MENU
パートナーと幸せな関係を保つための3つの鍵

パートナーと幸せな関係を保つための3つの鍵

2013年8月28日 • For Men, Romance, Wedding & Marriage

恋愛心理や親子関係などの研究を得意とするアメリカの心理学者、ロバート・エプスタイン博士が行った最近の研究によると、幸せな恋人関係、夫婦関係を保つためには主に3つの鍵があることが判明したそうです。

これは、2201人のリサーチ参加者を対象に行った、パートナーとの幸せな関係値を促進するのに大切だと思われる

・コミュニケーション
・問題解決力
・肉体関係
・ストレス対処スキル
・パートナーに関する知識
・ライフスキル
・自己管理能力

という7 つの項目に基づいたアンケートの答えから導かれたもの。7つの中で、実際”幸せな関係”に直接紐づくものは、下記の3つとなりました。

1. コミュニケーション
基本中の基本ですね。お互いの感情や欲求を伝えることは大事ですが、ここでの鍵は、お互いが聞く姿勢と建設的な考え方を持っているということ。 パートナーの言うことを軽視したり批判してしまうと、いい結果はひとつも生み出されないので、”質の良いコミュニケーション”が求められます。

2. パートナーに関する知識
記念日や誕生日などを忘れないというのは大原則ですが、パートナーの夢や希望、好きな作家、好きなピザのトッピングなど、大きなことから小さなことまで、どれだけ知っていますか? パートナーに関する知識を蓄えるには、上記1番にあった「コミュニケーション」が役立ちます。そんな普段の会話の中で知ったこと、例えば男性であれば、彼女や奥さんが好きな花を知識として持っておいて、記念日にそのお花を贈るなどすれば、”幸せな関係”の持続につながりますよね。

3. ライフスキル
ライフスキルとは、世界保健機構(WHO)が定義した、「日常の様々な問題や要求に対して、より建設的かつ効果的に対処するために必要不可欠な能力」のこと。基本的なところで言うと、毎月遅れることなく生活費を払っている、貯金をするための努力をしている、健康や身だしなみに気を付けている、などが挙げられますが、こういった部分が欠落していると、他の部分が満たされていたとしても、関係が悪化する原因となってしまうとのこと。やはり「生活を営む上での常識」は大事ですね。ただ、これらはコミュニケーションでいくらでも改善することもできるので、幸せな関係において一番大事なのは、やはりコミュニケーションだと言えそうです。


« »