MENU
メイクから汗ジミ対策まで!? 夏のベビーパウダー活用術を美容ライターが伝授

メイクから汗ジミ対策まで!? ベビーパウダー活用術を美容ライターが伝授

2017年8月21日 • Beauty

赤ちゃんの肌に使うイメージが強い、ベビーパウダー。これが今、大人の間で「便利で使える!」と話題なんです。様々な使い方がありますが、その中から今回は、暑い日にお役立ち! 女性にとって嬉しい使い方をご紹介します。

ベタつき肌にベビーパウダーが便利!

メイクから汗ジミ対策まで!? 夏のベビーパウダー活用術を美容ライターが伝授

気になる顔まわりの汗と皮脂。パウダーは汗と皮脂を吸着する作用があるので、普段はリキッド派の人でも、盛夏はベースメイクにパウダーをプラスした方がキレイをキープしてくれます。

もし手持ちのフェースパウダーがなかったら、ベビーパウダーをレスキューアイテムに投入してみて。サラサラ肌が長続きして化粧崩れしにくくなります。

乾燥が気になる人は、普段メイク崩れが気になる額や鼻周りなど部分的にポンポンするだけでも良いですよ。

パーツメイクの”ヨレ”もレスキュー!

メイクから汗ジミ対策まで!? 夏のベビーパウダー活用術を美容ライターが伝授

特に、アイシャドウやアイライナーといったアイメイクが崩れやすくなりますよね。そんな時もパウダーの出番!アイメイクをした後、まぶたにポンポンと軽くはたいておくと、ヨレにくくなります。

洋服にもベビパ!? 先手仕込みで一日中サラサラ快適!

メイクから汗ジミ対策まで!? 夏のベビーパウダー活用術を美容ライターが伝授

最後は、女性なら見せずにおきたい汗ジミの予防策。ベビーパウダーは肌に付けるのが一般的ですが、これを洋服の汗ジミが気になるワキや襟周りにあらかじめポンポンしておきます。

そうすると、汗をかいても洋服がサラサラして汗ジミができにくくなるんです。なかなか取れない汗ジミゾーンの黄ばみも付きにくくなりますよ。

ベビーパウダーを使いこなすコツは、つけ過ぎないこと。特に肌にオンする時はツヤ感や血色感まで取り去ってしまうので、少しずつ重ねていくようにしてくださいね。残暑でもベビーパウダーを味方につければ、サラリと清涼感のある女性になれること間違いなしです!

プレゼンター:大西マリコ(ライター/ウエルネスデザイナー)

photo:shutterstock(1枚目)、大西マリコ(2~4枚目)
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

« »