MENU
五感美人が取り入れる、キッチンでの「とあるコト」

五感美人が取り入れる、キッチンでの「とあるコト」

2014年5月21日 • Lifestyle

野菜は食べるために買いますか?この問いかけに多くの方は、YES! と即答ではないでしょうか。はたまた、この人、何を言ってるんだろう? と不思議に思った方もいるかもしれませんね。もちろん、野菜は食べるために買うものですが、食べるだけでなく、その他にもさまざまな楽しみがあります。そこで今回は、簡単かつインテリアにもなる、「育てる」、「鑑賞する」野菜の楽しみ方をお伝えしたいと思います。

育てる、というと畑やベランダをイメージするかもしれませんが、それだけではありません。家の中、それもキッチンでできるのです。普段私は、カットした野菜のヘタの部分を再利用しています。育てて・食べるコースではなく、買って・育て・楽しむコースです。今回は一番簡単な水栽培、そして身近な野菜を使います。植物を枯らす人にもお勧めの観葉植物です。では、さっそくご紹介しましょう!

【用意するもの】
にんじん、小皿(醤油を入れるようなものでOK!)
【育て方】
①    にんじんのヘタの部分を切り落とします
②    お皿に水をいれ、切り落としたにんじんを置きます
(できればヘタから葉が少しでかかっている物をオススメ)
③    水を毎日入れ替え、育つのを待つだけ!
*切り口がヌルヌルしてきたら よく水ですすいでください

たった3つのステップのみ! とても簡単です。実はこれ、五感を磨くことに繋がります。成長するまでの色・形・水の濁りチェックや、切り口のヌメリがないか時として触ってみたり。また、器をガラスにしたり陶器にしたり変えるえるだけで、キッチンの雰囲気も変わり、これ1つでインテリアにもなるんです。水を替え、葉が伸びてきたり成長していく様を日々見ていると、家に帰る楽しみもまた増えます。人によっては癒しの存在にもなることでしょう。

今日は、普段から私がキッチンでやっていることの1つをご紹介しました。簡単でかつ、育てること、そして鑑賞する楽しみが含まれています。ぜひ、野菜を買ってみたらキッチンで挑戦してみてくださいね。失敗しても大丈夫! 「ゴメンナサイ」をした後は、気が向いたときに、また挑戦してみてください。たったこれだけのことで毎日の生活に変化が出て、五感磨きにも繋がります。ぜひ皆さんも五感美人になりませんか?


« »