MENU
ファンキーパホア、ハワイで一番ピースな町!

ファンキーパホア、ハワイで一番ピースな町!

2014年3月12日 • Travel

ハワイ島の東南部、ヒロの南からキラウエアの裾野へとかけて広がるのがプナ・コースト。エリアによってまったく異なる風景が映し出されるのが魅力のハワイ島にあって、そこでは目に映るあらゆる物が天然色。紺碧に輝く海、まるで黒真珠のような深い黒さを讃える砂浜、ジャックと豆の木よろしく天まで大きく蔓を伸ばす大木と、複雑に絡まりあうジャングルの植物。プナに宿るのは、紛れも無い南国の生命。1990年の大噴火で溶岩に飲み込まれてしまった、あのカラパナの町があったのも、ここプナだと聞けば、ああと頷く人もいるかもしれません。

そんなプナにあって、いかにもプナらしい個性的な町がパホア。ファンキーパホアの名がぴったりなこの陽気なオールドタウンは、ハワイの中で一番の私のお気に入り。メインストリートは、一見なんの変哲もない、ごくありふれた小さな町のそれで、スポーツバー、ブティック、ギャラリー、古本屋、カフェにレストランにオーガニック系スーパー・マーケット…、必要なお店が必要なだけこぢんまりと並ぶ長閑な田舎町という印象。カラフルにペイントされた古い木造の建物が、フォトジェニックといえばフォトジェニックですが、なんとなく惹かれる感じがするのは、手描きの看板のデザインだったり、壁のペイントだったり、町のあちこちに見え隠れする小さなディティール。雑貨店の棚に並ぶのは、天然石、ドリームキャッチャー、マントラといったアイテムたちで、カフェの壁にはボブ・マーレイのポスター。町を歩く人の姿は、ドレッドヘアにタイダイ、裸足……。ここまで来ればもうお分かり? そう、ここはスマイリーでピースフルなヒッピータウンなのです。

ヒッピータウンといっても、片田舎なパホアの町では人影もまばら。ただただ全体的にひたすらゆるいと言えるかも。世界中のどこに行ってもヒッピータウンに共通する、ピースな居心地のよさが色濃く漂い、スローな空気を醸し出しています。それでいて、ちょっぴりスパイスが効いているという感じがパホアならでは。

面白いのが、通りの端っこにある小さなブティックの壁に飾られる一枚の絵。思い思いの格好でメインストリートを楽しむ人々の姿を描いたこの絵には、実際のパホアの住人たちが登場しているのです。

ファンキーパホア、ハワイで一番ピースな町!

町の老舗イタリアン パオロズ・ビストロのシェフやブティックの女主人をはじめ、町の有名人たちが総出演だとか。この絵を見れば、パホアの住人たちがどのくらい気のいい奴らなのか、どのくらい変わり者揃いなのか、どのくらいパーティ好きな連中なのか、そして皆どのくらいパホアの町を愛しているのかが伝わってきます。彼らの愛すべきファンキータウン、パホアの町に流れる時間が、今日も変わらずピースでありますように。

  • パホア(ハワイ島) の位置

より大きな地図で パホア を表示

« »