MENU
spice-motel-top

沖縄旅はちゃんぷるースタイル 西海岸気分120%のプチホテルにステイ!

2016年10月21日 • Travel

海に自然にリゾートに、食に人にショッピング……と、沖縄の楽しみ方はいろいろあるのだけれど、“AMERICA×OKINAWA”のこの独自のミックスカルチャーも忘れていけません。

spice-motel-carridor2沖縄本島の基地がある周辺の町や、かつて基地関連の施設があった場所などには、今でも日本ともアメリカともいえない、独特の雰囲気が漂います。那覇から58号線を北上すると、宜野湾の大山あたりには米軍放出の中古品を扱うショップが並び、どこかアメリカの片田舎の国道を走っているような気分になるのは英語の看板のほうが圧倒的に多いから。

そんな中部エリアの北中城に、とってもオキナワンアメリカンなホテルを見つけました。58号から330号をライカムモールの方へ向かった丘の上に建つ「SPICE MOTEL OKINAWA」は、アメリカ統治時代のモーテルをリノベーションしたデザインホテル。

アメリカのモーテルそのまま、1階には客室の目の前に駐車できる部屋もあり、なんだか海外旅行でもしている気分。別棟になったカフェスペースもアメリカンダイナーを思わせる雰囲気で、全体的にとてもフォトジェニックです。

spice-motel-counterカウンターの後ろにある大きな自動車のサインに目がいきますが、これはここがもともと“自動車ホテル”だったときの看板をそのまま使っているもの。70年代の昭和の時代に車でそのまま部屋の前まで行くことができるホテルがあったとは、アメリカンな沖縄ならではの文化です。

spice-motel-rounge
そのほかにも各客室や共有のロビースペースの各所には当時の名残りを断片的に見つけることができるので、観察してみると面白いと思います。

そしてもうひとつ、このホテルにはここにしかない特別なお楽しみが隠されています。

それは、屋上に設置された貸切りのバスルームスペース。猫脚のバスタブに浸かりながら露天を楽しめるという粋なはからいにセンスを感じます。

ホテルから北谷のアメリカンヴィレッジまでは車で約10分。宜野湾あたりのおしゃれな雑貨屋やアンティークショップめぐりの旅の拠点におすすめです。

  • 沖縄県中頭郡北中城村の位置

Photo:大城 亘


« »