MENU
アルゼンチン マテ茶で飲む健康美

アルゼンチン マテ茶で飲む健康美

2015年10月6日 • Beauty, Health, Travel

近頃、日本でも人気のある“マテ茶”。その本場である南アメリカ南部に位置する、アルゼンチンはいわずと知れたマテ茶大国。

美男美女の多いこの国の人々の食生活は野菜中心の健康的なのかと思いきや、アルゼンチン人がよく食べるのはお肉。年間、一人当たり約110kgと日本人のおおよそ4倍の量です。サッカーをしたり、タンゴを踊って体型維持をしているのかと思えば、実はその秘密は、彼らが毎日欠かさず飲んでいる、マテ茶にありました。

ひょうたんでできた“マテ”と呼ばれる容器に、マテの葉っぱを入れ、ボンビージャと呼ばれる長い鉄のストローを差し、沸騰直前のお湯を入れて飲むというのが、一般的なマテ茶の飲み方です。マテ茶には豊富なビタミン、ミネラルなどが含まれており、肉中心の彼らの生活にとって大切な栄養摂取源の一つでもあります。

また、マテ茶の利点は、コーヒーなどのカップで飲むものと違い、一度容器にマテの葉を入れてしまえば、一日中飲み続けることができ、いつでも温かいお湯を注げば淹れたてを楽しむことができるので、口さみしくなったときなどには、間食を防ぐこともできます。

アルゼンチンの人々にとってマテ茶は健康的な嗜好品というだけではありません。彼らにとっては、マテ茶を飲む時間は、人々との交流を図る時でもあります。本来マテ茶は、周囲の人たちと飲み回しをするのが主流。たとえ知らない人ばかりのところへ行っても、マテ茶を取り出せば、自然と人が集まり、飲み回しが始まります。

アルゼンチンのティグレの街でマテ茶に誘ってくれた親切な夫婦

アルゼンチンのティグレの街でマテ茶に誘ってくれた親切な夫婦

「マテどうだい?」バスに乗っていると、知らない人に話かけられることがあります。そして、周りの人たちで回し飲みが始まり、会話が生まれ、楽しい時間を過ごすなんてこともしょっちゅうです。マテ茶は身体にも、精神にも健康的なコミュニケーションツールでもあるんですね。


« »