MENU
幸せは心の習慣

幸せは心の習慣

2014年1月14日 • Mind & Heart

人間だれもが幸せな人生を歩みたい、と思いますよね。では「幸せ」とは一体どういうことなのでしょう?定義は色々あるかもしれませんが、興味深いのが、

「幸せとは楽しい考え方が心を占めている状態のことである」
A state of mind in which our thinking is pleasant a good share of the time.
– ジョン・A・シンドラー(アメリカの医師)

という言葉。幸せとは自然と湧き起こる「感情」だと思っていましたが、「考え方」であるのなら自分でコントロールができる、ということになりますよね。もう一つ、この言葉にリンクしたこちらの言葉があります。

「幸せとは心の習慣・姿勢である」
“Happiness is a mental habit, a mental attitude.”
– マクスウェル・マルツ(アメリカの医師) 1

幸せを心の習慣にするということは、練習をしなければいけないということ。でも幸せになる方法を練習したりすること、あまりないですよね。練習すれば本当に習慣づけられるのでしょうか。答えは「イエス」だと思います。語学や楽器など、練習を重ねれば重ねるほど上達するのと同じです。

「自分の考えが現実を作り出す」と聞くことがありますが、これは様々な研究でも実証されています。 2 3 自分で現実を作り出すことができるなら、ポジティブな考え方を実践したいですよね。

ではどのように練習をすればいいのか……。このような方法はいかがでしょう?

まずは30日間、毎日できるだけ、自分が幸せを感じられることを考えてみてください。心温まる思い出、嬉しかった出来事、大好きなペットのこと、憧れのビーチリゾートなど、なんでもかまいません。そのことが頭に思い浮かんだら、なるべく長い時間その感覚に浸ってみてください。一日を過ごす中で、幸せを感じる瞬間が多ければ多いほど、幸せに過ごすことができやすくなるはずです。

例えばダイエットをしている時、毎日自分が口にするものに気を付けますよね。それと同じように、なるべく意識が幸せな方向へ向くよう気を付けてみてください。幸せな考え方を練習して習慣づけるには、ある程度の時間がかかるかもしれません。また、ダイエットをしている時に間食をついついしてしまうことがあるように、幸せな考え方を習慣づけようとしている時にも、ネガティブな感情を持ってしまうことだってあると思います。それは人間だから当たり前のこと。でも、もしそれがある程度コントロールできるものであれば、「いけない、いけない、またネガティブになるところだった」と方向修正して、自分の意識をできるだけ幸せな場所へ置いてあげてください。とにかく毎日練習あるのみです。

この30日間の練習は、「幸せとは心の習慣・姿勢である」と言ったマルツ医師が自分の患者に勧めていたものです。元々美容整形の権威として知られていた彼のところには、毎日大勢の患者さんがやってきました。でも多くの人々の整形手術を手がけるうちに、「人としての自尊心とは何か?」と臨床心理学者としての研究をはじめ、この幸せを考える練習方法にたどり着きました。

マルツ医師は、「整形手術を受けたい」とカウンセリングで来院した患者さん全てに、まずはこの30日間の”幸せを考える練習”をお願いしました。30日経った後でも手術を受けたいというのなら行いますよ、という前提で。彼によると、患者さんは皆、練習に対して懐疑的であったり乗り気ではなかったと言います。でも30日後、多くの患者さんが自分のことをポジティブに捉えられるようになり、手術を受ける必要がないと判断したのだとか。 4 人間は考え方ひとつでずっと前向きになれる、といういい例ですね。

感じる幸せを考える幸せに、考える幸せを心の習慣に。皆さんも今日からはじめてみませんか?

脚注:

  1. Maxwell Maltz、The New Psycho-Cybernetics、Publisher: Prentice Hall Press; Updated edition (December 3, 2002)
  2. Joe Dispenza、Evolve Your Brain: The Science of Changing Your Mind、出版社:HCI; 1 Reprint edition(2008年12月2日)
  3. Joseph Murphy、The Power of Your Subconscious Mind、出版社:Wilder Publications(2008年11月24日)
  4. Maxwell Maltz、The New Psycho-Cybernetics、Publisher: Prentice Hall Press; Updated edition (December 3, 2002)

« »