MENU
ゴキゲンに生きるという選択

ゴキゲンに生きるという選択

2014年12月16日 • Mind & Heart

以前、自信がなかった私はレストランでキャプテンという役割についた頃、 “立派なキャプテンにならなければ”と必死になってしまい、“立派なキャプテン” という勝手な固定観念にとらわれていました。自信がないあまりに「こんな私の下で働いているみんながかわいそう」と、誰かに言われたわけでもないのに、被害妄想にまで陥っていました。

ある日、アルバイトの女の子が相談に来てくれました。その時の私は「分かった。キャプテンの間で引き継いでおくよ。」と問題を解決したつもりでいました。数日後、別のアルバイトの女性(私よりも年上で社会人経験も長く、立場は関係なくお姉さん的な方)が教えてくれました。

「あの子はとても悲しい気持ちになってしまったんだって。別に解決してもらおうと思って“キャプテンのあっこちゃん”に話したわけではなくて、“あっこちゃん”に聞いてもらいたかっただけなんだよ!」

………目が覚めました。ショックと恥ずかしさでいっぱいになりました。私はキャプテンとしての“役割”でしか彼女に向き合っていなかったことに気づいたのです。キャプテン以前に人として未熟でした。そんな「大切なこと」に気づかせてくれた彼女たちに、今でも本当に感謝しています。

“立派な”って何でしょう。その時の私は「自分の足りないところ」ばかりが気になってしまい、自信を失くす思考回路に陥っていました。そして、焦りやゆとりのない心が“私らしさ”を消してしまっていたのです。自分で勝手に“デキない私”を作りあげて、ツラそうな顔をしていたと思います。その当時の私はよく泣いていました。

きっと、周りに気を使わせていたと思います。デキない自分が許せなかったことが理由です。仲間や上司から不満や侮辱を言われたわけでもなく、むしろみんなは、いつも協力的で、助けてくれて、支えてくれて、一緒に考えてくれて、笑わせてくれました。

結局、悩みや苦しみは、自分の心の問題だったのです。

2年後、別のレストランに異動した時、今度は“早く仕事を覚えなければ”にとらわれてしまい、焦って、自信を失くしてしまいました。心のクセって、やっかいです。今度も自分に“ダメ”をつけてしまったのです。そんな時、当時、部長だった今でもお世話になっている上司がレストランに来て言ってくれたのです、「やっぱり、お前の笑顔はいいね!」と。

その時、私は思いました“一人前に仕事を出来ていないのに? なんの役にも立ってないのに……”と。でもこの言葉は、私のとらわれを解き放ってくれた一言でした。“私が笑っているだけで喜んでくれるのだったら、いつでもどんな時でも笑っていよう!”と“私らしさ”を見つけられた瞬間でした。勝手に誰かと比べたり、自分で自分を追い込むのではなく、私が私らしく素直に笑うことが一番の能力であり、スキルだと気づいたのです。それからは、意地でも笑っていました。さすがに限界の時は、泣いてしまった時や弱音をはいてしまうこともありました。でも、この“どんな時でも笑顔”の習慣は、自分の環境をどんどん変えていったのです。

笑顔は連鎖するもので、伝染するもの。なにより、皆の笑顔に気づけるようになりました。自分がハッピーでなかったら、そんな愛おしい景色を味わうことすら出来なかったかもしれません。“大切なもの”に気づけず、喜びの少ない人生だったでしょう。

さらにその後、小さな店舗の責任者をやっていた頃、至らない私をいつも一番近くで支えてくれていた敏腕の後輩がいました。彼女に「何か私にこうあって欲しいとか、お願いある?」と聞いた時、「ルンルンしていてください♪」とルンルンしながら言われました。感謝です。また気づきをもらった瞬間でした。彼女は、みんなの笑顔を生み出すヒントを知っていたのです。

たくさんの人との関わりの中で、いつからか “笑顔と愛情の出し惜しみはしない・あふれんばかりの感謝と愛情・ありがとうと大好きをたくさん伝える”そんなキーワードが自分の中にいつもあるようになりました。

どんな人にだって、毎日色んなことが起こります。その中で、ゴキゲンでいるか、ゴキゲンななめでいるかはその人次第です。周りがそうしたのではなく、自らそれを選んでいるのです。時には、不機嫌を演出しなければならない場面もあるでしょう。それ以外は、どうですか? あなたがゴキゲンだったら、あなたの周りにはゴキゲンなものが集まります。ゴキゲンなものばかりに焦点が当たります。そして、あなたのゴキゲンは、“与える”ことが出来ます。

泣いたり、笑ったり、悩んだり、苦しかったり、喜んだり、いろんな素直な気持ちをどれも否定せずに受け入れて、そのうえで“ゴキゲンに生きる”こと。

あなたがゴキゲンになる物・事・人をたくさん思い浮かべてみましょう……ほら、少しゴキゲンになってきた♪ その調子で「ゴキゲン」の輪を増やしていきましょう。


« »