MENU
まぶたの筋肉使えてる?目元のシワ&たるみは顔ヨガで解決

まぶたの筋肉使えてる?目元のシワ&たるみは顔ヨガで解決

2016年4月11日 • Beauty, Health

眉毛を左右対称に描くのが難しい…なんて悩んでいる人はいませんか? その悩み、実は顔の筋肉の衰えによって、眉の形がゆがんでいるせいかもしれません。

おでことまぶた、どっちの筋肉を使ってる?

身体と同じように、顔にももちろん筋肉がついていますよね。しかし日本人は、顔の筋肉を20%程度しか使っていないんだそう。顔を動かさないと筋肉が衰え てしまい、たるみやしわなどの原因に。だからこそ顔の筋肉を意識して動かすことが大切なんです! 特に目元は筋肉の使い方によっては、悩みが出やすい部 分。目を開け閉めする際に通常はまぶたの筋肉を使うのですが、中にはおでこの筋肉を使っている人がいるんです。その場合は、以下のようなデメリットが生じ てしまうので要注意!

✔ 眉の形がいびつになる
✔ おでこにシワができる
✔ まぶたがたるむ

「まぶたの筋肉」と「おでこの筋肉」のどちらを使っているかわからないという人は、鏡を見ながら目をパカっと見開いてみて。その際におでこにシワが 寄る人は、「おでこの筋肉」を使って目を開けている証拠なのだとか。そこで、おでこではなくまぶたの筋肉を使って目を開けられるよう「まぶたの筋トレ」に 最適な「顔ヨガ」を紹介します。

顔ヨガでまぶたの筋トレにチャレンジ

まぶたの筋肉使えてる?目元のシワ&たるみは顔ヨガで解決

1. おでこが動かないように手で押さえ、目を細めます。

まぶたの筋肉使えてる?目元のシワ&たるみは顔ヨガで解決

2. おでこを持ち上げず、まぶたの力だけを使って目を開きましょう。眼球を前に飛び出させるようなイメージです。

顔ヨガは、血行が良くなる入浴時に行うのが効果的です。続けるほどに効果を感じやすく、開始2日目から違いを感じる人もいるそうです。しっかりトレーニングして目元の悩みを解消しましょう!

参考文献:間々田 佳子著『間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング 』(ぴあMOOK)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。


« »