MENU
【連載】幸運サイクルがスタートする、射手座の新月 〜人生をより豊かに生きるためのヒント、「月」のお話〜

【連載】水瓶座の新月~今年最初の新月は “夢を叶える新月” 。自分の夢を明確に思い描こう! 

2017年1月27日 • Mind & Heart

満ちては欠ける月の動きは、わたしたち人間の本能に根ざしたサイクル。これは、すべての星座の人に対応する月のメッセージです。

月は約1ヶ月にひとつずつ星座を移動しながら新月と満月を繰り返していきます。そして、この12星座には順番があり、それぞれにテーマがあります。それはあなたが幸せになるための12のステップ。新月は新たなサイクルの始まりであり、新たな星座のテーマと向き合う時。そして、満月は、新月からはじめた物事の恵みの方に目を向けて感謝をすると良い日なのです。

今回の新月は1月28日午前9時7分、ちょうど新月を迎えます。これは、水瓶座の新月で、今年はじめての新月となり、とても重要な日となります。

水瓶座は、「新たなビジョン」「未来を生きる」「自由と平等」などを象徴する星座。新たな一年のはじまり、今年最初の新月にピッタリの星座です。

みずがめ座は古代より豊かな実りの季節を告げる重要な星座

【連載】水瓶座の新月~今年最初の新月は“夢を叶える新月”~自分の夢を明確に思い描こう! 夜空のみずがめ座は、そのルーツが古代バビロニアにまで遡る、古い時代からあった星座です。この時代の図像には、裸の英雄が手に持つ壺から豊かな水が溢れている様子が描かれています。

バビロニアの時代には、太陽がみずがめ座に入る頃には、雨季を迎えていました。そして、小麦が収穫の季節を迎える春から初夏の直前の頃には、東の空にみずがめ座が見えたのです。

みずがめ座の壺から溢れる豊かな水は、雨季の水、恵みの水、河川の氾濫、農業灌漑と様々な意味が読み取れるそう。古代の人々は「みずがめ座」という星座に、豊かな水への感謝と水の脅威への念を投影していたと言えるでしょう。

ギリシャの時代になると、みずがめ座の姿は裸の英雄から、トロイアの王子で美少年のガメニデとなります。ゼウスに見初められオリンポス山に連れて行かれたガメニデは、神々にネクター(神酒)を注ぐ役目となり永遠の少年として幸せに生きたのでした。

水瓶座の新月には、新たな一年の夢や目標を再び明確に思い描こう!

古代には小麦の実りと収穫の季節を告げる星座であった水瓶座は、わたしたちの集合無意識の中に「豊かな未来」を思い起こさせる星座として記憶されているはず。今回の新月は今年最初の新月となりますので、【今年一年でやりたい事を思い描く】とよいでしょう。

特に、年頭に掲げた今年の夢や目標をもう一度思い出してみてください。年頭に一年の目標を掲げる人は多いとは思いますが、1月も終わる頃にはすでに気持ちに緩みが出ていたり、既に三日坊主になっていたりする方もいると思います。それを再確認するのに良いタイミングとなるでしょう。

また、【この新月から2月4日までに今年やりたい事を一歩踏み出しておく】のもよいでしょう。この日は牡牛座で上弦の月。そして、立春でもあります。さらに、2月5日まではすべての星が珍しく逆行していないため「あらゆる事がまっすぐ進む運気」なのです。

あなたの夢を叶える水瓶座の精油とは…

星とハーブの関連は古代から研究されてきました。水瓶座に対応するハーブは、「ユーカリ」「ネロリ」などがあります。気持ちをリフレッシュして、一歩を踏み出すことを後押してくれそうな香りです。

また、水瓶座の支配星は天王星。天王星は「改革」「刷新」の星です。天王星に対応するのは「ライム」。その刺激的な香りは、意識を活性化して未来のビジョンを見せてくれるでしょう。

ユーカリ:スーッとするフレッシュさと甘さのある樹木系の香り
〈Mind〉息苦しさからの解放、心を楽に、頭をスッキリ、意識に広がりなど
〈Body〉呼吸器系、風邪、副鼻腔炎、花粉症、筋肉痛、虫刺されなど
※注意点:妊娠初期、乳幼児、敏感肌の人は避ける

ネロリ:フローラル系にほのかに大人っぽい苦味のある香り
〈Mind〉抗うつ、ヒステリー、安心感、感情の解放、未来への希望など
〈Body〉細胞活性、不眠、高血圧、動悸、抗菌、シワ、妊娠線など
※注意点:妊娠初期は使用注意

ライム:フレッシュでキリッとした苦味のある柑橘系の香り
〈Mind〉集中力、リフレッシュ、刺激、活性化、ストレスなど
〈Body〉消化器系、解熱、感染症、ニキビ、むくみ、セルライトなど
※注意点:使用後は紫外線に当たらないよう注意

今回の新月は今年はじめての新月なので、今年の夢を明確にしてみましょう。

もしあなたが今年の夢を思い描けないのだとしたら、それは本当はやりたい事があっても今の自分には無理、そんな事は許されないなどと思い込んではいるからでは? そんな時は水瓶座のフレッシュな香りの中でじっくり自分と向き合ってみて。すると、モヤモヤした気持ちも徐々に整理されていくはず。意識がクリアになれば、夢に向かって進んでいけるでしょう。

参考文献:
・近藤二郎/星座神話の起源
・登石麻恭子/スピリチュアルアロマテラピー辞典
・バーグ文子/アロマティック・アルケミー


« »