MENU
地中海の郷土料理「ババガヌーシュ」でおいしくアンチエイジング!

地中海の郷土料理「ババガヌーシュ」でおいしくアンチエイジング!

2014年9月5日 • Beauty, Food & Drinks, Health

ババガヌーシュ」とは、レバノン、イスラエル、エジプト、トルコ、キプロス、シリアなど、地中海の東側沿岸国で愛されている焼きナスのディップ。繰り返し発音したくなってしまう面白い響きのあるこの名前、アラビア語で「甘やかされた父親」という意味があって、老いて食べ物が噛めなくなった父親のために娘がナスをペースト状にして食べさせた……というところから来ているようです。 1 これだけ多くの国で愛されているババガヌーシュ、その理由はなぜかというと単純に簡単でおいしいから! そして実はナスにはアンチエイジング効果もあると言われているので一石二鳥です。

ナスには栄養がないイメージがある人も多いかもしれませんが、濃い紫の皮には抗酸化作用の高いポリフェノールの一種、「ナスニン」という栄養分が豊富に含まれていて、シミやシワなど肌の老化に効果的なのだとか。 2 そんなナスの恵みを丸ごといただくために、本来ならナスの皮をむいて作るババガヌーシュも、皮をむかずに作ってみましょう! 作りだめしておいて朝食に、ワインにもあうのでおつまみとしてもおいしくいただけます。

ババガヌーシュ(焼きナスのディップ)
 
材料
  • ナス:2本
  • ガーリック:2片(オーブン用)&1片(生で使用)
  • タヒニ(練りごまペーストで代用可):大さじ2
  • レモンジュース:レモン1個分
  • 塩:小さじ1
  • クミン:小さじ1
  • チリペッパー:適量
  • ブラックペッパー:適量
  • オリーブオイル:大さじ1
  • クラッカー/ピタパン(お好みで):適量
  • パセリ:適量(お好みで)
  • パプリカパウダー:適量(お好みで)
作り方
  1. ナスのヘタを取り、フォークで数箇所刺して穴を開けておく
  2. オーブンを180度に熱し、「1」のナスを丸ごとと、ガーリック2片を30分ほど焼く
  3. ナスの粗熱をとり、ブレンダーでナス、ガーリック、タヒニ、レモン、塩、クミンを入れスムーズになるまで混ぜる
  4. 容器に入れ冷蔵庫で冷やす
  5. 器に移し、オリーブオイルをたらしてできあがり!
メモ
お好みでクラッカーやピタパンなどを添えて、また色味付けにお好みでパセリやパプリカパウダーをのせて召し上がれ!

脚注:

  1. Baba ghanouj“、2014年2月19日、FOOD HISTORY
  2. Eggplant“、The World’s Healthiest Foods

« »