れ、硬さや痛み、緊張や滞り、解放や自由、気持ち良さや覚醒……体と心に寄り添うことで自分自身と対話をして、起こっていることを把握していきます。感じる練習、手放す練習、自己に触れていく練習。滞りのない心身は、執着やとらわれに気づき、放棄し、消えていき、自然と生まれなくなります。

悲しみ・苦しみがない人はいなくて、それも自分の大切な一部として生きていく強さが養われ、認めてあげることができます。抱えてきた感情や経験、思考パターンをスッと手放してあげられる許しと癒しで浄化されていき、迷いや不安はなくなっていきます。

たくさん泣いた人の目は透き通っていて、その笑顔は純粋で美しいです。泣きたい時はいっぱい泣こう。ガマンをすると、それは身体の細胞に溜まっていきます。あなたの心と身体を硬くします。手放せないなら、そのままでいい。怒りも悲しみも不安も恐れも消そうとしないで、ほっときましょう。そこに“ある”と知っているだけ。それ以上でもそれ以外でもないのです。

ずっと笑顔で生きてきた人なんていません。だれもが、それぞれの人生を一生懸命に生きています。だから、その向こう側を見て、感じて、思いやる。自分の目に見えるものだけで判断せずに「わたし」を手放していきます。

いつでも過去から自由になれます。私たちは悩むために生きているのではなく、それを通して感謝や謙虚さ、心の温かさ、豊かさに気づき、そのシアワセな気持ちが自分や周囲の笑顔につながる。そのために悩みが訪れるのです。だから、自分の知識や経験を「知恵」に変えて、誰かの笑顔につながりましょう。

今の自分を認めながら努力をするのと、否定しながら努力をするのとでは、その人の放つ輝きが違います。今の自分を否定しながら向かっている時は、あなたは“今”にはいなくて、未来という空想の世界にいます。今の自分を認めながら、信じてワクワクで向かっていることは“いまここ”を生きています。その成長から得るもの、広がるものが結果として表れるようになります。

あなたに足りないものはなくて、大切なのは、今あるこの瞬間にシアワセを感じること。周りの人は違うことを言うかもしれないし、世間一般はそうじゃないかもしれない。でも、あなたがシアワセなら、それが真実です。だから、今すぐあなたはシアワセになれるのです。

あなたがあなた自身を生きることで、感謝が増え、周囲もシアワセにしていることに喜びを感じましょう。あなたが笑顔なら、周りも笑顔。あなたがHappyなら、私もHappy……そのエネルギーはつながっていきます。

あなたが外の世界にとらわれず、自分との響きあいで浄化されて、周囲と共鳴していけますように。


« »