MENU
私らしさをメイクでも作り出していく

私らしさをメイクでも作り出していく

2015年4月24日 • Beauty, Mind & Heart

最近よく聞く「自分らしさ」、皆さんはどんなふうに自分らしさをアピールしていますか。ファッションでもノームコア、エフォートレス 1 2といった言葉が飛び交っています。今の時代は自分というアイデンティティをどんどん出していくようになりました。メイクでも「自分らしさ」というキーワードが出てきています。流行のメイクをそのまま写し取るように取り入れるのではなく、自分にあわせていきましょう。そのためにはどんなことをまず手始めに取り入れていくのがいいのか。自分が取り入れやすい方法で簡単に、楽しみながら、メイクで自分らしさを表現していきましょう。

まずは自分の好きな色を取り入れてみます。好きな色を思い浮かべた時に真っ先に出てきたのは何色ですか。好きな色を何色もメイクに使うのではなく、どれか1色を使ってみるのがポイントです。鏡で映る自分の顔に好きな色が入っているとなんとなくワクワクしてきませんか。または、好きな色を身につけているという安心感が出てくるかもしれません。

次に、好きなメイクアイテムにポイント置いてメイクをしてみましょう。ここも「自分らしさ」を出すところはひとつ。アイシャドウが好きなアイテムだという人は、アイシャドウをいつもよりボリュームを出してのせてみる。チークが好きな人は普段使っているチークを濃くしてみたり、2色まぜて使ってみたり。強調する分、他のアイテムはボリュームを抑えてみる。顔全体のバランスを見ながら、好きなアイテムを強調して普段のメイクと変えてみることをお勧めします。

もう一つ。「自分らしさ」をメイクに出すには、今までしていなかったメイクアイテムにチャレンジしてみましょう。新しい私を知ることで、より「自分らしさ」を取り込んでいくきっかけにできます。例えば、今までマスカラをしていなかったけれど、なんとなく気になっていたのなら、マスカラを試してみる。そのときに大切なのは、マスカラをした自分の顔に慣れていくこと。鏡越しに初めて見る自分の顔に違和感を感じるのは当然。見慣れていないから、そこで、マスカラをやらない…と決めてかかるのではなく、初めて見た自分の顔をそのまま受け入れてみましょう。眉毛も整えていなかった人はこの機会に整えてみる。眉を整えた自分の顔に慣れていく。毎日使う鏡とも上手につきあっていきましょう。

もちろん、新しいメイクアイテムを加えることばかりが「自分らしさ」を発見していくことでもありません。今まで使っていたメイクアイテムの濃さを変えてみる。メイクする順番を変えてみる。それだけでも、いつもの見慣れた私と違うものです。小さな変化が大きな発見となることもあります。今、化粧ポーチに入れているメイクアイテムをもう一度、よく眺めてみましょう。心からワクワクしてくるような色、仕上がりのイメージを思い浮かべると楽しくなってくる。そんな気持ちを自分のメイクで表現していきましょう。

脚注:

  1. ノームコア=「ノーマル」と「ハードコア」を組み合わせた新語で「究極の普通」という意味
  2. エフォートレス・シック=肩の力を抜き、ほどよく崩した大人のカジュアルスタイル

« »