MENU
Color Me Pink!!

Color Me Pink!!

2014年4月9日 • Fashion

春がやってきました!
桜の優しいピンク、たんぽぽの元気な黄色、ポピーの明るい赤、ガーベラの元気なオレンジ、さわやかな若葉の黄緑、心落ち着くスミレの紫などなど。春は色とりどりの花々が街を彩ります。春の明るい雰囲気や暖かい陽気も手伝って、カラフルなファッションに挑戦してみたくなりますね!

そこで、今回は“大人のピンクコーディネート”

“ピンク”は、“愛情”“可愛らしさ”“優しさ”など女性の象徴のようなイメージを持っています。ピンクを身に着けるとふんわりと優しい気分になりますが、この春はピンクを大人の女性らしく“凛”と着こなしてみましょう。

高価な美容液より美肌効果のあるファッションとは?」にてパーソナルカラーのお話をしましたが、“ピンク”と言ってもたくさんの種類のピンクがあります。その中にはあなたをより女性らしく魅せてくれるピンクとそうでないピンクがあります。そこで、今回はピンクの傾向別カラーコーディネートをご紹介します。既にパーソナルカラーをご存知の方は応用として、ご存じでない方はお手持ちのピンクのコーディネート方法として参考として、取り入れてみて下さいね。

<パーソナルカラーがスプリング>

似合うピンクの代表色は“コーラルピンク”。赤珊瑚のようにオレンジかかった暖かみのあるピンクです。

ベーシックコーディネート:
spring1 (コーラルピンク+キャメル)
ブラウンの中でも明るいライトブラウンとの相性が抜群で、キュートな大人の女性の印象になります。目指すは小泉今日子さん。
 冒険コーディネート:
spring2 (コーラルピンク+サンシャインイエロー)
オレンジ系の淡い黄色と合わせてスッキリ着こなしましょう。
<パーソナルカラーがサマー>

似合うピンクの代表色はベビーピンク。紫陽花や朝顔のような青みのある、優しく可愛らしいピンクです。

ベーシックコーディネート:
summer1 (ベビーピンク+グレー)
グレー系との相性が抜群で、上品な大人の女性の印象になります。目指すは鈴木京香さん。
冒険コーディネート:
summer2 (ベビーピンク+牡丹色)
ピンクのグラデーション。素材を変えて、素材感のコントラストを楽しみましょう。
<パーソナルカラーがオータム>

似合うピンクの代表色はサーモンピンク:朱色のかかった落ち着いたピンクです。

ベーシックコーディネート:
autumn1 (サーモンピンク+ブラウン)
ダークブラウン系との相性が抜群で、センスの良い大人の女性のイメージになります。目指すは長谷川潤さん。
冒険コーディネート:
autumn2 (サーモンピンク+カーキ)
ピンクを渋く着こなしてみましょう。
<パーソナルカラーがウィンター>

似合うピンクの代表色はマゼンダ:青みのかかった鮮やかでドラマティックなピンクです。

ベーシックコーディネート:
winter1 (マゼンダ+ブラック)
黒と相性が良いのはウィンター系のピンクで、クールな大人の女性のイメージになります。目指すは江角マキコさん。
冒険コーディネート:
winter2 (マゼンダ+ロイヤルブルー)
コントラストをつけて、シャープにかっこよく着こなしましょう。

ガーリーなイメージのピンクも、コーディネート次第で“素敵な大人の女性”へとイメージが変わります。少し勇気を出して、是非この春はピンクファッションをお楽しみください。


« »