MENU
肌にのせるだけで即秋フェイスに。立体感も出る大人チークの入れ方

肌にのせるだけで即秋フェイスに。立体感も出る大人チークの入れ方

2016年10月3日 • Beauty

少しずつ朝晩は涼しくなり、そろそろ本格的に秋物が気になるシーズン。洋服だけでなくメイクも、少しずつ衣替えしていきましょう。なかでもいち早くチェンジしたいのがチーク。落ち着いたカラーのメイクアイテムが増える秋は、夏と同じチークの入れ方では顔から浮いてしまいます! 今回は、秋にぴったりな大人っぽいチークの色選びとチークの入れ方を紹介します。

この秋は、大人レッドなチークが狙い目!

ピンクや鮮やかなオレンジといった春夏の定番カラーではなく、この秋おすすめなのが、ダークな赤みのあるチーク。落ちついた大人レッドは、肌にのせるだけで秋フェイスに仕上げてくれる優秀アイテムです。それでは、旬の大人レッドなチークの入れ方を解説します!

<大人かわいいチークの入れ方>

1. チークをブラシにとり、手の甲で余計な粉をはらっておきます。

2. 頬骨より少し下にブラシを置いたら、外側から内側に動かし、やや少ない面積を意識して楕円形に広げます。

肌にのせるだけで即秋フェイスに。立体感も出る大人チークの入れ方

POINT! 

顔の外側を濃くすることで骨格が際立ち、立体感のある大人っぽい印象に。また赤みのあるチークは十分存在感があるので、縦の面積を広げ過ぎないように注意!

チークは同じカラーでも、入れる位置や入れ方で雰囲気をガラッと変えてくれるアイテム。チークテクをうまく利用してイメージを自在に操っちゃいましょう。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

« »