MENU
思わず振りかえりたくなる美人揃い、渡嘉敷島で見つけた猫がいる風景

思わず振りかえりたくなる美人揃い、渡嘉敷島で見つけた猫がいる風景

2016年6月15日 • Travel

気がつけば、世の中は空前の猫ブーム。あれ? みんな昔からこんなに猫が好きだったっけ?と、いささかいぶかし気に思う気持ちもありますが、まあなんにせよ猫たちにとってずいぶん生きやすい時代になったのは嬉しいことです。

沖縄の島々を旅していると、行く先々でたくさんの島猫たちの姿に出会います。のんびりと砂浜の木陰で昼寝にいそしむ竹富島の猫なんかは、観光客にとってもはやアイドルのような存在。カメラ片手に猫にむらがる人々の姿は、遠くから見ているとまるでグラビア撮影会のように見えないこともありません。

思わず振りかえりたくなる美人揃い、渡嘉敷島で見つけた猫がいる風景

那覇から西に32km、慶良間諸島に浮かぶ一番大きな渡嘉敷島もまた島の日常に猫たちの姿が溶けこんだ場所。阿波連ビーチへと続く集落のメインストリート界隈は猫たちにとって格好の棲家となっているようで、集落の風景にはいつも猫たちの姿がしっくりと馴染みます。暑さのせいで食欲が制御されるのか、南の島の猫は総じてみんなスリムで正統派の美人系が多いと思うのですが、渡嘉敷の猫ももれなくほっそり痩せ型の美猫揃い。美しい猫たちが集団でもふもふしている様子はさながらハーレムを連想させます。

生まれ変わるなら南の島の猫!?  人もうらやむ島猫たちの優雅な日常

日中は太陽の陽射しを避けて、民家の軒下やタイル張りの一番気持ちいい場所で過ごす猫たちですが、朝夕の涼しい時間には集落のお気に入りの場所を独り占め。道の真ん中にごろりと横になり、優雅に毛づくろいを始める姿があちこちに見られます。

思わず振りかえりたくなる美人揃い、渡嘉敷島で見つけた猫がいる風景

彼らにとってそこは彼らの島なので、もちろん我が物顏も当然のこと。猫たちの邪魔にならないよう人間が道路の端を歩くという構図も珍しくありません。中にはずいぶん人懐こい子もいて、人が通ろうと車が通ろうとまったく動じる様子もなく、買い物や食事に出かけるたびにじゃれついてくれるのでこちらも退屈しないのです。もちろん、“人間になんか興味ないわ”とつれない素振りの猫もいるのは言うまでもありませんが。

よく犬は家ではなく人につき、猫は人ではなく家につく動物と言いますが、島の猫たちはまさしく島につく生き物。世の中に島以外の場所で生きる猫たちがいることや、島以外の場所が存在することなど、きっと微塵も想像したなどないのでしょう。そのある意味悠然と、心地よい自分の世界だけにしか興味を示さない態度が、私たち人間にとってはなんとも羨ましく映るのではないでしょうか。

思わず振りかえりたくなる美人揃い、渡嘉敷島で見つけた猫がいる風景

生まれ変わったら南の島の猫になりたいと思っている人は、ぜひ渡嘉敷島に行って彼らの日常を観察してみるといいと思います。彼らの視点で見る島の風景はまた少し変わった角度に映るはずですから。

  • 渡嘉敷島の位置

Photo: Mayu Kobayashi


« »