MENU
ぽっこり下腹&身体の不調も解消、寝ながら簡単「森田式丹田呼吸」をマスターせよ!

ぽっこり下腹&身体の不調も解消、寝ながら簡単「森田式丹田呼吸」をマスターせよ!

2017年8月18日 • Health

下腹部のぽっこりがスッキリするという、呼吸整体師である森田愛子さんの著書『奇跡の3日腹ペタ』。気になるお腹周りの贅肉やぽっこり下腹を、簡単な呼吸法を用いてラクに改善できると注目されています。

今回は、お腹周りに効くのはもちろん、身体全体の調子まで整えることができる「森田式丹田呼吸」をご紹介します!

“丹田”ってどこ?

丹田は、おへそから手の指4本分下の位置にあります。丹田を意識して呼吸すると、腰とお腹の真ん中、下腹部の中心から均等にふくらむ・しぼむというしなやかな動きを得ることができ、ぽっこり下腹が解消されたり、身体全体の調子を整えることが可能なんだとか。さっそく森田式丹田呼吸にチャレンジしてみましょう!

森田式丹田呼吸のやり方

1. 仰向けになり、肩甲骨を床から離し、背骨を床につけるよう意識しながら、やさしく前ならえする。

2. 腕が内巻きになるよう意識しながら降ろして「丹田」に両手の指をセットする。

3. 指を押し返すように下腹部を膨らませて深呼吸。お腹を膨らませるときは5~8秒かけて鼻から息を吸い、口から細く長く10~20秒かけて吐きながらお腹を戻す。

4. 息を吸って吐くを5回行ったら1回休む。この一連の呼吸を2~30回繰り返す。

POINT1
深呼吸の際は、「①腕を内巻きにする」「②肩甲骨と肩を前に出す」「③後頭部と背骨だけを床につける」の3つを必ず意識しましょう。この3つを忘れると丹田が反応しなくなるので気をつけて!

POINT2
吸う・吐くという意識が強く働きすぎると、上腹部に緊張が入りやすくなるのでNG! 頭の中で「○」(マル)をイメージし、優しい呼吸を心がけて。

無意識に行っている呼吸ですが、ちょっと意識することで、ボディラインや体調にいい影響を及ぼしてくれますよ。「森田式丹田呼吸」をぜひマスターしてみては?

参考文献:森田愛子著『不調が消える!体がコンパクトに!奇跡の3日腹ペタ』(ワニブックス)

プレゼンター:あべさん(イラストレーター)

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

« »