MENU
【連載】天秤座の満月〜パートナーシップに光を当てて、愛に満たされた人生を -2015

【連載】今年2度目の獅子座新月〜新たな自分に生まれ変わる日食新月 

2017年8月21日 • Lifestyle, Love & Relationship, Mind & Heart

わたしたち人間の本能に根ざしたる月齢の周期を利用して1年で幸せになる12のステップをお伝えします。これはすべての星座の人へ向けたメッセージです

今回の満月は8月22日(火)午前3時30分。占星術的には獅子座の新月です。

今年は獅子座の新月が2度あります。7月23日が1度目の獅子座新月、そして、今回が2度目の獅子座新月です。

獅子座のテーマは「自分らしく生きる」ということ。今回の2度目の獅子座の新月には、そのテーマの再確認をすることになるでしょう。さらに、今回は皆既日食の新月ですので、意識の変化は大きくなります。

しし座の神話は前回の新月の時に見ていきましたので、今回は日食の意味を見ていきましょう。
※夜空の星座名はひらがな、占星術上の星座名は漢字で表記しています。

日食は、国家の転覆や政権交代などを暗示します

【連載】獅子座の満月〜自分の魅力を輝かせ、世界を魅了しよう! 日食と政治の動きを見ていくと、とても興味深いことがわかります。占星術で太陽は君主や国家を暗示します。日食はそれが消えてしまう現象。そこから、国家の崩壊や政権の転覆などを暗示するようになりました。

わたしが日食の動きに興味を持ち始めたのは2000年代に入ってすぐのことです。当時、自民党政権は不安定でしたが、その頃の自民党の動きと日食・月食が残念なことに連動していたのです。

その頃の政治と日食・月食の動きです。

■2007年8月28日:部分月食
第1次安部内閣は、2006年(平成18年)9月26日に発足。
月食前日の2007年(平成19年)8月27日に内閣改造をして、同年9月26日に終わることとなりました。

■2008年8月1日:皆既日食
福田内閣は、2007年に発足。
翌2008年(平成20年)、日食当日の8月1日に内閣改造を発表し、同年9月24日に辞任を表明することとなりました。

■2009年7月22日:皆既日食(皆既継続時間は21世紀で最も長い)
麻生内閣は、日食前日の2009年7月21日に衆議院解散。
その直後の総選挙で自民党は負け、政権を失いました。

さらに、この選挙で勝利した民主党 鳩山内閣もわずか1年の命でした。

日食のパワーを利用して、新たな意識に生まれ変わろう

獅子座新月のテーマは「自分らしく生きる」「自分に素直に表現する」こと。今回は2度目の獅子座新月ですから、このテーマの再確認となる新月です。

さらに、今回は日食の新月となるので特別です。このパワーをしっかり受け取れば、人生の政権交代、つまり、人生を変えていくこともできるのです。これまであなたを支配し苦しめていた意識から、新しい意識、より自分らしい意識へと政権交代を起こせるのです。

日食の影響は次の日食が起こるまでの期間、概ね約半年間と言われます。来年の1月31日は獅子座で月食の満月になり、2月16日は水瓶座で日食の新月となります。ですから、そこまでの約半年間をかければ、人生は大きく変わっていくでしょう。

特に、自分を抑えて生きてきた方、今まで我慢し続けてきた方などは、少しずつ、少しずつ、自分の素直な気持ちを表現してみて。ここから半年の間にいつの間にか素直に表現することが自然なことになっているでしょう。

日食の変化を加速させる精油

今回の新月では牡羊座の天王星、射手座の土星と120度の角度にあり、グランドトラインという幸運の三角形が火の星座で形成されています。

獅子座、牡羊座、射手座は火の星座。火の星座は未来派の星座。これからの人生を自分らしく行きていくことをサポートしてくれる火の星座の精油をご紹介していきます。

◇フランキンセンス(乳香):神秘さを感じさせながらも爽やかさのある香り
乳白色の樹液を乾燥させた樹脂からつくられる精油。最も歴史ある薫香のひとつで、古代には神殿での儀式に使用された。新約聖書の記述にキリストの誕生時に献上されたとある。
〈マインド〉心理面のリセット、心の静けさをもたらす、心と身体の感覚を統合するなど
〈ボディー〉免疫力を高める、喘息や気管支炎の軽減、お肌のシミやたるみの改善など
※注意点:妊娠初期は使用を避ける。

◇ジュニパーベリー:ヒノキに似たウッド系の香り
お酒のジンの香り付けに使われます。古くにはギリシャやアラブの国々で消毒薬として使われていました。エジプトでは邪気をはらうために焚かれていました。
〈Mind〉感情の浄化、妬みや恨みを手放す、勉強や仕事の集中力アップなどに
〈Body〉新陳代謝、むくみ解消、皮脂が気になる肌に、デオドラント効果も
※注意点:腎臓疾患のある人、子供、妊婦は使用しない。高濃度での使用は控える。

◇ローズマリー:フレッシュで清涼感のある香り
中世にはローズマリーの成分が入った「若返りの水」が有名になる。近年は記憶力を高める精油として大きな注目を浴びている。意識を明瞭にして正しい選択ができるようにする。
〈Mind〉精神疲労の癒し、リフレッシュ、集中力、活性化など
〈Body〉呼吸器系、筋肉痛、慢性疲労、生活習慣病予防など
※注意点:高濃度での使用、妊娠初期、子ども、高血圧、てんかんの人などは避ける

おすすめの使い方:お風呂上がりにありのままの自分と向き合う
上記の精油を好きな精油とブレンドして心を整える時間に身体をマッサージをしましょう(ブレンドは、植物油100mlに対して2滴の割合で)。ブレンドした精油を適量両手に取り、身体にゆっくりと手を滑らせながら塗っていきます。塗りながら、深い呼吸とともに香りを感じてください。そして、自分の身体をいたわりながら、「いつもありがとう。愛しているよ。」と伝えてください。

少しずつ、少しずつ、ありのままの自分でいいのだ、自分には自分という味方がいる……という感覚が出てくるでしょう。

この日食を「自然体のありのままの自分でいる」きっかけにしてくださいね。

参考図書
これ1冊できちんとわかるアロマテラピー/梅原亜也子
スピリチュアル・アロマテラピー/柏原茜、登石麻恭子


« »