MENU
ヨガで心も体も“今、ココ ”を味わう

ヨガで心も体も“今、ココ”を味わう

2013年9月7日 • Health, Mind & Heart

体は今、ココにあるのに、心が今、ココにあることはあまりない。昨日あったことや今夜のご飯のことを考えることから始まり、変えられない過去にとらわれたり、まだ分からない未来を不安に思ったりして・・・人間は「今」に集中することがなかなか出来ない生き物です。

ヨガはポーズをとりながら、自分の呼吸に意識を向けて、体の変化を感じるもの。自分の“今”を観察する練習でもあります。「今」の自分の内側に完全に集中できたとき、心と体に効果がもたらされます。本当に心や体が求めるものを純粋に受け入れ、「自分に正直」でいられるようになる。体が必要としている物や量が分かり、体が悲鳴を上げていることを見て見ぬふりをすることが出来なくなります。

同じように、主観がなく、自我(エゴ)や執着も手放した“あるがまま”を見る心が覚醒される。あらゆる事を「そうですか」と受け入れ、「そうですか」と手放す。つまり、自分の感情も判断もエゴも執着もない状態。過去にも生きないし、未来にも生きない。そうすれば、過去に後悔もなく、未来の不安もない。シンプルに今を生きることが出来るのです。必要なことや大切なものは自然と流れて来るもの。離れていくものは不必要だったということです。

何かに集中している無心の時間は「今」を真剣に生きている証拠。没頭する時間の大切さ。

今、この瞬間を楽しむ。過去のすべては”今、ココ”に集結しているし、無限の未来も”今、ココ”から始まるのです。今を真剣に生きた積み重ねが未来への道を作っていく。

他の誰でもない、かけがえのない自分自身の人生を歩こう。過ぎ去ったことや、まだ起きてもいない未来のことで頭を悩ませることは“今”を台無しにしてしまう。大切なのは・・・“今を生きる”ことです。 1

脚注:

  1. ラム・ダス、ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本、出版社: 平河出版社 (1987/12)

« »