MENU
天然温泉と深緑の楽園!中米コスタリカに行きたくなる四つの理由

天然温泉と深緑の楽園!中米コスタリカに行きたくなる四つの理由

2016年5月13日 • Travel

日本の四国と九州を合わせたほどの小さな国、カリブ海と太平洋に挟まれた中米コスタリカには、毎年多くの外国人がやって来ます。そのほとんどが観光を楽しむための旅行客、そしてこの国にセカンドハウスを構える人の多くです。中米の空港では非常に稀な、英語があちこち飛び交っている機会に遭遇します。

どうしてこの小さな国に、毎年たくさんの人々が訪れるのでしょうか?

中米コスタリカに行きたくなる理由その① 地球上の生物種約5%がコスタリカに生息

コスタリカは神からの恵みを受けている地域だと言っても過言ではありません。生物多様性ホットスポットと言われ、地球上の生物種の約5%が生息していると言われている、まさに動植物の宝庫なのです。国土の25%が保護区または国立公園に指定されており、エコツーリズムが発祥した国でもあります。

そして、コスタリカは世界で唯一の非武装永世中立国でもあります。1949年、「兵士の数だけ教師を」を合言葉に、軍事放棄をするという平和憲法を制定しました。

理由その② インフラが整った観光地

コスタリカはペンシオナード政策という年金生活者の受け入れを進んで行っている国。たくさんの外国人が移住してきているせいもあり、中南米の中で圧倒的に英語が通じる率が高い国です。観光地へ行けばほとんど英語で問題なく対応でき、また施設のインフラも整っていて、個人旅行を好む欧米人やバックパッカーたちにはありがたい環境です。

理由その③ 女性と環境に優しい国

国政選挙は各政党の立候補者が男性女性同等の比率を保つように義務づけられているため、女性の活躍も目立ちます。また、「自然との共存」をテーマに、温室効果ガスの排出量を森林のCO2吸収量と相殺する“カーボン・ニュートラル”を2021年までの目標と掲げて国家計画を推進中です。国民の自然環境に対する意識も高く、ガイド業などは誇り高い職業の一つです。

理由その④ 温泉大国!

火山の国でもあるコスタリカには、あちこちに温泉施設が点在しています。中でも、アレナル火山周辺には、温泉、ラフティング、カヌーなど多様な観光施設が整っています。是非訪れて欲しいのは、火山の麓にある「Tabacon Grand Spa」(タバコン・グラン・スパ)です。

スパ内には天然温泉はもちろん、滝のように流れる温泉や、様々な温度の温泉が楽しめ、レストランやマッサージも受けることもでき、丸1日いても飽きることはありません。

天然温泉と深緑の楽園!中米コスタリカに行きたくなる四つの理由

森林浴を存分に楽しみながら、コスタリカの美しい花を眺め、時に訪ねてくるイグアナなどのコスタリカらしいワイルドな動物たちが私たちの心と身体を芯から癒してくれます。

国内を転々と移動する忙しい旅ではなく、1箇所で様々なことが十分に楽しめるコスタリカ。また自然や環境を身近な問題として感じることができるコスタリカの旅は、きっと旅慣れた貴方にも新たな気づきや発見を与えてくれるでしょう。


« »