MENU
最高のギフトを自分に贈る

最高のギフトを自分に贈る

2014年3月6日 • Love & Relationship, Mind & Heart

バレンタインデーの数週間前から、オンライン上でとある日本人女性とコミュニケーションをとるようになった。彼女はよく食べ物の写真をシェアしていて、私たちが仲良くなったのも、お互い自分のために買ったバレンタインデーのチョコレートの写真をアップしていたことがきっかけだった。

「すごくおいしそう! どこで買ったの?」という私のコメントに対し、彼女も同じようなコメントを返してくれた。彼女がオススメのショップにも足を運んだこともある。

時に、アメリカ人は一様にバレンタインデーを嫌っているように見える(アメリカではホワイトデーはないけれど、もしあったとしたら、きっと彼らはその習慣も嫌うに違いない)。パートナーがいる人は、この日は特別なことをしなくてはいけないと感じるけれど、その理由がわからないでいる。二人の記念日でもないし、国民の休日でもない、でも二人の関係を保つために必ずロマンチックなことをしなければいけない、という“無言のプレッシャー”を感じずにはいられないのだ。私もそんな風にバレンタインデーを捉えてしまったら、きっとストレスを感じると思う。

一方シングルの人は、バレンタインデーが近づくにつれて増えるジュエリーやチョコレートなどの宣伝を見ると、パートナーがいないことを痛感せずにはいられず、ストレスを感じてしまうようだ。

私はシングルだけれど、バレンタインデーやホワイトデーにストレスを感じることはない。なぜなら、誰かにギフトを贈ったり、贈ってもらったりすることについて悩む理由が特に見つからないから。それに私が本当欲しいものを知っているのは私。だから自分にとって最高のギフトを贈ることが楽しい。

自分にギフトを贈りたいと思う気持ちを持ち、それを行動に起こすことは、とても大切な“スキル”だと思う。もちろん、家族でも友達でもパートナーでも、私の人生において大切な意味を持つ人への感謝の気持ちを忘れることはないだろうけれど、過去も現在も未来もずっと、常に自分のそばにいるのは自分自身。だからそんな自分にできるだけ優しくありたいと思う。

【英語原文】(クリックして表示)

Title: I Give the Best Gifts to Myself

I Give the Best Gifts to Myself

In the weeks leading up to Valentine’s Day, I started talking online with a Japanese woman who often shares food pictures. She and I bonded because we were both posting the same photos: of the Valentine’s chocolates we had bought for ourselves.

“That one looks good! Where did you get it?” I would comment, and she would do the same to my photos, and once or twice I went to shops she recommended.

Sometimes it seems like people in the U.S. uniformly hate Valentine’s Day (we don’t have White Day, but I bet they’d hate that too). People who are in relationships feel pressure to do something especially nice on this day but aren’t really sure why. It’s not their anniversary, it’s not a real holiday, it’s just some day that someone told them they have to be romantic on or else their relationship is doomed. That sounds way too stressful to me. Meanwhile, everyone who is single feels like all the Valentine’s promotions, and jewelry, and candies are shoved in their face as a reminder that they don’t have a partner. That sounds pretty stressful, too.

I’m single, but I don’t mind Valentine’s Day. I’m fine with White Day, too. There’s no reason for me to worry about having no one to buy gifts for, or having no one to buy gifts for me. I’m perfectly capable of getting gifts for myself, and I always know exactly what to get me.

I think the ability and willingness to give yourself nice gifts are important skills to have. I’ll always appreciate the people who are in my lives, be they partners or friends or family. But the person who will literally always be with me, is me, so I should be as kind to myself as I can be.

翻訳:宮崎路子


« »