MENU
ダメな自分なんていない 言い訳で誤魔化さず、ありのままを認める

ダメな自分なんていない 言い訳で誤魔化さず、ありのままを認める

2016年9月20日 • Mind & Heart

傲慢な心

私たちは、他人からよく思われたい、もっと認められたいと、周囲からの評価を気にしてしまいます。

事実を受け入れられないから、言い訳をして誤魔化そうとします。
認めたくないから、理由を探して自分を正当化しようとします。

自分は正しい、周りは何もわかってくれないと「誰か」や「何か」のせいにして、自分自身を肯定する理由をつくり出すのです。

言い訳をして他人も、自分自身も欺こうとします。

できない自分を認めることが怖いから、起きていることから目を逸らすのです。
こんなはずじゃないと、自分の弱さを認めたくないから、受け入れられないのです。

「ダメな自分」はいない

失敗はダメなことではありません。
できないことは悪いことではないのです。

失敗を認められず、できない自分を受け入れられなければ、それ以上の成長はありません。

「弱い自分」も「できない自分」も認めて、ありのままを受け入れることです。
自分を偽り、目を逸らしていては、いつまでも自分のことを肯定することはできないのです。

たとえ思い描いた自分はいなくても、ありのままの「今」を認めましょう。

「ダメな自分」なんて、どこにもいません。
それは、心の中でつくり出した想像でしかありません。

強くあろうとしなくてもいい。
正しくあろうとなんてしなくてもいいのです。

他人の評価を気にするあまり、自分を騙していても苦しい思いをするだけです。

自分の中にある「プライドという執着」は捨ててしまいましょう。
偽らず、欺かず、ありのままの自分をみつめてみましょう。


« »