MENU
【週末ごほうびレシピ】ナッツミルクのローチョコレートトリュフ

【週末ごほうびレシピ】ナッツミルクのローチョコレートトリュフ

2015年2月20日 • Food & Drinks, Health

クリーミーでフレッシュ。且つ、体に優しいごほうびが冷凍庫に常備保存されていて、欲しいときにつまめると嬉しいと思いませんか? できるだけ少量で作れるレシピにこだわりつつ、ローチョコレートのトリュフを作ってみました。

乳製品&白砂糖&卵をつかわずにリッチな食感に仕上がります。ピンと来ましたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

今回のナッツミルクには、生カシューナッツを選んでみました。自然な甘みがあり、そして、繊維質が他のナッツと比べて少なめなので、植物性のお菓子づくりでのクリームづくりにとっても重宝します。

そして、今回は加熱処理をしないレシピですので、栄養価の高いローカカオを使っています。ローカカオは従来のカカオ豆のように焙煎処理がなされていないため、抗酸化物質やミネラルが豊富なままなのが、とても嬉しいですね。

今回使ったローカカオパウダーは、栄養価の優れたスーパーフードですが、まろやかなチョコレートの味を作る万能の調味料という側面も。ローチョコレート作りだけでなく、スムージーやナッツミルクに入れてもおいしいです。

カフェインフリーにしたい場合は、ローカカオパウダーの代わりに、イナゴマメから作られるキャロブパウダーを使ってみてくださいね。自然な甘みとチョコレートの風味に近い苦味と酸味があり、ロースイーツづくりから焼き菓子づくりまで、重宝する自然食品のひとつです。

柔らかく作るために、24度で溶けるココナッツオイルを使って、トリュフを固めてみました。よりしっかりした硬さのトリュフにしたい場合、またココナッツの香りを避けたい場合は、ココナッツオイルの代わりに、30度台で溶けるローカカオバターを使ってみてください。

この季節では、ココナッツオイルは室温でも白く固まっていることでしょう。ココナッツオイルを溶かすときは、分量のココナッツオイルを小さめのガラス瓶に移し、ガラス瓶ごと熱湯の中に5分ほど置いておくと、自然に緩やかに溶かすことができます。

ナッツミルク・ローチョコレートトリュフ
 
作者:
分量: 20個分
材料
  • 生カシューナッツ:120g(1カップ)
  • ココナッツオイル:50g
  • メープルシロップ:70g(50ml)
  • 水:50ml
  • ローカカオパウダー:大さじ4
  • 塩:ふたつまみ
作り方
  1. 生カシューナッツは、フードプロセッサーやハイパワーブレンダーを用いて、粉状に粉砕しておく。
  2. ココナッツオイルは湯せんにかけて溶かしておく。
  3. 溶かしたココナッツオイル、メープルシロップ、水、粉状にした生カシューナッツの半分量をミキサーに入れ、全体が滑らかになるまで撹拌する。
  4. 粉状にした生カシューナッツの残りを加え、更に撹拌し、滑らかにする。
  5. ローカカオパウダー、塩を加え、更に撹拌し、なめらかにする。
  6. 密閉容器に注ぎ入れ、冷凍庫で1時間ほどかけて冷やし固める。
  7. スプーンを使って、大さじ1ほどの量を取り出し、ベーキングペーパーの上に並べる。
  8. 両手のひらを使って、ローチョコレートクリームを球状に丸め、トリュフを作る。
  9. 密閉容器にトリュフを入れ、再び冷蔵庫で冷やし固める。
  10. 分量外のローカカオパウダーを大さじ1ほど加え、蓋をしてよく振って全体にまぶす。

ローカカオに加え、スピルリナやマカなど、くせの少し強めなスーパーフードなどをこっそり忍ばせて、栄養価を高めたおやつにアレンジすることもできます。

リッチな食感のヘルシーなおやつづくり、ぜひ楽しんでみてくださいね。


« »