MENU
スーパーフードとして注目される、タイガーナッツを使った料理教室レポート

スーパーフードとして注目される、タイガーナッツを使った料理教室レポート

2015年8月20日 • Food & Drinks

近年注目を集めているスーパーフードであるタイガーナッツをテーマにしたワークショップが開催されると聞き、新宿のリマクッキングスクールで開催された料理教室に参加してまいりました。

タイガーナッツは、実はナッツではなく、カヤツリグサの塊根(かいこん)で野菜の仲間なのだとか。アフリカでは200万年以上も昔に主要な食料として重宝され、スペインでは国民的ドリンクとして600年以上も前から愛飲されています。そして、栄養価も高く、アーモンドや根菜類を越える食物繊維とビタミンEを豊富に含んでいるのです。

今回はタイガーナッツを使った3つのレシピを教えていただきました。

まずは、スペインの伝統的な飲み物、トラディショナル・オルチャタを作りました。

今回のレシピでは、ヘルシーにシンプルに、タイガーナッツと水だけを使って作ります。

トラディショナル・オルチャタ

はじめに、一晩浸水したタイガーナッツに水を注ぎ、ハンディミキサーやフードプロセッサーを使って撹拌します。

だいたい、タイガーナッツ125グラムに対し、水500ミリリットルぐらいが目安。ガリガリっという音がしなくなるまで、しっかり時間をかけてミキサーで撹拌することがポイントなのだそうです。

しっかり撹拌したあとは、ナッツミルクを絞って繊維を漉して、パルプを取り除けばできあがりです。

トラディショナル・オルチャタ

タイガーナッツの自然な甘みだけで、おいしくいただける一品です。手作りの植物性ミルクなので、保存料などが入っていないのがうれしいですね。

ちなみに、浸水したタイガーナッツはそのままいただいてもいいそうです。繊維がたっぷりで噛みごたえがあるので、受験生など、頭を使い続ける方におすすめなのだとか。

次に、タイガーナッツに含まれるでんぷん質を使って、プディングを作りました。

スーパーフードとして注目される、タイガーナッツを使った料理教室レポート

オルチャタ(タイガーナッツミルク)を小鍋に移し、かき混ぜながら熱を加えます。とろみがついたらココット皿などに移し、冷蔵庫で冷やし固めます。

スーパーフードとして注目される、タイガーナッツを使った料理教室レポート

葛や寒天など、冷やし固める材料を入れなくても、タイガーナッツに含まれるでんぷんだけでかためることができるのは嬉しいですね。

ちなみにタイガーナッツに含まれるデンプンは、レジスタントスターチと呼ばれ、大腸まで届いてそこで消化されるのだとか。

ドライフルーツなどをトッピングして頂いたプディングは、とろっとした食感がとてもおいしかったです。

最後に、パリッとしたおやつ、ジンジャーチップスの作り方を学びました。

オルチャータ(タイガーナッツミルク)を作る際に残る、絞りカスのパルプ。こちらも様々な料理に使うことができます。タイガーナッツはグルテンを含まないので、グルテンフリーのおやつとしても大活躍します。

スーパーフードとして注目される、タイガーナッツを使った料理教室レポート

スーパーフードとして注目される、タイガーナッツを使った料理教室レポート

フラックスシード、米粉、生姜、塩、こしょうなどの材料とパルプをボウルで混ぜ合わせた後、トレイに広げてオーブンで焼きあげます。

絞りカス(パルプ)は、今回のようなクッキーやチップスなどの焼き菓子だけでなく、ハンバーグの具材のひとつとしても使えるのだとか。

さくっと軽い食感と生姜の風味がうれしい、ヘルシーなクラッカーをかんたんに作りました。

爽やかなのどごしのオルチャタ、サクサクっとしたクラッカー、滑らかでクリーミーなプディング。タイガーナッツは様々な料理に使えるということを学ばせていただきました。

スーパーフードとして注目される、タイガーナッツを使った料理教室レポート

今回、講師を担当されたタイガーナッツ・ジャパン株式会社代表のきれすけいこさん。定期的にワークショップやイベントを開催し、タイガーナッツを日本に広める活動を地道に行われています。

「タイガーナッツを身近な野菜のひとつとして普段の食事に取り入れてみてほしい。免疫力を高めていただき、質の高い健康と若さと美容を手に入れてほしい」と、語られていました。

ヘルシーな食材を、かしこくおいしく、普段の食生活に取り入れていきたいですね。

取材協力 :
タイガーナッツ・ジャパン : http://tigernuts.co.jp/
リマ・クッキングスクール : http://lima-cooking.com/


« »