MENU
【連載】vol.6 旅に何を持っていく? 毎回困らないためのパッキングのコツ!~定住旅行家ERIKOの“幸感力”を磨く旅~

【連載】vol.6 旅に何を持っていく?毎回困らないためのパッキングのコツ! ~定住旅行家ERIKOの“幸感力”を磨く旅~

2017年1月25日 • Travel

旅に出るとき、何を持っていけばいいのか悩んだ経験のある方も多いと思います。私も以前は、パッキングに多くの時間をかけていましたし、忘れ物をしたり、逆に全く必要無いものを持って行ったりもしていました。

今回は、“準備がスムーズで現地でも困らないERIKO流パッキングのコツ”をお伝えしたいと思います。

荷物は軽いが一番!

準備といっても、行き先や滞在期によって持っていく物も量も随分異なりますよね。私の場合は、定住型なので圧倒的に長期の旅が多いのですが、現地で小旅行へ出かけたりもするので、毎回どちらにも対応できる物を準備しています。そこで一番心がけているのは“軽量化”です。

また、何をどう詰めていいのか迷ってしまうこともあると思います。そんな時に私がするのは、まず自分が普段使っている物を意識してチェックし、最低限何が必要なのか確認することです。

楽しみな旅行前で気持ちが高揚して、あれもこれもと特別な物を入れてしまい、後で全く使わなかったということがないように注意します。飛行機の荷物重量制限や、現地でお土産などを買うことも予想して、なるべく荷物は少なめにしておくのが賢明です。

【連載】vol.6 旅に何を持っていく? 毎回困らないためのパッキングのコツ!~定住旅行家ERIKOの“幸感力”を磨く旅~

家族や友達、旅慣れた人にチェックしてもらう

一度自分がパッキングした物を、他の人に改めてチェックしてもらうのもオススメです。他の人から見ると全く必要のないと思われる物が入っているかもしれませんし、入れ忘れがないか見直す機会にもなります。

私がどの国へ行く時も必ず持って行く物は、パスポート以外に、サンダルと水着です。サンダルは室内を土足で歩きたくない時や、バスルームなどで使う時に便利です。また、海外で温泉に入る時などには水着着用になるので、入れておくといざという時に活躍します。私の場合、先住民族の住む村などに滞在する時や登山をする時に、川のお風呂に入ることもよくあるので、必ず持参しています。

いざという時に備えて

飛行機に乗る時は、預ける荷物とは別に小ぶりのバッグを機内に持ち込みます。その中には、絶対に無くしたくない大切な物や、何日分かの下着と着替えを入れておきます。万が一、スーツケースが紛失や遅延したことを想定して、緊急用で2日〜3日過ごせる物を詰めておくようにしています。

私はこれまでに100回以上飛行機に乗って、スーツケースが出てこなかったのは一度しかありませんが、いつ何が起こるかわかりませんので、念のため予備を準備することをオススメします。

また、一度旅行から戻ったら、実際旅の途中で必要だった物や使わなかった物を整理し、旅の持ち物としてリスト化しておくと、次回からの時にとても便利です。
皆さんも是非、旅の参考にしてくださいね!

Top Photo:ERIKO


« »