MENU
【連載】幸運サイクルがスタートする、射手座の新月 〜人生をより豊かに生きるためのヒント、「月」のお話〜

【連載】山羊座の新月~ワンランク上を体験してみる~

2016年12月28日 • Mind & Heart

満ちては欠ける月の動きは、わたしたち人間の本能に根ざしたサイクル。これは、すべての星座の人に対応する月のメッセージです。

今年最後の新月は、12月29日15時54分。占星術的には山羊座の新月となります。

新月は物事のスタート&リセットの日、そして、満月は満ちた光に感謝する日です。山羊座は「社会」「地位」「権威」「野心」などを象徴する星座ですから、この新月は来年の成功に向けてとても大切となる新月です。

本当のやぎ座の神話とは……威厳に満ちた王の神話

capricorn%e3%82%84%e3%81%8e%e5%ba%a7わたしたちが目にする星座の神話のほとんどがギリシャ神話かローマ神話。しかし、星座のルーツはもっと古く、古代バビロニアまでさかのぼります。

ギリシャ神話で、頭が山羊で下半身が魚の姿をしているのは「牧羊神パン」とされています。パンは怪物から逃れるために魚に変身して川に飛び込みましたが、あまりにあわてていたために下半身しか変身できなかったという、おっちょこちょいな神。

ところが、この神は古代メソポタミアの神話では全く違います。頭は山羊、下半身は鯉の姿とされており、古代シュメール文明ではエンキ神、その後に続く古代バビロニア文明ではエア神とされています。エンキ(エア)は、知識、豊穣、死後の世界、水などをつかさどる偉大な神。古代のメソポタミアの人々はその姿に、荒涼とした岩場を軽々と登る山羊と豊かな水源に住む鯉という、水と山を象徴する動物が合わさってできた神々の頂点のような存在を見ていたのかもしれません。

占星術での山羊座の意味も、先程述べたように「社会」や「権威」を表します。その原点は古代メソポタミアの神話にあったのです。

山羊座新月のテーマとは…ワンランク上を体験してみる

山羊座は12星座では第10番目となる星座。そして、そのテーマとは【堅実に実績を積み上げる】【社会の中で使命を果たす】【頂点を極める】です。12星座の最終段階に迫るタイミングが山羊座になるため、急にそのハードルも上がります。ですが、来年の春分にはまた第1段階から始まりますので、今回は下記の点だけでも意識してみてください。

それは、【ワンランク上の体験をしてみる】ということ。特にこの年末年始は、経験も、地位も、収入も上の人と接してみて。彼らがどういう意識で過ごし、どういう視点でものを見て、どういう考えで判断しているのか……。それを身近な所で体験することで、全く違った意識が芽生え、意欲も高まってくるでしょう。

山羊座は、目標達成のためには、コツコツと努力して、揺るがない基盤を作っていく星座。山羊座以外の方もこの時期にワンランク上を目指してスタートすると、その恩恵を受け目標を達成していけるでしょう。

ワンランク上の目標達成に導く山羊座の精油とは?

山羊座は、火・地・風・水の四元素の中では「地」の星座となります。大地にしっかりと根を張り大きく成長する樹木系の精油が、目標達成まであなたをしっかり導いてくれることでしょう。

サイプレス:ヒノキに似た樹木系の香り
〈Mind〉イライラ、高ぶった感情を抑える、冷静な判断、集中力など
〈Body〉自律神経、更年期、PMS、月経不順、むくみ、セルライトなど
※注意点:高濃度の使用は避ける。敏感肌は注意。妊娠初期は避ける。

シダーウッド:スパイシーな樹木系の香り
〈Mind〉持久力、忍耐力、緊張、不安、無気力、瞑想時などに
〈Body〉風邪、たん、気管支炎、膀胱炎、関節炎、リュウマチなど
※注意点:衣類に付くと香りが落ちにくい。妊娠中、授乳中、乳幼児、てんかんの人は避ける。

ユーカリ:爽やかで鋭い樹木系の香り
〈Mind〉リフレッシュ、集中力、意欲回復、記憶力など
〈Body〉免疫力、風邪、喉、鼻、呼吸器系、筋肉痛、打撲など
※注意点:敏感肌は低濃度で。妊娠中、幼児、長時間、多量の使用は避ける。

わたしがおすすめする最も簡単な使い方は、不要なマグカップに熱湯を注ぎ、そこに精油を1〜2滴垂らすという方法。好みの精油をブレンドするのも良いでしょう。誤って倒すことのない安全なところに置いておくだけで、空間が森林のように爽やかに浄化されます。

29日の山羊座の新月はワンランク上の自分を夢見ながら、ウッディーな香りで夜を過ごしてみてください。来年に向かって意欲が湧いてくるでしょう。


« »