MENU
お腹まわりのはみ肉を解消!お姉さん座りエクササイズ

お腹まわりのはみ肉を解消!お姉さん座りエクササイズ

2015年7月17日 • Beauty, Health

薄着になると、やっぱり気になるのがお腹! スウェットなどのゆるいカジュアルとは打って変わって、今シーズンは空前のデニムブーム。デニムを履きこなすためにも、お腹まわりのはみ肉は今のうちに撃退しておきたいもの。

ボディメイクトレーナーの佐久間健一さんによると、どんなに痩せてもウエストが太いままの人は、骨盤が前後どちらかに倒れている可能性大。壁に背中をつけた時、背中と壁の間に手が入るか入らないかくらいが、骨盤が正しい位置にある状態です。隙間が開き過ぎている人は、骨盤が前に倒れている状態。隙間が全くない人は、骨盤が後ろに倒れている状態なので、気をつけて。骨盤の位置を意識して生活するだけでかなりウエストに変化が出ますが、今回はプラスαで行うと良い、オススメのエクササイズを紹介します。

簡単に見えて、意外と効く~! 下半身くるりん運動

ウエスト・ヒップ・背中の3ヶ所に働きかける運動です。

下半身くるりん運動

1. 横座り(お姉さん座り)の状態で、手を床につける。この時、手のひら同士が内向きにならないように意識する。
2. 1.の状態のまま、半円を描くように上の足を後ろにまわす。この状態のまま、10秒キープ。左右10セットを目安に行う。

上記を繰り返すだけで、ウエストがキュッとシェイプすること間違いなし。ぜひお試しあれ。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。


« »