MENU
今すぐ行きたい、冬の軽井沢

今すぐ行きたい、冬の軽井沢

2017年2月3日 • Travel

軽井沢というと避暑地のイメージですが、軽井沢にかかわらず、夏の高原リゾートをあえて冬に訪ねるというのが個人的にけっこう好きなのです。晴れた日、軽井沢の冬の空は潔いほどに澄み、どこまでも吸い込まれそうなクリアなブルーに輝きます。ピリッと冷えた空気に辺り一面が覆われる様子は、寒さが大の苦手な私にとっても思いの外気持ちがいいことに驚きます。

すっかりセピア色に染まり、どこか淋しげに映るこの時期の軽井沢ですが、実は散策にはなかなか楽しい季節。セピア色のトーンに染まった森は、一見淋しそうに思えますが歩いてみると新鮮な発見にあふれます。

葉を落とした木々の上では、枝から枝へと飛び立つ小鳥たちの動きがよく見え、近づいてみるとちゃんと新芽が顔を出しているのがわかります。遠くから眺めていると、冬の森には何もないように見えますが、数ヶ月後にやってくる春に向けて土の中や樹木の内側では着々と準備を進めていることがよくわかるのです。

冬の二大お楽しみは、温泉とスケート!

今すぐ行きたい、冬の軽井沢

そんな軽井沢の冬のお楽しみといえば、何をもっても温泉! 草津の上がり湯として古くから湯治客に親しまれていた軽井沢の温泉は、柔らかな優しいお湯が自慢です。

小川のせせらぎに耳を澄ませ、すぐ横をのんびりと泳いでいくカルガモの親子たちや、せわしげに実をついばむ鳥たちの姿を眺めながら、のんびりと湯浴みを楽しめば、もうそれだけで極上気分。‘日本人に生まれてよかった〜’を実感する瞬間です。

今すぐ行きたい、冬の軽井沢

そしてもうひとつ、この冬軽井沢に登場したのが、ケラ池のスケートリンク。こちらはなんと人工的なスケートリンクではなく、池が凍った天然氷のリンクなのです。フィギュアの選手のように華麗なジャンプ!というわけにはいきませんが、単純に氷の上を滑るだけでけっこう楽しく、身体も温まるので普段はやらない冬のアウトドアスポーツに興じてみるのもおすすめです。

今すぐ行きたい、冬の軽井沢ちなみに、軽井沢まで今は東京駅から新幹線でわずか1時間という近さ。寒い季節のお出かけとして、この手軽な距離感を利用しない手はありません。美味しいパン屋さんや手作りハムなど美味しいお店も充実しているので、お土産に買って帰り、家でゆっくりといただくのも楽しみのひとつ。あれこれとお楽しみがいっぱい詰まった軽井沢です。

Photo: Mayu Kobayashi

  • 軽井沢の位置


« »