MENU
【連載】天秤座の満月〜パートナーシップに光を当てて、愛に満たされた人生を -2015

【連載】蟹座の新月〜大切な人とのハートの交流をうながす新月パワー

2017年6月23日 • Love & Relationship, Mind & Heart

わたしたち人間の本能に根ざしたる月齢の周期を利用して1年で幸せになる12のステップをお伝えします。これはすべての星座の人へ向けたメッセージです。

今回の新月は6月24日(土)午後11時31分。占星術的には蟹座の新月です。
蟹座を支配するのはお月さま。今回はまさに月がクローズアップされる今年最もパワフルな新月となります。

まずは、夜空の「かに座」神話を見ていきましょう。
※夜空の星座名はひらがな、占星術上の星座名は漢字で表記しています。

かに座の神話は仲間思いの蟹のストーリー

【連載】蟹座の満月〜1年で最もパワフルな満月。プライベートな時間と空間をつくり、本当に大切な人との縁を紡いでいく…… 夜空の「かに座」は3等星から4等星が中心となっており、両脇のふたご座、しし座は華やかですが、あまり有名ではない星座です。

ギリシャ神話の「かに座」もあまり有名ではありませんが、こちらは仲間思いの勇敢な蟹が登場するお話です。
ある沼に「お化け蟹」が住んでいました。ある日、ヘラクレスがその沼に住む仲間を退治に来て、格闘になりました。お化け蟹は、自分の仲間がヘラクレスにやられそうになっているのを見かねて、仲間を助けようとしました。すると、逆にヘラクレスに踏み潰されてしまったのです。ですが、その気持が讃えられ、夜空の星座となりました。
ここには仲間を思って戦おうとする、心優しく勇敢な蟹の姿が描かれています。

では、占星術の蟹座を見てみしょう。
占星術で蟹座は夏至の日から始まります。夏至は1年のうちで最も日照時間が長くなる日。逆に言えば、そこから太陽の勢いが陰っていき、日が短くなっていくというターニングポイントの日です。

そのせいか、古代エジプト、古代ギリシャ、古代中国などで、蟹座は霊魂の出入り口や冥界の入り口などととらえられていました。

先ほどの神話では仲間意識や身内を思う心情が描かれていましたね。蟹座は、「自分の深い部分」「ルーツ」「家庭」「母性、父性」「プライベート」「テリトリー」などの意味があるのです。

蟹座の新月は、大切な人と過ごす時間をつくり、ハートが伝わる交流を…

4番目の星座、蟹座のテーマは「本当に大切な人たちとのハートの交流」です。

蟹座の新月をきっかけに、家族や身内の人たちなど、人生を共に生きていくような大切な人たちと過ごす時間をつくってください。そして、もし、いつも忙しくてじっくり話ができないなら、ぜひとも意識してあなたの思いが伝わるようなコミュニケーションを取ってください。

わたしたちは、いつも身近にいる人とのコミュニケーションを後回しにしがちではないでしょうか。
「どうせ言わなくてもわかるだろう」「いつでも言えるから、そのうちに」「肝心なことは照れて言えない」などと、思ってしまうのです。

ですが、わたしは15年の占い師としての経験の中で、その意識が招いた悲劇をたくさん見てきました。
本当は心の底から愛しているのに、妻には、夫には、娘には、息子には…それがまったく伝わっていなかった。それどころか、気づいた時には修復不可能なほど心の溝は大きくなっていた…。そういうご家族がたくさんいるのです。

また、これは家族だけとは限りません。長年付き合いのある、いつも顔を合わせている大切な人に対しても言えること。

みなさんも、そういう事例を身近な所で見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

わたしたちにとって本当に大切な人は、実は一番身近にいるのです。心を尽くしてコミュニケーションを取らないといけないのは、実はいつも一番身近にいる人たちなのです。

ハートとハートがつながる蟹座の香り

蟹座のキーワードはI feel(わたしは感じる)です。蟹座の精油は、ふたりのハートが優しく寄り添いあえるようにしてくれるものが多くあります。

◇カモミールローマン:青リンゴのような爽やかな香り
古代ギリシャ語では「大地のリンゴ」と呼ばれていました。作用が穏やかなため子供にも安心して使えます。寝付きが悪い時はティッシュに1〜2滴、枕元に香りを漂わせて。
〈Mind大きなショック、自信喪失、緊張、不安、不眠など
〈Body炎症や肌荒れ、頭痛、筋肉痛、月経、更年期障害など
※注意点:高濃度の使用、鎮痛剤との併用、妊娠初期、キク科アレルギーは避ける。

◇シナモン:ほのかな甘味のあるスパイシーな香り
世界最古のスパイスと言われ、旧約聖書やエジプトの古文書にも登場します。身体をあたためる効果があり、緊張をほぐすため、冷え切った人との関係も穏やかになりそうです。
〈Mind無気力、無感動になった時、冷え切った心を温めたい時など
〈Body消毒作用があり、風邪、咳、消化不良、虫刺され、水虫などに
※注意点:妊娠中、授乳中、生理中、子供は使用は避ける。皮膚刺激があり濃度に注意。

◇クラリセージ:甘みと温かみのある香り
女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれていおり、女性特有の症状に効果を発揮。また、そのためメンタル的に母性を必要とする場面や、親子の関係にも良いでしょう。
〈Mind緊張やプレッシャー、悲観的になった時、穏やかな心の交流などに
〈Body月経痛やPMS、筋肉痛や頭痛、咳や気管支炎、フケや脱毛予防など
※注意点:アルコール摂取時、妊娠中は避ける

おすすめの使い方は、家族のリラックスタイムにほんのりとお部屋に漂わせること。好みの精油とブレンドするのも良いでしょう。

一番簡単な方法は、使わないマグカップにお湯を張り、精油を2〜3滴垂らす方法。香りがお部屋全体に広がります。もしお子さんがいる家庭ならティッシュに垂らせば安全です。

カモミールもシナモンもあまり苦手な人はいないでしょうし、クラリセージもフローラル系ですがそれほど強い香りは放ちません。ですが、みんなで過ごす場でしたら、念のため香りが心地いいかどうかみんなに確認してみてくださいね。

香りは脳に直接働きかけ、感情をつかさどる部位に作用します。
大切な人と過ごす空間を、ハートとハートが繋がるような時間にしてくれるでしょう。

参考図書
これ1冊できちんとわかるアロマテラピー/梅原亜也子
スピリチュアル・アロマテラピー/柏原茜、登石麻恭子


« »