MENU
股関節のポテンシャルを高める簡単ストレッチ

股関節のポテンシャルを高める簡単ストレッチ

2016年2月23日 • Health

日本人に多いと言われるO脚は、遺伝によるものよりも、生活習慣による体の使い方や歪みの蓄積が原因です。体を歪める座り方の癖、そして浮き指と言われる、足の指で踏ん張ることができない歩き方など、普段何気なく行っている習慣がO脚の要因と言われています。O脚は見た目が悪いだけでなく、膝や股関節にも負担をかけるため、気づいたら少しずつ修正する努力をしたいものです。今回は、O脚の改善にも役立つ、股関節の柔軟性を高めるお話です。

股関節は可動性の高い関節、腕を動かすように足も動かしたい!

運動不足や座りっぱなしの生活は股関節の動きを悪くし、柔軟性を低下させます。股関節が硬いと足のむくみや冷え、腰痛などの原因になるだけでなく、歩き方や姿勢が高齢者に近くなり、せっかくの女子力が下がってしまいます。本来、股関節は肩関節と同じように色々な方向に動く、とても可動性の高い関節です。腕と同じように前後左右にスムーズに動くようになるだけで、あなたの体の印象は確実に変わります。

女性の股関節には、男性とは違うポテンシャルがある!

お産の姿勢をイメージしてください。お産を知らない人でも股関節を開く、ということはイメージできますよね。妊婦さんのお悩みの一つが「体が硬いからお産ができるか不安」というもの。しかし、私たち女性は「産む力」を持って生まれてきていることを考えれば、お産の姿勢をとれるポテンシャルも同様にあるはず。自信をもってください。

では、なぜ硬くなってしまうのか……それは股関節をちゃんと使えていない、股関節周囲の柔軟性や調整力、筋力を上げる運動をしていないからです。歩く時には足を前に出す、階段を登る時には足を持ち上げるなど、普段の生活で行う動きはこの程度ですが、本来は前後左右に動く機能がある関節ですから、積極的にこれらの動きをする必要があります。

股関節は上半身の重みがかかること大腿骨と骨盤のジョイントが詰まっています。ヒップや太もものストレッチ、筋力トレーニングが大切なのはもちろんですが、ダンス系のエクササイズは股関節を色々な方向に動かすのでオススメです。でもまずは、色々な方向に股関節をリラックスして動かしてみましょう。股関節を動かすことは足の付け根にある鼠径リンパ節を刺激するためむくみの解消にも効果的です。

今月のエクササイズ 股関節の柔軟性を高める簡単ストレッチ

股関節の柔軟性を高める簡単ストレッチ手を後ろに置き上半身を支えます。足は肩幅より広めに開き、片膝を立てます。床で手を押して背筋を伸ばしたら、膝を内側、外側に交互に倒しましょう。坐骨が床から離れないようにするのがポイントです。

<お知らせ>
妊婦ママ・産後ママ・パパ・ベビーのための日本最大級のイベント「マタニティ&ベビーフェスタ2016」が4月2日(土)3日(日)にパシフィコ横浜で開催されます!妊娠・出産・育児の気になるすべてが集結! さまざまな商品・サービスや役立つ情報、楽しい体験が盛りだくさんです! ぜひカップルやご家族で足を運んでみてください。
http://maternity-babyfesta.jp/


« »