MENU
新陳代謝を上げるために身に付けたい、朝の3つの習慣

基礎代謝を上げるために身に付けたい、たった2つの朝習慣

2014年10月1日 • Beauty, Health

基礎代謝量(平均値)の年齢変化「年齢とともに太りやすくなる」と言いますが、これはグラフを見ても一目瞭然、基礎代謝量が男性は10代後半、女性は10代前半をピークに下がるばかり。 1 だからこそ運動を欠かさないこと、カロリー摂取量に気を付けることなどが大事ですが、同時に基礎代謝が上がると言われている、次のような朝の習慣を身に付けてみてはいかがでしょう?

①起床後1時間以内に朝食を摂る!

代謝に必要なグルコースを供給し、代謝が弱まるのを防ぐのに効果的なのが、起床後1時間以内に朝食を摂ることだと言われています。朝食に取り入れるなら、卵や豆腐など基礎代謝を高めると言われているたんぱく質を多く含む食材がオススメ。さらに、高たんぱく質の朝食を摂ることで、その後の空腹感を抑えることができるため、昼や夜に食べ過ぎたり、間食を防ぐ効果も期待でき、一石二鳥です! 2 3

ちなみに毎日をイキイキ過ごすために朝食とセットで取り入れたいのが、朝浴びる太陽の光です。なぜかというと、「主時計」(朝浴びる太陽の光)と「末梢時計」(起床後1時間以内にとる朝食)という2つの体内時計を合わせることで、全身のリズムの調和がとれると言われているからです。ぜひ毎朝意識したいですね!

②運動する!

朝の運動は、代謝とカロリー消費量を高めるために効果的だということが分かっています。ラジオ体操がいい例ですが、朝早い時間から体を動かすことで、体がその分早く活動モードに入ることができるため、代謝アップが期待できます。また、朝はモチベーションを一番高く保てる時。だからより運動にも身が入り、カロリー消費量も自然と増えるのだとか。ウォーキングやジョギングなどの軽い有酸素運動を取り入れるだけでも代謝アップには効果的ですが、筋肉がつくことで代謝もアップすると言われているので、ダンベル体操などの筋力トレーニングを取り入れてみるのもオススメです。 4

脚注:

  1. 基礎代謝、ウィキペディア
  2. Amy Pellegrini、”High-Protein Breakfast & Weight Loss”、
  3. “Can’t Seem To Lose Weight? Top Reasons Why from Loyola Weight-Loss Expert”、Loyola University Health System
  4. “Early to Burn? Morning Exercisers Have Longer, Harder Routines”、Health magazine

« »