MENU
セルフポートレートのススメ

セルフポートレートのススメ

2013年11月6日 • Beauty, Fashion

みなさんは最後にフォトグラファーに写真を撮ってもらったのはいつですか? 結婚式、成人式、ずーっと遡って七五三、なんて方もいらっしゃるかもしれません。最近ではSNSの普及により、自分の写真をアップする方も増えてきて、フォトグラファーに写真を撮ってもらうことも気軽になってきました。

私が初めてフォトグラファーに写真を撮ってもらったのは7年ほど前。偶然、女性ファッション誌で鎌倉でのライフスタイルが特集された時のことです。朝から、スタッフとフォトグラファーが我が家にきて、撮影が始まりました。当時、私は先の見えない自分に自信がなく思い悩んでいましたが、雑誌に掲載された私の姿はイキイキとしていて、勇気をもらいました。外から見た姿はこんなにイキイキしているのだから、クヨクヨなんてしていられないなと思ったのです。それから、公私に渡り何度か写真を撮ってもらう機会があり、今では写真を撮ってもらうことが好きになりました。

私はよくお客様にセルフポートレイトをオススメしています。その目的は2つあり、一つは自分が美しく貴い存在だということに気づいて欲しいということ。もう一つは、今の自分を知って欲しいということです。イメージコンサルティングでは、特別なメイク、ヘアスタイル、ボディメイクは行いません。ただ、お客様の今の姿に、似合うものを合わせていくだけです。そのため、素材を生かした姿をフォトグラファーに撮ってもらうことで、自分がどんなに美しく貴い存在なのかに気づいて欲しいと思っています。撮った写真を見るたびに、ちょっとした自信に繋がり、一歩前に出る勇気が湧き上がるはずです 。

そしてもう一つ、ポートレイトを通して客観的に見た自分を知ることができるのです 。私たちは、残念ながら鏡の中の自分にしか会うことができません。ですから、普段どんな風に他人に映っているのかわかりません。フォトグラファーに撮ってもらうことで、自然な自分がどんな風に映っていて、客観的に見た自分から教えてもらえることは沢山あります。私が写真から元気を出さなきゃ、と勇気をもらったように。

奇跡の一枚を撮ってもらうのもいいのですが、素の自分を知るためのセルフポートレイト、そして今の自分が周囲から見て自分らしさを表現できているか知るためのセルフポートレイトは、人生を豊かにしていく上でとても価値のあることです。撮る回数を重ねる度に魅力的な姿の写真が増えていくといいですね。

最後に、フォトグラファー選びも重要です。なぜなら、フォトグラファーによって狙いたい写真のテイストが違うからです。例えば、ハッキリとコントラスト付けたカッコ良い写真を得意とするフォトグラファーも、優しく自然体な写真が得意なフォトグラファーもいます。まずはホームページで作品を見て、好みのテイストのフォトグラファーを見つけることが大切です。

Photo: Yoshiko Honda
Styling: rocco


« »